【2024年】鉢皿のおすすめランキング10選を紹介!配置方法まで

【2024年】鉢皿のおすすめランキング10選を紹介!配置方法まで
記事内に商品プロモーションを含む場合があります  #PR

目次

皆さんは鉢皿をご存知でしょうか。室内植物やガーデニングにおいて、植木鉢の下に置いて使用する鉢皿は、植物の健康を保つ上で欠かせないアイテムです。しかし、多種多様な鉢皿の中から自分にとって最適なものを選ぶのは意外と難しいもの。せっかく選ぶなら、失敗したくないですよね。 この記事では、
  • 鉢皿とは?
  • 鉢皿はどんな人におすすめ?
  • 鉢皿はどこで購入することができるの?
  • 鉢皿の選び方
  • 鉢皿のおすすめ人気ランキング10選
  • 鉢皿の使い方
  • 鉢皿おすすめのまとめ
について紹介していきます。 この記事を読めば、鉢皿の選び方から購入場所、おすすめの商品から使い方まで、購入を検討している方に必要な情報を全て詳しく知ることができます。ぜひ最後までご覧ください。

鉢皿とは?

鉢皿はガーデニングや室内植物栽培において重要なアクセサリーです。植木鉢の下に配置され、余分な水を受け止めることで、床や家具への水損を防ぎます。また、鉢皿は植物の健康維持にも寄与し、根腐れ防止に役立つ重要な役割を果たします。

鉢皿の基本的な役割

鉢皿は植木鉢の下に置く皿で、余分な水を受けることが主な役割です。水やりの際に鉢から流れ出る水をキャッチし、根への過剰な湿気を防ぎます。これにより、根腐れや虫の発生を防ぐ効果があります。また、鉢皿は水分の蒸発を促し、植物の周囲の湿度を適度に保つ役割も担っています。

鉢皿の種類と特徴

鉢皿には様々な種類があり、素材によって特徴が異なります。陶器製の鉢皿は通気性が高く、デザインも多様ですが、割れやすいというデメリットがあります。プラスチック製は軽量で割れにくいが、見た目が安っぽくなることも。金属製やガラス製はモダンなデザインが多く、インテリアとしての魅力も高いですが、価格が高めに設定されることが多いです。

鉢皿と植木鉢の違い

鉢皿は植木鉢の一部ではなく、別のアクセサリーです。植木鉢は植物を直接植える容器であり、鉢皿はその鉢をサポートする役割を果たします。鉢皿は植木鉢のサイズや形状に合わせて選ぶ必要があり、植木鉢とセットで販売されることもあります。

鉢皿はどんな人におすすめ?

鉢皿はその機能性と美観から、多くの人におすすめできるアイテムです。特に、屋内で観葉植物を育てたい人、インテリアにこだわる人、ガーデニング初心者には特に適しています。

観葉植物を育てる人へ

観葉植物を室内で育てる場合、鉢皿は必須アイテムです。余分な水分を鉢皿が受け止めることで、家具や床への水損を防ぎます。また、鉢皿を使用することで植物の健康維持にも寄与し、観葉植物の魅力を最大限に引き出すことができます。

インテリアにこだわる人へ

鉢皿は様々なデザインや素材があり、インテリアとしての役割も担います。適切な鉢皿を選ぶことで、室内の雰囲気を高め、植物との調和を生み出すことができます。特に、モダンな空間やナチュラルな雰囲気を好む人には、鉢皿の選択がインテリアの印象を大きく変える要素になります。

ガーデニング初心者へ

ガーデニング初心者にとって、鉢皿は非常に扱いやすいアイテムです。植物の管理を簡単にし、水やりの際の失敗を減らすことができます。初心者が陥りがちな過剰な水やりによる根腐れなどの問題を防ぐ助けとなります。また、手頃な価格の鉢皿も多く、初めてのガーデニングにも気軽に導入できる利点があります。

鉢皿はどこで購入することができるの?

