ポーチュラカの育て方を徹底解説!成長後のお手入れから人気品種まで

ポーチュラカの育て方を徹底解説!成長後のお手入れから人気品種まで
記事内に商品プロモーションを含む場合があります  #PR

目次

ポーチュラカというチャーミングな名前の植物をご存知でしょうか?ポーチュラカは赤や黄色、ピンクといった可愛らしい花色が特徴的な植物で、園芸やガーデニングがお好きな方にはぜひおすすめしたくなる魅力溢れるお花です。

そんなポーチュラカをお家で育ててみたいとなった時に、お花が枯れてしまったり、うまく栽培できないというお悩みに直面する方も多いかと思います。 今回の記事では、「健康的なポーチュラカの育て方を知りたい!」といった方に向けて、正しいポーチュラカの育て方を、以下の流れで詳しく解説していきます。
  • そもそもポーチュラカはどんな植物なのかを解説
  • ポーチュラカの育て方「置き場所」を解説
  • ポーチュラカの育て方「水やり」を解説
  • ポーチュラカの育て方「土作り」を解説
  • ポーチュラカの育て方「肥料」を解説
  • ポーチュラカの育て方「冬越し」を解説
  • ポーチュラカに多い病害虫と対処法とは?
  • ポーチュラカの育て方「日々のお手入れのポイント」を解説
  • ポーチュラカの育て方「植え替えのポイント」を解説
  • ポーチュラカの育て方「植え付けのポイント」を解説
  • ポーチュラカの育て方「増やし方」をご紹介
  • ポーチュラカの花が咲かない原因と対処法をご紹介
  • ポーチュラカの人気品種一覧をご紹介
  • まとめ
最後までご覧いただくことで、ポーチュラカの育て方を知ることができ、今日からでもお家でポーチュラカを栽培できるようになりますよ!ぜひ最後までお付き合いください。

ポーチュラカとはどんな植物?

それでは、ポーチュラカの育て方を解説する前に、そもそもポーチュラカはどんな植物なのかについてお話しをしていきます。

多肉植物ような肉厚な葉が特徴

ポーチュラカは、まるで多肉植物かのような肉厚な葉っぱが特徴的な植物です。これにより水分を貯め込むことができ、乾燥に強い傾向があります。これらの肉厚な葉っぱは、特に暑さのある気候で水分を保つのに役立ちます。

宿根草タイプと一年草タイプがある

ポーチュラカには宿根草タイプと一年草タイプの2つの主要な種類があります。宿根草タイプは多年草の一種で、冬の間に地上部だけが枯れ、地下部分は休眠して冬を越すタイプです。一年草タイプは、通常、暖かい季節に開花し、一年で生涯を終えることが多いです。

初夏にオレンジや赤の花を咲かせる

またポーチュラカは初夏から夏にかけて、鮮やかな花を咲かせます。これらの花はオレンジや赤、ピンク、黄色など、多彩な色合いで楽しむことができます。庭や花壇などでガーデニングを楽しみたい方にはぜひおすすめしたい植物です。

ポーチュラカの花言葉「いつも元気」

ポーチュラカの花言葉は「いつも元気」です。その鮮やかな花々は、元気と活力を象徴し、庭やベランダにポジティブな雰囲気をもたらします。この花言葉にぴったりです。

大きくなりすぎず乾燥にも強いため育てやすい植物

総じて比較的初心者さんでも育てやすい植物ではありますが、何よりも大きくなりすぎず乾燥にも強いため育てやすい植物として人気があります。肉厚な葉っぱも相まって、乾燥に強く、寒さよりも暑さに強い、そんな植物になります。

ポーチュラカの育て方①:置き場所

続いてはこの記事の本題であるポーチュラカの育て方を解説していきます。まずは置き場所になります。どんな置き場所に置くとより元気に成長できるのかをお話ししていきます。

ポーチュラカは日光を好む

ポーチュラカは、十分な日光を必要とする植物です。できるだけ日中は日当たりの良い場所に配置しましょう。日当たりが悪い場所で管理すると花が開花しにくくなり、特に室内などで栽培する場合は注意が必要です。

日当たりが悪いと徒長して花つきが悪くなる

また、日陰や日が当たらない場所では、ポーチュラカが徒長してしまい、花つきが悪くなることがあります。鮮やかな花を楽しむために、日中の日光をできる限り確保できる置き場所に置くようにしましょう。

