ユーフォルビア・マハラジャの特徴からいろんな疑問まで徹底解説!

ユーフォルビア・マハラジャの特徴からいろんな疑問まで徹底解説!
記事内に商品プロモーションを含む場合があります  #PR

目次

まるで台木の上に波打つ扇子のように美しく広がるユーフォルビア・マハラジャは、個性的な雰囲気を持ち人気があります。そんなユーフォルビア・マハラジャを育ててみたいと思う方も多いのではないでしょうか。しかし育て方が難しそうだと思う方も多いはず。 今回この記事では
  • ユーフォルビア・マハラジャとは。
  • ユーフォルビア・マハラジャがもたらす風水効果。
  • ユーフォルビア・マハラジャの花言葉。
  • ユーフォルビア・マハラジャの育て方。
  • ユーフォルビア・マハラジャの増やし方。
  • 販売されている場所や相場価格。
  • マハラジャ以外のユーフォルビアの品種。
について解説していきます。この記事を読んでいただくと、ユーフォルビアについて詳しく知ることができ、上手に育てることができるようになります。また販売場所や相場価格、マハラジャ以外のおすすめの品種についてもご紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

ユーフォルビア・マハラジャとはどんな植物?

まずはじめに、ユーフォルビア・マハラジャはどんな植物なのかをお話していきます。

ユーフォルビア・マハラジャはインド原産のでトウダイグサ科・ユーフォルビア属に属する多肉植物

ユーフォルビア・マハラジャはインド原産であり、ドウダイグサ科・ユーフォルビア属に属する多肉植物です。

ユーフォルビア・ラクテアの帯化接ぎ木品であり、別名「夕焼けサンゴ」と言われている

マハラジャはユーフォルビア・ラクテアの帯化接ぎ木品となっており、植物が夕日のような色をしていて、波打つ姿がまるでサンゴのように見える事から別名では「夕焼けサンゴ」と言われています。

「綴化」と呼ばれるユニークな形をしており、新芽が波打った扇のように芽吹く

マハラジャは綴化と呼ばれるユニークな形をしており、まるで新芽が波打った扇子のように芽吹くかのように見えるのが特徴的で人気を集めています。

ユーフォルビア・マハラジャはインテリアの観葉植物として人気の高い種になる

ユーフォルビア・マハラジャは、置くだけでオシャレな空間を演出してくれるため、インテリアの観葉植物として人気の種となっております。

ユーフォルビア・マハラジャは大体30cmほどまで大きくなる

ユーフォルビア・マハラジャはだいたい30㎝ほど大きくなるのが特徴で、お庭に置いても充分に存在感があります。

ユーフォルビア・マハラジャの樹液には毒性がある

ユーフォルビア・マハラジャは、樹液に毒性があります。樹液に触れてしまうとアレルギー反応を起こしてしまうことがあり、口にいれてしまうと呼吸困難を引き起こしてしまうことも。小さなお子様やペットがいるご家庭では、充分に注意が必要です。

サボテンと同じ多肉植物だがサボテンの仲間ではない

ユーフォルビア・マハラジャは多肉植物であり接ぎ木の部分がトゲトゲしているため、サボテンと勘違いする方も多いようですが、ユーフォルビア・マハラジャはサボテンの仲間ではありません。

ユーフォルビア・マハラジャの風水効果

次に、ユーフォルビア・マハラジャがもたらす風水効果についてお話していきます。

棘があり、魔除け効果がある

風水の世界では、棘のある植物は魔除けや邪気払いの効果があるとされているため、ユーフォルビア・マハラジャにもがあることから魔除け邪気払いの効果があると言われています。

棘の影響で良い気も跳ねのけてしまう

棘があるマハラジャは魔除けや邪気払いの効果があると言われていますが、置き場所によっては、悪い気だけでなく良い気も跳ねのけてしまうと言われているため、置き場所には注意が必要です。

ユーフォルビア・マハラジャの花言葉

次に、ユーフォルビア・マハラジャの花言葉について解説していきます。

【明るく照らして】

ユーフォルビア・マハラジャの別名に、「トウダイグサ(灯台草)」という別名があります。そのことから「明るく照らして」にかけられたことで、この花言葉ができたといわれています。

