ガーデンシクラメンの育て方を紹介!冬越しのコツや寄せ植えの仕方も

ガーデンシクラメンの育て方を紹介!冬越しのコツや寄せ植えの仕方も
記事内に商品プロモーションを含む場合があります  #PR

目次

ガーデンシクラメンはシクラメンを品種改良して作出されたシクラメンです。寒さに対して強くなっており、普通のシクラメンと比べても育てやすい品種になります。これからシクラメンを始めようと考えている方に、おすすめのシクラメンになります。 そこで、今回は、ガーデンシクラメンの育て方について解説します。本記事を読めば
  • 屋外でガーデンシクラメンは冬越し可能?
  • ガーデンシクラメンの適温
  • ガーデンシクラメンは寄せ植えできる?
上記のことが分かりますよ。ガーデンシクラメンを始めたい方はぜひ、読んでみてください。

そもそもガーデンシクラメンってどんな植物なの?

ガーデンシクラメンの育て方を学ぶ前に、ガーデンシクラメンがどのような観葉植物なのか基本情報学びましょう。育て方だけでなく、生態などの基本情報を知ることができれば、ガーデンシクラメンの生育に失敗することは減りますよ。

地中海沿岸を原産とするサクラソウ科シクラメン属の多年草

ガーデンシクラメンは地中海沿岸に生息するサクラソウ科シクラメン属の植物です。元々は普通のシクラメンでしたが、品種改良が進み冬場でも屋外で生育できるシクラメンになりました。 多年草のため、1度ガーデンシクラメンを購入すれば、何年もガーデンシクラメンの花を楽しむことができますよ。育て方の難易度も低いので、観葉植物初心者の方でも、問題なく育てられる扱いやすい植物です。

耐寒性が強く、寄せ植えとしても人気

ガーデンシクラメンは耐寒性が高く、寄せ植えとしても人気です。通常のシクラメンでは、屋外の寒さに耐えられなく、育て方は室内での育成一択です。ですが、ガーデンシクラメンなら寒さに強く、シクラメンの綺麗な花を冬の寄せ植えでも楽しむことができますよ。

初心者でも育てやすい植物

ガーデンシクラメンは初心者でも育てやすい植物です。改良元になったシクラメン自体が育成しやすい品種です。しかし、シクラメンを改良して作出されたガーデンシクラメンは、耐寒性が強くなりさらに育てやすくなりました。 初めてガーデンシクラメンを育てる方も難しく考えず、基本的なガーデンシクラメンの育て方を実践すれば大丈夫ですよ。

ガーデンシクラメンの育て方のポイント①置き場所

シクラメンの育て方のポイントのひとつ。置き場所について解説します。植物は自分で動けないので、ガーデンシクラメンにとって良くない場所に置いても、自分でそうすることもできません。なので、置き場所は必ず適切な場所を探しましょう。

日当たりの良い場所を好む

ガーデンシクラメンは日当たりの良い場所を好みます。なので、日陰などの暗い場所に置くのではなく、明るく日当たりの良い場所にガーデンシクラメンを置いてあげましょう。また、株が蒸れるとよくないので、風通しも考慮した置き場所を探してくださいね。

適した温度は10~20℃で、特に15~18℃くらいがよい

ガーデンシクラメンの適した温度は10~20℃です。比較的幅広い温度に対応しています。特に15~18℃がガーデンシクラメンの育成にもっとも適しています。やや寒めの場所が好むので秋の終わりぐらいの時期が、もっともシクラメンに適している温度といえるでしょう。

開花期間は特にしっかり日に当てる

ガーデンシクラメンは開花時にしっかり日光に当てるのがおすすめです。ガーデンシクラメンの開花時期は10~3月です。日差しの強さもかなりやわらぎ、日焼けを気にする必要はありません。なので、思い切ってしっかり日に当てましょう。また、湿気も大敵なので風通しも意識してくださいね。