冬は霜がつかないように管理

ポーチュラカは熱帯が原産であることから、寒さには非常に弱いため、霜が降りる冬の時期には室内に取り込むか、霜がつかないような場所に移動させることが重要です。霜にさらされると植物が被害を受け、病気や根腐れなどが発生しやすくなってしまいます。

ポーチュラカの育て方②:水やり

続いての育て方のポイントは「水やり」になります。水やりは鉢植えか地植えかによっても方法が少し変わりますので、以下のポイントに注意しながら水やりをしてみてください。

乾燥に強く過湿に弱いため乾燥気味に育てる

ポーチュラカは乾燥に非常に強い植物です。そのため、土が乾いてから水を与える方が適しています。乾燥に強い特性の反対には、過湿になると根が腐りやすくなるので、土が乾いた状態を保つことが大切です。

土の表面が乾いたら水やり

またポーチュラカの水やりは、土の表面が乾いたと感じた時に行いましょう。ポーチュラカの土を数センチ奥まで指で触ってみて、かなり湿っているようであればあと数日待ち、適度な乾燥を感じることができたら水やりをしてあげてください。

地植えの場合は基本水やり不要

地植えのポーチュラカは、雨水を利用して自身の本来の力で管理できることができます。特に雨量が多い時期には追加の水やりは必要ありません。ただし、極端な乾燥期や長い雨の不足が続く場合には、適宜水を与えてあげることがおすすめです。

ポーチュラカの育て方③:土作り

続いての育て方のポイントは「土作り」になります。どのような土がポーチュラカに適しているのか、おすすめの配合なども初心者さんでもわかるように解説していきます。

水はけと肥料持ちの良い土が適している

ポーチュラカは水はけが良く、栄養分を保持しやすい用土を好みます。根腐れなどの病気を防ぐためにも、適度な水はけが必要です。

配合する場合は赤玉土5:腐葉土3:川砂2がおすすめ

ポーチュラカを育てるための理想的な土壌の配合比率は、赤玉土5:腐葉土3:川砂2が推奨されています。赤玉土は土壌を内の排水性を高めるための基本の土で、腐葉土は天然の栄養分を供給でき、川砂はより水はけを向上させます。これらの要素を組み合わせることで、ポーチュラカの成長に適した土壌を作ることができます。

市販の草花用培養土でも育てられる

しかし、初心者さんなどで自分で配合することが難しい場合は、園芸用の草花用培養土でも十分です。園芸用の草花用培養土は、元から水はけと栄養供給に優れた特性を持っています。市販の培養土を利用することで、手軽にポーチュラカを育てることができます。ただし、購入した土壌が水はけが良いか、必要な栄養素を含んでいるかをパッケージの背面などから確認してください。

ポーチュラカの育て方④:肥料

続いての育て方のポイントは「肥料」になります。肥料はどのように施すと良いのか、どれくらいの頻度で肥料を与えるべきなのかをぜひ以下の情報を参考にしてみてください。

植え付け時に緩効性肥料を元肥として施す

一般的にポーチュラカを植え付ける際に、土に緩効性肥料を元肥として混ぜ込むことがおすすめです。緩効性肥料は名前の通り長期間にわたって栄養分を供給することができ、植物の成長をサポートします。植えつける土に肥料を混ぜることで、根も成長しやすくなり、より健康的ななポーチュラカに育成することができます。

開花後は月に1回ほど液体肥料を与える

また、ポーチュラカが開花し始めたら、月に1回ほど液体肥料を与えることで花の色鮮やかさや花持ちを向上させることができます。液体肥料は緩効性肥料と比べ、迅速に栄養分を供給することができ、ポーチュラカの花を美しく維持するのに役立ちます。ただし、緩効性肥料も液体肥料も、過剰に与えないように注意しましょう。

地植えの場合は肥料は必要ない

それに、地植えのポーチュラカは、一般的に土壌内から必要な栄養分を吸収できるため、肥料はあまり必要ありません。自然の土壌の中で育つため、肥料を与える必要はないことを覚えておきましょう。ただし、土壌が極端に貧弱である場合や、成長が停滞している場合は、少量の緩効性肥料を与えても良いでしょう。