【地味】

ユーフォルビア・マハラジャは、花色があまり目立たないことから「地味」という花言葉がつけられたとされています。

【控え目】

花言葉の「地味」という由来と同じく、花色があまり目立たないことが理由に「控えめ」という花言葉がつけられたとされています。

ユーフォルビア・マハラジャの育て方①:置き場所

次にユーフォルビア・マハラジャを育てる際の、置き場所について解説していきます。

明るい場所を好むため、見当たりと風通しの良い場所に置く

ユーフォルビア・マハラジャは明るい場所を好むため、日当たりと風通しの良い場所におくと丈夫で元気に育つことができます。

寒さに弱いため、気温が10℃以下になったら室内で管理する

ユーフォルビア・マハラジャは寒さに弱いため、冬に戸外で育てることは難しいでしょう。そのため、気温が10℃以下になったら室内で管理することがおすすめです。

夏は直射日光による葉焼けを起こす場合があるので日陰に置く

ユーフォルビア・マハラジャは日当たりの良い場所を好みますが、夏の直射日光に当たると葉焼けを起こすこともあるため、日陰に置くことがおすすめです。

ユーフォルビア・マハラジャの育て方②:水やり

次に、ユーフォルビア・マハラジャの水やり方法についてお話していきます。

ユーフォルビア・マハラジャは乾燥を好むため、表土が乾燥したタイミングで水やりを行う

ユーフォルビア・マハラジャは乾燥を好む植物のため、表土が乾燥したタイミングで水やりを行うことが最適です。水やりを行う際には指で土を触り、乾燥しているかをチェックすると良いでしょう。

冬の休眠期には水やりの頻度を下げて月に1,2回程度の水やりを行う

冬には休眠期に入るため、水やりの頻度を下げる必要があります。休眠期には月に1~2回程度で水やりを行いましょう。水を与えすぎると悪影響を及ぼし、枯れてしまうこともあるため注意が必要です。

綴化した部分にはなるべく水がかからないよう注意して水やりを行う

綴化した部分に水がかかると病害虫が発生してしまう可能性もあるため、水やりの際は綴化した部分にはなるべく水がかからないように注意しましょう。

水のやりすぎは根腐れの原因になる

ユーフォルビア・マハラジャは多湿を嫌うため、水のやりすぎには注意しましょう。水をやりすぎてしまうと植物に悪影響を及ぼし、根が腐る原因になることも。

ユーフォルビア・マハラジャの育て方③:土

次にユーフォルビア・マハラジャの育て方でも大切な土選びについて解説していきます。

ユーフォルビア・マハラジャは水はけの良い土が適している

ユーフォルビア・マハラジャは多湿に弱く乾燥に強いことから、水はけの良い土が適しています。水はけの悪い土で育てると根が腐ることがあるため、避けたほうが良いでしょう。

市販のサボテンや多肉植物用の培養土で育てられる

ユーフォルビア・マハラジャはサボテンや多肉植物用の培用土でも育てることができます。ご自身で用土を作るのが苦手な方や、ガーデニング初心者の方におすすめです。

ユーフォルビア・マハラジャの育て方④:肥料

次に、ユーフォルビア・マハラジャを育てる際の肥料の与え方について解説していきます。

ユーフォルビア・マハラジャは基本的に肥料を必要としない

ユーフォルビア・マハラジャは丈夫な植物のため、基本的に肥料を与える必要はありません。反対に与えすぎると、肥料焼けなどの悪影響を及ぼすこともあるため注意が必要です。

肥料を与える場合、春の成長期の時期に1度少量の緩効性の化成肥料を与える

ユーフォルビア・マハラジャに肥料を与える必要はありませんが、丈夫に育ってほしく与えたい場合には、成長期となる春に一度少量与えると良いでしょう。肥料は緩効性の化成肥料がおすすめです。