暖地では屋外でも冬越しできる

ガーデンシクラメンは暖地なら屋外でも冬越しができます。ガーデンシクラメンの耐えられる最低温度は0℃程度。そのため、0℃を切るような寒い地域では、冬越しは難しいでしょう。しかし、0℃切るようなことが無い暖地なら、ガーデンシクラメンの冬越しは難しくありません。屋外でも安心してガーデンシクラメンを育てられますよ。

寒冷地や霜が降りる地域は室内に取り込む

寒冷地や霜が降りる地域はガーデンシクラメンを室内に取り込みましょう。0℃を切るような寒冷地や霜が降りる地域では、寒さに強めなガーデンシクラメンでも厳しいです。なので、寒冷地などの寒さが厳しい地域はガーデンシクラメンを室内に取り込んで対策しましょう。

ガーデンシクラメンの育て方のポイント②水やり

次の育て方のポイントは水やりです。水やりは、軽視しがちですが、ガーデンシクラメンには適した水やりの方法があります。知らない方はぜひ、本記事で学んでみてくださいね。

株元に水をかけるのがコツ

ガーデンシクラメンの水やりは株元に水をかけるのがコツです。花や蕾などの水がかかると、ガーデンシクラメンにとって良くありません。なので、ガーデンシクラメンに水を与えるのではなく、土に水を与える感じでガーデンシクラメンに水を与えましょう。

地植えの場合は乾燥期以外の水やりは基本的に不要

ガーデンシクラメンを地植えで育てている場合は、乾燥時期以外の水やりは基本的に不要です。地植えは鉢植えと違い保水性が高いので、毎日水を与えるとお水の与えすぎに繋がります。なので、乾燥期以外は基本的に水を与える必要はありませんよ。

鉢植えの場合は土が渇いたら与え、過湿を避ける

鉢植えでガーデンシクラメンを育てているなら、土が乾いたら水を与えましょう。先述した地植えと違い、鉢植えは乾燥しやすいです。なので、土の乾き具合をチェックして乾燥しているなら、お水を株元に与えてくださいね。

ガーデンシクラメンの育て方のポイント③土

育て方のポイント③として土の解説をします。土の選択が原因で「置き場所も水やりも正しいのに何故かガーデンシクラメンの元気がない...」という事態に陥ることも。土はたくさんの種類はありますが、本記事を読めばガーデンシクラメンにピッタリの土を探せますよ。

水はけの良い土が適している

ガーデンシクラメンに使用する土は、水はけの良い土が適しています。水はけが悪い土を使うと株が蒸れるので、ガーデンシクラメンにとって良くありません。なので、土を購入する際は、パッケージをよく見て水はけに問題がないか確認してみてください。

地植えの場合:腐葉土を混ぜて耕す

地植えでガーデンシクラメンを育てるなら、腐葉土を混ぜて耕した後に植えます。腐葉土を混ぜることで、適度の保水性のある土を作ることがで、シクラメンに適した土を作ることができますよ。

鉢植えの場合

鉢植えの場合、育て方が違ってくるので、使用する土も変わってきます。自分で配合する方法も紹介するのでぜひ、参考にしてみてください。

市販の草花用培養土で育てられる

植木鉢でガーデンシクラメンを育てるなら、草花用培養土で育成可能です。草花用培養土なら安価で手軽に購入できるので、おすすめの土ですよ。

赤玉土5:腐葉土4:ピートモス1の配合土でも◎

土を自分で配合する場合は『赤玉土:5腐葉土4:ピートモス1』の配合がおすすめです。保水性と水はけに考慮した配合なので、ガーデンシクラメンを育てるの適した土ですよ。1回チャレンジしてみてもよいでしょう。自作した土で育成すると愛着もさらに沸くのでおすすめですよ。

ガーデンシクラメンの育て方のポイント④肥料

最後に育て方のポイント④肥料について解説します。肥料は植物によっては必要ない品種やあったほうがいいけどなくてもいいなど、必要性はバラバラです。なので、ガーデンシクラメンに肥料が必要なのか確認していきましょう。