鉢皿を購入する場所は多岐にわたります。園芸店、オンラインショッピングサイト、ホームセンターなど、さまざまな選択肢があります。購入する際には、品質、価格、デザインのバリエーションを考慮することが重要です。各購入先の特徴を理解することで、最適な鉢皿を見つけることができます。

園芸店での購入

園芸店では、専門的な知識を持つスタッフからのアドバイスを受けることができます。多種多様な鉢皿が揃っており、実際に手に取って選ぶことができるのが魅力です。素材やデザインの種類が豊富で、植物との相性を考慮した選択が可能です。また、専門店ならではの珍しいデザインや高品質な鉢皿を見つけることもできます。

オンラインショッピングサイト

オンラインショッピングサイトの利点は、豊富な品揃えと利便性です。家にいながら様々な種類の鉢皿を比較検討できます。ユーザーレビューや評価を参考にすることで、購入前に商品の詳細を知ることができるのも大きなメリットです。価格比較も容易で、お得な購入が可能になることもあります。

ホームセンターでの選択肢

ホームセンターでは、一般的な鉢皿から実用的なものまで幅広く取り扱っています。即時購入が可能で、手軽に選ぶことができるのが特長です。価格も比較的手頃で、初心者にも優しい選択肢が多くあります。また、植木鉢や土などのガーデニング用品と一緒に購入できるので、一度の訪問で必要なものをすべて揃えることが可能です。

鉢皿の選び方

鉢皿を選ぶ際には、サイズや形状、素材、デザイン、機能性を考慮することが重要です。これらの要素をバランス良く考えることで、植物にとって最適な環境を提供し、同時にインテリアとしての魅力も高めることができます。

サイズと形状の選び方

サイズと形状を選ぶ際には、使用する植木鉢の大きさに合わせることが重要です。鉢皿が小さすぎると水が溢れ、大きすぎると不格好になります。形状に関しては、植木鉢の形状との調和を考え、円形、正方形、長方形など状況に応じて選びます。また、室内か屋外かによっても最適なサイズや形状は異なります。

素材による違いと特性

素材は鉢皿の機能性と見た目に大きく影響します。陶器製は通気性が良く伝統的な美しさがありますが、割れやすいというデメリットがあります。プラスチック製は軽くて丈夫ですが、長期間の使用には向かない場合があります。金属製やガラス製はモダンな見た目ですが、価格が高めで、特にガラス製は割れやすい点に注意が必要です。

デザインと機能性のバランス

鉢皿を選ぶ際は、デザインと機能性のバランスを考えることが大切です。デザインが優れていても機能性が低いと、植物の健康に影響を与えかねません。一方で、機能性だけに注目しすぎると、インテリアとしての魅力が損なわれる可能性があります。植物の種類や置く場所に合わせた鉢皿を選ぶことで、見た目と実用性のバランスを取ることができます。

鉢皿のおすすめ人気ランキング10選

鉢皿は、ガーデニング愛好者や室内植物の育成に興味がある人々にとって、重要なアイテムです。そのため、市場には様々なスタイル、素材、サイズの鉢皿が存在しています。ここでは、利便性、デザイン、耐久性、ユーザーレビューなどを基準にして選ばれた、現在最もおすすめの鉢皿10種類を紹介します。これらの鉢皿は、機能性はもちろんのこと、室内外の様々な場所で植物を美しく見せるためのデザイン性にも優れています。あなたの植物のニーズやインテリアスタイルに合わせて、最適な鉢皿を見つける参考にしてください。

ランキング1位:アップルウェアー プレート 受皿 鉢皿F型 5号 ホワイト

ランキング1位でご紹介するのは、アップルウェアーの鉢皿です。1つ80円とかなりお求めやすいため、人気があります。ポリプロピレンで出来ているため、力を加えても変形しにくいのが嬉しいポイントです。この商品を購入した方からは「サイズや形がとても良い!」や「トーンが部屋にマッチして鉢と家具を繋いでくれるアイテム!」など、絶賛の声が絶えません。
商品名 アップルウェアー プレート 受皿 鉢皿F型 5号 ホワイト
価格 ¥80 税込
ブランド アップルウェアー
寸法 150Φ×30
材質 ポリプロピレン

ランキング2位:大和プラスチック 鉢・プランター フレグラープレート 30型用

ランキング2位でご紹介するのは、大和プラスチックの鉢皿です。フレグラーポット30型用の受け皿で、ナチュラルな質感がどんなシーンにもフィットします。ポリプロピレンで出来ているため、力を加えても変形しにくいのが嬉しいポイントです。この商品を購入した方からは「この大きさで、このお値段は安い!」や「厚みがあって弾力があるので割れに強そう!」など、絶賛の声が絶えません。
商品名 大和プラスチック 鉢・プランター フレグラープレート 30型用
価格 ¥253 税込
ブランド 大和プラスチック
寸法 27 x 27 x 4.5 cm
材質 ‎ポリプロピレン