ポーチュラカの育て方⑤:冬越し

最後の育て方のポイントは「冬越し」になります。熱帯が原産のため、基本的に暑さに強いですが、反面寒さには弱い傾向があります。どのような方法で冬越しをすべきなのかをここからはお話ししていきます。

耐寒性は強くない

ポーチュラカは先ほどもお話しした通り、主に暖かい季節に育つ植物のため、寒冷な気温には強くありません。霜や凍結にさらされると、植物が被害を受ける可能性が高まるので、寒くなり始める10月以降は室内での管理に移行することもおすすめします。

10℃を下回る場合は室内に移動させる

寒さが厳しい地域では、冬季にポーチュラカを室内に移動させることが賢明です。具体的な気温を言えば、10℃を下回る場合は室内に移動させるようにしましょう。冬場はなおさら、室内で十分な明るさを確保し、寒さから保護します。適切な場所に置いて冬季を過ごさせ、春になると再び屋外に出して育てることがおすすめです。

ポーチュラカに多い病害虫と対処法

続いては、ポーチュラカに多い病害虫と対処法をご紹介します。どのような害虫の発生を注意するべきか、そもそもの害虫耐性はあるのかなどをお話ししていきます。

病気や害虫には比較的強い

実は、ポーチュラカは一般的に病気や害虫に対して比較的強い植物と言われています。しかし、時折病気や害虫が発生してしまうこともあるので、以下では稀に発生してしまう害虫についてみていきます。

アブラムシ

アブラムシは肉眼で確認できないほど小さな害虫です。葉っぱの栄養を吸って大きくなる食害虫で、吸汁した栄養分を排出した糞が原因ですす病などにもなってしまいます。そのため、見つけ次第早めに専用の殺虫剤を使用するか、かなり状態が悪化している場合は患部を剪定してあげてください。

ポーチュラカの日々の手入れのポイント

続いては、ポーチュラカの日々の手入れのポイントを解説していきます。ポーチュラカを上記のような育て方を実践して育ててみても、お手入れは日常的に必要です。どんなお手入れが必要なのかをここでは解説していきます。

花が咲き終わったら花がらを摘む

ポーチュラカは花が咲き終わったら花がらを摘むようにしましょう。花がらは放置しておくと、景観が損なわれることはもちろん、種ができてしまい、同じ土壌で発芽してしまう可能性も上がります。発芽してしまうと栄養分が新しい芽にいってしまい、本体が栄養不足になりやすくなるので花がらは適宜摘みましょう

形を整えたい場合は切り戻しをする

また、形を整えたい場合は切り戻しをするようにしましょう。切り戻しは形を整えることもできますが、また新しい花を開花させるための準備にも役立ちます。花後は1回で良いので、枯れた花などは切り戻しすることをお勧めします。

ポーチュラカの植え替えのポイント

続いては、ポーチュラカの植え替えのポイントについてお話ししていきます。ポーチュラカの植え替えにはどんなコツがあるのでしょうか?

根詰まりをしていたら植え替えをする

ポーチュラカは根詰まりしにくい植物ですが、根が鉢からはみ出すようになったり、土がすぐに乾いてしまうようなら、植え替えが必要です。根詰まりを感じたら、春から初夏にかけての温暖な時期に行うのが良いでしょう。

一回り大きい鉢を用意する

また植え替える場合は、古い鉢よりも1回り大きい新しい鉢を用意します。ポーチュラカは比較的根が浅いため、深い鉢は不要です。また、植え替える際は鉢底に鉢底ネットなどを敷くと水はけがよくなります。

ポーチュラカの植え付けのポイント

続いては、ポーチュラカの植え付けのポイントについて解説していきます。植え付けは植え替えと似ていますが、苗の植え初めは植え付けになることを覚えておきましょう。

5月~8月が植え付けの適期

ポーチュラカの植え付けのポイントは、ポーチュラカは寒さに弱いことを考慮した時期を選ぶことです。植え付ける最適な時期は5月から8月です。5月から8月のこの時期の温かい季節が最適で、霜の心配がない時期を選びます。