肥料を与えると花もちがよくなる

ガーデンシクラメンに肥料を与えると花もちが良くなります。花を咲かせるのにも、体力を使います。そのため、体力を付けるために肥料で栄養補給をしてあげると、花もちが良くなりますよ。綺麗な花を長く見たいなた、ガーデンシクラメンに肥料を与えましょう。

元肥を植え付け時に与える

ガーデンシクラメンに肥料を与えるなら、元肥として植え付け時に与えるのがおすすめです。元肥とは通常の肥料と違い瞬時に効果はありませんが、後にゆっくりと効いてくる肥料を指します。 元肥は「有機肥料」や「元肥入り」などで販売されているので確認してみてください。与え方は植え付け時に与えるだけで大丈夫ですよ。

開花期に液肥などを定期的に与える

開花時期は液肥などを定期的に与えるのがおすすめです。開花時期に液肥を与えることで、綺麗な花を長い間楽しめるようになりますよ。与える液肥は、液肥の希釈率や与える量を必ず守ってください。濃すぎる液肥や多すぎる液肥は、根腐れの原因になるので必ず確認しましょう。

ガーデンシクラメンのお手入れ

ガーデンシクラメンの育て方に問題なければ、お手入れの方法を学んでいきましょう。日頃のお世話も重要ですが、定期的におこなうお手入れも、負けないぐらい重要です。 では、お手入れの方法を見ていきましょう。

植え付け

まず、植え付け方法を解説します。植え付けはガーデンシクラメンを購入したら必ずおこなうお手入れなのでぜひ、読んでみてください。

苗の選び方のポイント

ガーデンシクラメンの苗を選ぶポイントは『よく茂っており、葉の色が濃い緑色を選ぶ』です。また、すでに花が付いている場合は多くの花を付けている苗を選ぶのがおすすめです。苗選びは比較的簡単なのでぜひ、チャレンジしてくださいね。

植え付けの時期:9月~11月

ガーデンシクラメンの植え付けに適した時期は9~11月です。暑さも和らいで冬に向て涼しくなるので、ガーデンシクラメンの植え付けに最適です。しかし、近年では9月も猛暑が続く年が多くなりました。そのため、暑さが和らぐ10月まで待つのもひとつの方法です。

植え付けのしかた

ガーデンシクラメンの植え付けの方法は簡単です。ガーデンシクラメンの根鉢が少し出るぐい浅く植え付けるだけです。また、寄せ植えの場合は15cm程度の間隔で植え付け問題ありません。ガーデンシクラメンの根は縦に伸びるので、他の植物の邪魔をすることはありませんよ。

植え替え

植え付けの次は、植え替えについて解説します。植え替えは植え付けとほぼ同じなので、やり方を間違える方は少ないでしょう。ですが、失敗するとガーデンシクラメンが枯れてしまうので、チェックしてみてください。

植え替えの適期:9月~11月ごろ

ガーデンシクラメンの植え替えの適期は9月~11ごろです。涼しくなってきてシクラメンにとっても快適な季節です。負担も少なくなるので、秋である9~11月ごろに植え替えするのがおすすめですよ。

植え替えのしかた

植え替えの方法は植え付けの方法と同じです。根鉢から方が少しだけはみ出るぐらい、浅く植えてください。基本的に簡単なので、植え替えに失敗することは少ないでしょう。

夏越し

ガーデンシクラメンを夏越しさせる場合育て方が変わってきます。夏越し方法も3種類あるため、どの育て方で夏越しさせるか決める必要あります。では、どのような夏越し方法があるのか解説していきます。

休眠方法:水をあげずに夏越しする方法

夏越しさせる場合、水を上げずに夏越しさせる方法があります。やり方も簡単で、葉が枯れてきたら、葉と花をすべて取り除きます。その後雨の入らない半日陰に育成場所を移動させます。秋になったら、水を与え始めて葉が出てきたら、普通の育て方に戻します。1回枯れたようになりますが、秋になれば復活するので、安心してください。 秋まで手を加える必要がないので、手間のかからない夏越し方法ですね。