ランキング3位:大和プラスチック 鉢皿サルーン 6号 φ180×H29 ホワイト

ランキング3位でご紹介するのは、大和プラスチックの鉢皿です。この商品はポリプロピレンで作られているため、力を加えても変形しにくいのが嬉しいポイントです。また、お値段が312円とコストパフォーマンスも抜群!この商品を購入した方からは「ちょうどいい大きさのものを探していたので助かりました!」や「丈夫で割れない素材なのが嬉しい!」など、絶賛の声が絶えません。
商品名 大和プラスチック 鉢皿サルーン 6号 φ180×H29 ホワイト
価格 ¥312 税込
ブランド 大和プラスチック
寸法 φ180×H29
材質 ポリプロピレン

ランキング4位:ベストコ フラワーポット用 根腐れ防止 プレート 受け皿 5号 ブラウン

ランキング4位でご紹介するのは、ベストコの受け皿です。この商品は、スリット入りの根腐れ防止機能付きプレートで人気を集めています。また、飽きの来ないシンプルなデザインも人気の理由です。この商品を購入した方からは「ハンギングにもスリット鉢にも最適!」や「受け皿は、まっ平な物が多くて通気性が確保できないものが多いでこれはありがたい!」など、絶賛の声が絶えません。
商品名 ベストコ フラワーポット用 根腐れ防止 プレート 受け皿 5号 ブラウン
価格 ¥440 税込
ブランド ベストコ(Bestco)
寸法 幅16.1×奥行16.1×高さ2.6cm
材質 ポリプロピレン

ランキング5位:リッチェル 浅皿 6号 ホワイト

ランキング5位でご紹介するのは、リッチェルの鉢皿です。お値段が78円と大変お買い求めやすいのが人気の理由。また使い勝手が良く、ホワイトがどんな雰囲気にも馴染みやすいです。この商品を購入した方からは「綺麗な白色が良い!」や「サイズ通りピッタリで良かった!」など、絶賛の声が絶えません。しかし、口コミの中には「風に飛ばされやすい。」という口コミもあるため、屋外で鉢皿として使わない場合には、重たいものを入れておくことが大切です。
商品名 リッチェル 浅皿 6号 ホワイト
価格 ¥78 税込
ブランド リッチェル
寸法 18.4 x 18.4 x 3 cm
材質 ポリプロピレン

ランキング6位:リードスタイル (Lead Style) エッジプレート15 鉢皿 樹脂 EGS2017用 チャコール

ランキング6位でご紹介するのは、イングの森の鉢皿です。他の鉢皿にはない、アンティークな雰囲気が大人気。またリサイクル樹脂で出来ているため、環境に優しいのも嬉しいポイントです。ご自宅でのお使いいただくのはもちろん、カフェやオフィスに使用すると、オシャレな雰囲気が演出できること間違いありません。個性的な鉢皿をお探しの方におすすめです。
商品名 リードスタイル (Lead Style) エッジプレート15 鉢皿 樹脂 EGS2017用 チャコール
価格 ¥462 税込
ブランド ‎イングの森
寸法 15 x 15 x 1.5 cm
材質 リサイクル樹脂

ランキング7位:ポットキーパー 観葉植物の排水を簡単に捨てれる鉢皿 床置き用 Φ29cm 受皿 許水量1.2ℓ 中~大鉢用

ランキング7位でご紹介するのは、ポットキーパーの受け皿です。この商品は、鉢から出た水を簡単に捨てられる優れもの。本体の下にあるトレイに水が流れ落ちるため、掃除が楽で根腐れの心配もありません。またこの商品には石灰石を混ぜているため、成形を安定させることができ、お値段がお手頃なのが嬉しいポイントです。この商品を購入した方からは「床に水がこぼれづらい構造が良い!」や「見た目はシンプルでプラスチック感が無く良い感じ!」など、絶賛の声が絶えません。
商品名 ポットキーパー 観葉植物の排水を簡単に捨てれる鉢皿 床置き用 Φ29cm 受皿 許水量1.2ℓ 中~大鉢用
価格 ¥3,300 税込
ブランド ‎Pot Keeper
寸法 直径29×高さ6.5cm
材質 プラスチック 石灰石