ユーフォルビア・マハラジャの育て方⑤:植え替え・植え付け

次に、ユーフォルビア・マハラジャの植え替え・植え付け方法について解説していきます。

植え替え・植え付け時期は成長期の期間でもある春~夏が適している

ユーフォルビア・マハラジャを植え替え・植え付けを行う時期は、成長期の期間でもある春~夏に行うことで、植物の負担も少なくなるためおすすめです。

冬の休眠期には植え替え・植え付けをするのを避けたほうが良い

冬の休眠期に植え替え・植え付けをすると、植物の負担が大きく元気に育たない可能性が高いため、避けたほうが良いでしょう。

ユーフォルビア・マハラジャは根が短く、底が浅い鉢植えが適している

ユーフォルビア・マハラジャは根が短いのが特徴です。そのため、底が浅い鉢植えが適しています。

植え替えの1週間前から水やりを断ち、土を乾燥させておく

植え替えを行う際には1週間前から水やりを断ち、土を乾燥させておくことが大切です。水やりを断つことを心配に思うかもしれませんが、ユーフォルビア・マハラジャは乾燥に強いため、1週間水やりを行わなくても問題ありません。

ユーフォルビア・マハラジャの樹液に気を付けて植え替え・植え付けを行う

ユーフォルビア・マハラジャの樹液には毒があるため、植え替え・植え付け時には充分に注意しましょう。手袋を着用し、終わった後には必ず手洗いをすることが大切です。

ユーフォルビア・マハラジャの育て方⑥:剪定

ユーフォルビア・マハラジャの剪定方法について解説していきます。剪定を行うことで、見た目が美しくなることはもちろん、風通しが良くなり病害虫を防ぐこともできます。

基本的には春に傷んだ茎があれば剪定を行う

ユーフォルビア・マハラジャは基本的には春に傷んだ茎があれば剪定を行うことが大切です。放っておくと植物全体の元気がなくなってしまうため、こまめに剪定を行いましょう。

生育を促すため、開花後に一定数の茎の根本を切る切り方で剪定を行う場合もある

ユーフォルビアの生育を促すために、開花後に一定数の茎の根元を取り除くという切り方もあります。剪定後すぐは少し寂しい雰囲気になることもありますが、数か月で成長し元気な姿になるでしょう。

ユーフォルビア・マハラジャが茶色に変色するのは腐るのが原因?変色の原因と対処法

次にユーフォルビア・マハラジャが茶色く変色してしまった際の対処方法について解説していきます。

ユーフォルビア・マハラジャが変色する原因

ユーフォルビア・マハラジャが変色してしまった際の原因についてお話していきます。

①:多湿による根腐れ

ユーフォルビア・マハラジャが茶色く変色してしまう原因の一つに、多湿による根腐れが考えられます。

②:水切れが原因で根が枯れる

ユーフォルビア・マハラジャが水切れを起こしてしまった際、根が枯れることで変色することがあります。ユーフォルビア・マハラジャは乾燥に強い植物ですが、長期間水やりを行っていない場合には枯れる原因になるため注意が必要です。

③:直射日光による葉焼け

ユーフォルビア・マハラジャは日の当たる場所を好む植物ですが、真夏の直射日光に長時間当ててしまうと葉焼けを起こしてしまい、茶色く変色してしまうこともあります。

ユーフォルビア・マハラジャを変色させたいための対処法

ユーフォルビア・マハラジャを変色させないための対処方法について解説していきます。

①:水やりの頻度を守る

ユーフォルビア・マハラジャを変色させないために、水やりの頻度を守る必要があります。水やりは、土が乾燥してから行うことが大切です。

②:風通しの良い場所に置く

ユーフォルビア・マハラジャを風通しの良い場所に置くことで、通気性を保つことができ、水切れを防ぐことができます。

③:直射日光が強い場合は日陰に移す

ユーフォルビア・マハラジャは日当たりの良い場所を好みますが、真夏などの直射日光の強い場合には日陰に移してあげることが大切です。

ユーフォルビア・マハラジャの増やし方:挿し木(株分け)