非休眠方法:水を与えて夏越しする方法

水を与える夏越し方法は、休眠方法とよく似ています。元気のない葉っぱを全て取り除き、半日陰で水を与えて夏越しさせます。休眠法より早く花が咲くので、花を楽しみたい方は非休眠方法で、夏越しさせるとよいでしょう。

球根を掘り上げて保管する方法も

球根を掘り下げて保管する方法もあります。球根を取り出して乾燥させて保管する方法です。湿気に弱いので、乾燥させて管理する必要があります。難しければ、無理に掘り下げて管理しなくてもよいでしょう。

寒さに強いため冬越しの対策は必要なし

ガーデンシクラメンは寒さに強いため、冬越しの対策は必要ありません。0℃程度なら平気で耐えるので、多くの地域で屋外で冬越しができるでしょう。しかし、寒冷地や霜が降りる地域では、さすがのガーデンシクラメンでも耐えることができません。0℃を切るような寒い地域は室内に取り込めば大丈夫なので、難しい対策をしなくても大丈夫ですよ。

花がら摘み

花がら摘みもガーデンシクラメンの育て方以外におこなう行為のひとつ。花がらを摘まないと病気やカビなどのが発生して、ガーデンシクラメンにとって良くありません。簡単なのでぜひ、おこなってくださいね。

種が作られるまえに花がら摘みを

ガーデンシクラメンの花がら摘みは、種が作られる前におこないます。種を作りたい場合はそのままでも良いですが、種をつけるのも、体力が必要になります。そのため、種が不要な場合は、種ができる前に花がらを摘みとってください。

花がら摘みのやり方

ガーデンシクラメンの花がら摘みは他の植物とは違います。花が終わったら、花だけを摘み取るのではなく、茎の根元から摘み取ります。この時ハサミで切り取るのではなく、手で捩じるようにしてください。 また、茎が残っていると茎が腐り病気やカビに繋がるので、茎までしっかり摘み取るのがコツですよ。

種まきでの増やし方

ガーデンシクラメンの種まきでの増やし方を解説します。ガーデンシクラメンは、挿し木なのでなく種まきで増やせます。自分で種を採取して増やせるのでぜひ、チャレンジしてみてください。

種の採取方法

種の採取方法は完全に乾燥した茎を持ち、種のはいている部分を捩じって抜き取ります。種ができるまで、最大で4ヶ月ほどかかるので気長に待ってくださいね。

種まきのしかた

ガーデンシクラメンの種まき5~6月もしくは9~11月におこないます。種まきの方法は他の植物と変わりません。種が重ならないように撒いて、隠れる程度に土を優しく被せるだけです。 簡単なのでぜひ、チャレンジしてくださいね。

ガーデンシクラメンを寄せ植えで楽しもう

ガーデンシクラメンは寄せ植えにも適している観葉植物です。ガーデニングにも適しており、丈夫なので出番の多い植物です。 では、ガーデンシクラメンの寄せ植えで植える時のポイントを見ていきましょう。

寄せ植えするときのポイント

ガーデンシクラメンを寄せ植えする時のポイントを解説します。ガーデニングなどで利用したい方も多いのでぜひ、参考にしてみてください。

寄せ植えする花には栽培条件が似ているものを

寄せ植えする花は栽培条件が似ているものを選びましょう。栽培条件が極端に違っていれば、寄せ植えしても上手に育てることは不可能です。なので、寄せ植えを成功させるなら、栽培条件が似ている品種を選びましょう。

鉢植えの場合は大きめの鉢がよい

鉢植えで寄せ植えするなら大きの目鉢を使用しましょう。小さな鉢では寄せ植えは難しいです。シクラメンだけでも一杯なのに、他の植物を植えるのは、どう考えても厳しいです。なので、寄せ植えしたい品種・数を考慮して、大きめの鉢を用意してください。