ランキング8位:大和プラスチック 鉢皿 キャスタープレート 28型 φ290×H80 ブラウン

ランキング8位でご紹介するのは、大和プラスチックのキャスタープレートです。この商品は、鉢にキャスターが付いているため、大型鉢の移動が手軽に行えます。キャスターは5個付いているため、安定感が抜群。 しかし、重量物を載せた状態で白木床・フローリング等を移動すると、床面を傷付ける恐れがあるため充分に注意しましょう。
商品名 大和プラスチック 鉢皿 キャスタープレート 28型 φ290×H80 ブラウン
価格 ¥905 税込
ブランド 大和プラスチック
寸法 外径290(底面内径240)×高さ80mm
材質 ポリプロピレン

ランキング9位:アイリスオーヤマ 受け皿 鉢受皿ライトパック 15cm×5枚 ホワイト

ランキング9位でご紹介するのは、アイリスオーヤマの受け皿です。シンプルなデザインとカラーで、飽きが来ずどんな鉢にも合わせやすい商品です。また、5枚セットなのも嬉しいポイントです。 この商品を購入した方からは「100均にはないサイズ!」や「アイリスオーヤマなので安心!」など、絶賛の声が絶えません。
商品名 アイリスオーヤマ 受け皿 鉢受皿ライトパック 15cm×5枚 ホワイト
価格 ¥421 税込
ブランド アイリスオーヤマ
寸法 15cm・120φ
材質 ポリプロピレン

ランキング10位:リッチェル 鉢 受皿 プランター ボタニー プレート 20型

ランキング10位でご紹介するのは、リッチェルの受け皿です。こだわりの質感で、高級感のあるデザインが人気の理由。この商品は、リッチェルのボタニーシリーズの鉢(プレーンポット・カーヴポット・バルカボール)とセットで使用できます。この商品を購入した方からは「通常のプラスチックの受け皿より肉厚で重厚感がある!」や「大き目なのが嬉しい!」など、絶賛の声が絶えません。
商品名 リッチェル 鉢 受皿 プランター ボタニー プレート 20型
価格 ¥858 税込
ブランド リッチェル
寸法 約直径16.6×高さ1.6cm
材質 ポリエチレン

鉢皿の使い方

鉢皿の正しい使い方を理解することは、植物の健康と美観を維持する上で重要です。正しい鉢皿の配置、植物との組み合わせ方、そして適切なメンテナンスと手入れは、植物を長く楽しむための鍵となります。鉢皿を上手に活用することで、ガーデニングや室内植物の魅力を最大限に引き出すことができます。

正しい鉢皿の配置方法

鉢皿を配置する際には、まず植木鉢のサイズに合った鉢皿を選ぶことが大切です。鉢皿は植木鉢の底穴から流れ出る水を受け止めるため、鉢よりも一回り大きなサイズが適切です。また、鉢皿は平らで安定した場所に置くことが必要で、不安定な場所に置くと、水漏れの原因になることがあります。鉢皿の素材によっては、直射日光に弱いものもあるので、置く場所を選ぶ際には注意が必要です。室内で使用する場合、床や家具を保護するためにも、鉢皿の下にマットやトレイを敷くと良いでしょう。

鉢皿と植物の組み合わせ方

鉢皿と植物の組み合わせは、見た目の美しさだけでなく、植物の健康にも影響を与えます。鉢皿の素材や色は、植物の種類や葉の色と調和するものを選ぶと良いでしょう。例えば、明るい緑の葉を持つ植物には、落ち着いた色の鉢皿が合います。また、水はけの良い植物には、水が溜まりにくい浅めの鉢皿が適しています。逆に、乾燥を好む植物の場合は、水分を保持する深めの鉢皿を選ぶと良いでしょう。

鉢皿のメンテナンスと手入れ

鉢皿のメンテナンスと手入れは、植物の健康を維持するために重要です。定期的に鉢皿を取り外し、内部の汚れや水垢をきれいにすることが推奨されます。これにより、カビや害虫の発生を防ぐことができます。また、鉢皿の素材によっては、特に手入れが必要な場合があります。例えば、陶器製の鉢皿は定期的に水洗いし、乾燥させることが重要です。鉢皿を清潔に保つことで、植物が健康に成長する環境を維持することができます。

【2024年】鉢皿のおすすめランキング10選を紹介!配置方法までのまとめ

鉢皿を選ぶ際には、植物の種類や育てる環境、インテリアのスタイルに合わせて適切なものを選ぶことが大切です。正しい使い方とメンテナンスを心掛けることで、植物を健康に育てるとともに、生活空間を美しく演出することができます。この記事で紹介した各ポイントを参考に、あなたにとって最適な鉢皿を選んで、ガーデニングや室内植物の楽しみを深めてください。 最後まで読んでいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENでは、他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、併せてご覧ください。