次にユーフォルビア・マハラジャの増やし方について解説していきます。

ユーフォルビア・マハラジャは挿し木(株分け)で増やすことができる

ユーフォルビア・マハラジャは挿し木(株分け)で増やすことができます。挿し木(株分け)は難しいイメージを持つ方も多いですが、手順をしっかりと守ることで初心者の方でも成功させることができます。

ユーフォルビア・マハラジャの挿し木は春~夏の期間が適している

ユーフォルビア・マハラジャを挿し木で増やす場合には、暖かい期間であり成長期でもある春~夏が適しています。

挿し木(株分け)に必要な道具

次に挿し木(株分け)を行う際に必要な道具を紹介していきます。

①:清潔でよく切れるハサミまたはナイフ

清潔でよく切れるハサミまたはナイフを用意します。株分けを行う際に必要となります。切り方が良くないと挿し木が失敗する可能性があるため、ハサミやナイフは園芸用の物を選ぶことが重要です。

②:水抜き穴のある鉢植え

水抜き穴のある鉢植えを用意します。ユーフォルビア・マハラジャは根が短いため、浅めの鉢がおすすめです。

③:挿し木を行う土

挿し木を行うための土を用意します。新しいものを用意し、多肉植物用やサボテン用の用土がおすすめです。

④:樹液から保護するための手袋

樹液から保護するための手袋を用意します。ユーフォルビアには毒性があるため、必ず手袋を装着しましょう。

挿し木(株分け)の手順

挿し木(株分け)の方法を手順を追って説明していきます。

①:新芽以外の茎をハサミやナイフで切り取る

はじめに、新芽以外の茎をハサミやナイフを使って切り取っていきます。この時、必ず手袋を着用して行うことが大切です。

②:切り取った茎は1週間ほど乾燥させる必要があるので、風通しの良い日陰で乾燥させる

切り取った茎はすぐに挿し木を行うわけではなく、1週間ほど乾燥させる必要があります。風通しの良い日陰で乾燥させると良いでしょう。

③:用土を敷いた鉢に挿し木する

しっかりと乾燥させた後、用土の敷いた鉢に挿し木を行いましょう。用土はサボテン用や多肉植物用のものでかまいません。

④:挿し木が完了したら水やりを行う

挿し木が完了した後は、水やりを行い様子を見ましょう。その後も土が乾いていないかを確認しながら水やりを行うと良いです。

ユーフォルビア・マハラジャはどこで販売されてる?価格・値段はどのくらい?

次にユーフォルビアマハラジャはどこで販売されているのか、また価格・値段の相場についてもお話していきます。

ユーフォルビア・マハラジャはここで販売されている

ユーフォルビア・マハラジャはどこで販売されているのかをご紹介していきます。

①:多肉植物を扱う園芸店で販売されている

ユーフォルビア・マハラジャは、多肉植物を扱う園芸店にて販売されていることが多いです。また園芸店のスタッフはガーデニングのプロが勤めているため、育て方について詳しく教えてくれること間違いありません。

②:園芸店の通販ショップやECサイトで販売されている

ユーフォルビア・マハラジャは、園芸店の通販ショップやECサイトで販売されていることも多いです。通販サイトで買うことで、お店に足を運ぶ手間が省けることが嬉しいポイント。

③:ダイソーでも販売されている

ユーフォルビア・マハラジャは、ダイソーでも販売されていることがあります。しかしユーフォルビア・マハラジャは園芸店や通販サイトで購入した場合には高価なものも少なくないため、見つけた場合には即購入する方が多いようです。そのことから販売していてもすぐに売り切れてしまうことが多く、ダイソーで見つけた場合にはラッキーといえるでしょう。

ユーフォルビア・マハラジャの販売価格・値段

ユーフォルビア・マハラジャの販売価格・値段についてご紹介していきます。

販売価格・値段は緑やピンクといった色やサイズなどの状態によって変化する

ユーフォルビア・マハラジャの販売価格は、緑やピンクといった色やサイズ、植物の状態によって異なります。

基本的には2000~6000円の間で販売されている

ユーフォルビア・マハラジャは基本的に2000円~6000円の間で販売されていることが多いです。誰でも安いものに手が伸びてしまうことがほとんどですが、あまりに安いものだと状態が悪いこともあるため、購入前にしっかりと確認することがおすすめ。