ガーデンシクラメンとの寄せ植えにおすすめの植物

寄せ植えは自分好みで作成して大丈夫ですが「なにか参考にしたい!」と思う方も多いです。そこで、ここでは、ガーデンシクラメンと寄せ植えできるおすすめの植物を紹介します。

植え付け時期が同じチューリップなど

植え付け時期が同じチューリップはガーデンシクラメンと相性が良いです。同じ時期に植え付けるので、下手にガーデンシクラメンの周囲をいじる必要がありません。一緒に植え付けることができるので、寄せ植え作成も簡単です。 植え付け時期を意識して品種を選んでみてくださいね。

ガーデンシクラメンを引き立てるカラーリーフ

ガーデンシクラメンを引き立てるカラーリーフもおすすめです。特にメインにシクラメンを置くなら、カラーリーフ次第でガーデンシクラメンがグンっと引き立ちますよ。 種類もたくさんあるので「どんなのが合うかな?」と楽しみながら選んでくださいね

エリナやカルーナなどで華やかに

エリナやカルーナなどを植え付けることで、寄せ植えが鮮やかになりますよ。お互いに耐寒性も高く、ガーデンシクラメンとの相性も抜群です。「鮮やかな寄せ植えを作りたい!」と思うなら、エリナやカルーナなどがおすすめですよ。

同系色の花

同系色の花を寄せ植えするのもおすすめです。カラフルな寄せ植えを作るのではなく、色がまとまっている寄せ植えを作りたいなら、とくにおすすめです。シクラメン自体色が何色もあるので、自分好みの花色で集めるのも面白いですよ。

淡い色の花

淡い色の花をもつ植物もガーデンシクラメンとの相性が良いです。ガーデンシクラメンのお花自体が淡い色なので、濃い色の花と組み合わせると、ガーデンシクラメンの影が薄くなってしまいます。なので、淡い花色と組み合わせるのがおすすめです。

ガーデンシクラメンの人気の品種を紹介

ガーデンシクラメンには品種がいくつかありますが「どうせ育てるなら、人気品種を育てたい!」という方も多いです。そこで、ここでは、ガーデンシクラメンの人気品種を紹介します。

ジックス:下向きの花びらが特徴的

ジックスは下向きの花びらが特徴のガーデンシクラメンです。ガクが白いので、真っ赤な赤色の花がとても映えますよ。花もちも良いでの鑑賞用として優れているガーデンシクラメンです。長い間お花を楽しみたいなら、ジックスがおすすめですよ。

ビクトリア:フリンジ咲きの花が特徴

ビクトリアはフリンジ咲の花が特徴のガーデンシクラメンです。フリンジ咲とは、花弁の縁が波打つようになり、フリルがついたような花のことです。ビクトリアはとくに、豪華なフリンジ咲なので見るだけで、ビクトリアと分かるほどです。 豪華でふんわりしたシクラメンを探しているなら、ビクトリアがおすすめですよ。

【まとめ】ガーデンシクラメンの育て方を紹介!冬越しのコツや寄せ植えの仕方も

本記事では、ガーデンシクラメンの育て方について解説しました。ガーデンシクラメンは寒さに強く、育て方を間違えなければ問題なく育成できるでしょう。夏越しも育て方により方法が違うので、自分好みの方法で夏越しできましたね。 本記事のポイントは
  • ガーデンシクラメンは寒冷地以外は屋外で冬越し可能
  • 適温は10~20℃、15~18℃だとさらに良い
  • 寄せ植えにも適している
ガーデンシクラメンは通常のシクラメンより耐寒性が高く、より育成が簡単な品種です。育て方も簡単で、観葉植物初心者の方でも安心して育成ができます。これから、シクラメンを始めたい方はぜひ、本記事を参考にしてガーデンシクラメンを始めてみてくださいね。 最後までお読みいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENには他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、ぜひご覧ください。