20cmほど間隔をあけて植えつける

植え付ける際は、20cmほど間隔をあけて植えつけましょう。近すぎると根っこが絡み合ったりしてしまうこともあるので、間隔は20cmほど必要です。

ポーチュラカの増やし方

続いてはポーチュラカの増やし方についてお話ししていきます。ポーチュラカはどのように増やすことができるのか、やり方とはなんなのかについてお話ししていきます。

ポーチュラカは挿し木で増やすことができる

ポーチュラカは、主に挿し木で増やすことができます。挿し木は剪定した枝を土に挿して発根させ、大きくなったら土に植え替える簡単な増やし方になります

挿し木のやり方

  1. 挿し木に適した時期は5月から10月になるので、この時期の間に行いましょう。
  2. 健康的な挿し穂を選び、剪定します。
  3. 先端から10センチほど土に挿し、水やりをしましょう。
  4. おおよそ2〜3週間程度で発根するので、お好みの鉢に鉢植えをすればより大きくなって成長させることができます。

ポーチュラカの花が咲かない原因は?

続いては、ポーチュラカの花が咲かない原因とはなんなのかについて解説していきます。花が咲かないと不安になるかと思いますが、以下の原因とその対処法と、上記でご紹介した正しい育て方を参考に、もう一度生育してみてください。

日当たりが足りない

ポーチュラカは日光が必要な植物で、充分な日光を浴びることが花を咲かせるためには不可欠です。そのため、日当たり不足は花つきを悪くする主要な原因になります。育てている場所が半日陰や日陰である場合は、ポーチュラカの花も十分に咲かない可能性もあるので見直してみることもおすすめします。

水の与えすぎ

ポーチュラカは乾燥に強い植物であるため、過剰な水やりは根を腐らせる可能性があります。土が乾いたら適度に水を与えることが大切です。特に寒い季節や多雨な時期では、水を控えめに与えることが重要です。

肥料不足

適切な栄養素を提供しないと、ポーチュラカの花つきが悪くなることがあります。適切な時期に適切な量の肥料を与えることで、植物は元気に成長し、花を咲かせやすくなります。適切な肥料を使用し、指示に従って与えることが重要です。

ポーチュラカの人気品種一覧

最後は、ポーチュラカの人気品種をまとめたので、ぜひお気に入りを見つけてみてくださいね。

ウェルデルマニー

まずはウェルデルマニーです。ウェルデルマニーはブラジルが原産の多肉植物の仲間です。白いふわふわした細かい毛が生えているのが特徴的な、珍しいポーチュラカになります。

マジカルキューティー

次はマジカルキューティーです。マジカルキューティーは、葉のふちがピンクに彩られている美しい見た目のポーチュラカになります。梅のようなカラーなので、爽やかさもある育てやすい品種になります。

ピンキー

最後はピンキーです。ピンキーは鮮やかな濃いピンク色をしているお花になります。よく公園などでも見かけるので、お花屋さんでも比較的簡単に入手することもできます。切り花にもおすすめです。

【まとめ】ポーチュラカの育て方を徹底解説!成長後のお手入れから人気品種まで紹介

いかがだったでしょうか?ポーチュラカの育て方はもちろん、増やし方や植え替え方、ポーチュラカの人気品種まで知ることができ、この記事一つで十分ポーチュラカの育て方をご理解いただけたかと思います。 今回の記事のポイントは以下になります。
  • ポーチュラカは多肉植物ような肉厚な葉が特徴的な植物
  • 日当たりが悪い場所で管理すると花が開花しにくくなるため、日当たりの良い場所に配置することがポイント
  • 乾燥に強く過湿に弱いため乾燥気味に育てることが重要
  • 水はけと肥料持ちの良い土が適しているので、赤玉土5:腐葉土3:川砂2の配合の用土がおすすめ
  • 植え付け時に緩効性肥料を元肥として施すこと
  • 10℃を下回る場合は室内に移動させることで冬越しがしやすくなる
  • 根詰まりをしていたら一回り大きい鉢に植え替えをする
  • ポーチュラカは簡単に挿し木で増やすことができる
  • 「日当たりが足りない」「水の与えすぎ」「肥料不足」などは、花が咲かない原因につながりやすいので注意する
  • ポーチュラカの人気品種には、ウェルデルマニー・マジカルキューティー・ピンキーなどがある
ぜひこのポーチュラカの育て方の記事を参考に、楽しく美しいポーチュラカの花を楽しんでくださいね。 最後までお読みいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENには他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、是非ご覧ください。