10000円以上のユーフォルビア・マハラジャもある

ユーフォルビア・マハラジャは、高価なものだと10000円以上することも。とても丈夫に育ったものや希少なもの、ブランド力など高価な理由にはさまざまあります。

ダイソーで300円で買える場合もある

ダイソーで販売している場合、300円で買える場合もあります。しかし【ユーフォルビア・マハラジャはここで販売されている】でもお話したように、ダイソー以外の場所では高価なものが多く、見つけた場合には即購入する方が多いでしょう。そのため、ダイソーでユーフォルビア・マハラジャを見つけることは難しく、販売しているのを見つけた場合にはラッキーといえます。

サボテンのようにかわいらしい種類のユーフォルビアを紹介

次に、マハラジャ以外のサボテンのように可愛らしい種類のユーフォルビアをご紹介していきます。

①:ユーフォルビア・オベサ

ユーフォルビア・オベサはまん丸な見た目をしており、まるでお饅頭のように愛らしいことから人気を集めています。オベサは暑さにも寒さにも強いため、育てやすくガーデニング初心者の方にもおすすめ。

②:ユーフォルビア・バリダ

ユーフォルビア・バリダはボーダー模様の肌をしているのが特徴的です。バリダは比較的育てやすい植物ですが、日光不足になると徒長してしまうことが多いため注意が必要です。

③:ユーフォルビア・ソテツキリン

ユーフォルビア・ソテツキリンは、まるでパイナップルのような見た目をしており、個性的な雰囲気を持ち人気を集めています。ソテツキリンはとても強健なため、ユーフォルビアの種類の中でも育てやすい品種といえるでしょう。

④:ユーフォルビア・イネルミス(九頭竜)

ユーフォルビア・イネルミスは中央部分からまるでタコのように枝を伸ばす、個性的なユーフォルビアです。丈夫で管理がしやすいため、ガーデニング初心者の方にもおすすめ。

⑤:ユーフォルビア・カナリエンシス(墨キリン)

ユーフォルビア・カナリエンシス(墨キリン)は太く伸びる姿がまるでキリンのように見えることから名付けられたと言われています。カナリエンシスは丈夫で育てやすく、挿し木をして増やす際成功しやすいのが嬉しいポイントです。

【まとめ】ユーフォルビア・マハラジャの特徴からいろんな疑問まで徹底解説!

今回はユーフォルビア・マハラジャのさまざまな知識について解説いたしましたが、いかがでしょうか。 この記事のポイントは以下の通りです。
  • ユーフォルビア・マハラジャはインド原産ドウダイグサ科・ユーフォルビア属に属する多肉植物である。
  • ユーフォルビア・マハラジャは30㎝程度まで大きくなる。
  • 樹液に毒性があり、触れてしまうとアレルギー反応を起こし、口に入れてしまうと呼吸困難を引き起こしてしまうこともあるため注意が必要。
  • ユーフォルビア・マハラジャは魔除け邪気払いといった風水効果があるとされている。
  • ユーフォルビア・マハラジャの花言葉は「明るく照らして」「地味」「控えめ」である。
  • 明るい場所を好むため、日当たりと風通しの良い場所におくと良い。
  • 多湿に弱く乾燥に強いため、水はけの良い用土がおすすめ。
  • 根腐れ・水切れ・直射日光による葉焼けが原因で茶色く変色してしまうことがあるため、こまめなお手入れが大切。
  • ユーフォルビア・マハラジャは2000円~6000円で販売されていることが多いが、物によっては10000円以上の物まである。
ユーフォルビア・マハラジャは見た目が個性的なため、観葉植物としても人気があります。また丈夫な植物のため、初心者の方にもおすすめです。高価なものだと10000円以上するものもありますが、お求めやすいものも多いため、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。 最後までお読みいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENには他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、是非ご覧ください。