ハゴロモジャスミンの育て方を徹底解説!お手入れ方法から人気の品種まで

ハゴロモジャスミンの育て方を徹底解説!お手入れ方法から人気の品種まで
記事内に商品プロモーションを含む場合があります  #PR

目次

植物を育ててみたいけど香りを放つ種類を育ててみたい!とお考えの方いると思います。そんな方に特におすすめなのが「ハゴロモジャスミン」という植物です。この植物は名前からわかる通り、ジャスミンの仲間で素敵な香りを放ちます。 そこでこの記事では、
  • ハゴロモジャスミンとはどんな植物?
  • ハゴロモジャスミンを育てるためには置き場所を考えよう
  • 植物を育てる上で大切な水やりについて
  • すべての植物の土台となる土作り
  • よりイキイキと育つために必要な肥料とは
  • ハゴロモジャスミンの基本のお手入れ
  • ハゴロモジャスミンの人気の品種をご紹介
以上の内容をご紹介します。この記事を参考に、自分だけのハゴロモジャスミンを育ててみてください。

そもそもハゴロモジャスミンってどんな植物なの?

そもそもハゴロモジャスミンってどんな植物でしょうか?と疑問に思ったことはありませんか。ハゴロモジャスミンは美しい花を持つ植物で、その独特の香りで知られています。この植物について詳しく知りたい方のために、以下にハゴロモジャスミンに関する情報をご紹介します。

中国を原産とするモクセイ科ソケイ属の半常緑性つる植物

ハゴロモジャスミンは、中国を原産とするモクセイ科ソケイ属に属する半常緑性のつる植物です。ハゴロモジャスミンは、花が咲く季節になると、その美しい白色の花を咲かせ、その香りは周囲に広がります。特に、観賞用として庭園や室内で栽培され、その見た目と香りの両方で人々を魅了しています。

強い香りと花色のコントラストが特徴

ハゴロモジャスミンは、その特徴的な美点で広く知られています。まず、この植物の最も顕著な特徴の一つは、その花の強い香りです。花が咲く季節になると、その独特の香りが周囲に広がり、その香りは多くの人々に喜ばれています。さらに、ハゴロモジャスミンのもうひとつの魅力は、花色のコントラストです。このつる植物は、美しい白色の花を咲かせ、その花びらには鮮やかなピンク色が広がります。この花色は、緑の葉との対比が際立ち、視覚的な魅力を高めています。

ハゴロモジャスミンの育て方のポイント①置き場所

ハゴロモジャスミンの育て方のポイントの中で、最も重要なのが適切な置き場所を選ぶことです。ハゴロモジャスミンは日光を好む植物であり、十分な陽光を受ける場所に配置することが必要です。

地植えの場合

地植えの場合、ハゴロモジャスミンを育てる際には、いくつか重要なポイントに留意する必要があります。地植えのハゴロモジャスミンは大きく成長し、長いつるが広がることがあるため、支柱やフェンスなどのサポートを提供することが役立ちます。

寒風が当たらない日向に植え付ける

日向の場所を選ぶことで、ハゴロモジャスミンは豊かな陽光を受け、充分な光合成を行うことができます。これにより、健康的な葉や花を育てる基盤が整います。寒風が当たらない環境では、寒冷な気温による損傷や凍結を心配する必要が少なくなります。そのため、ハゴロモジャスミンを植える際には、適切な日当たりのある場所を選び、この美しいつる植物が最良の条件で成長できるようにしましょう。

温暖な地域では屋外で越冬できる

ハゴロモジャスミンは、温暖な地域では屋外で越冬できるという点で、庭園や屋外での栽培に適しています。温暖な地域では、ハゴロモジャスミンは冬季にも緑の葉を保持し、花を楽しむことができます。寒冷地域での保護が必要ないため、庭園やベランダなどで四季折々の美しい花と香りを楽しむことができます。

鉢植えの場合

鉢植えでハゴロモジャスミンを育てる場合、植物の健康と美しさを維持するためにいくつかのポイントに留意する必要があります。

あんどん仕立てにする

ハゴロモジャスミンを鉢植えで育てる場合、美しいあんどん仕立てにすることが、視覚的な魅力を高める素晴らしい方法です。あんどん仕立ては、この美しいつる植物の特性を最大限に活かすことができる仕立て方法です。あんどん仕立てにするためには、まず適切な支柱やトレリスを用意し、ハゴロモジャスミンのつるをそこに誘導し仕立てていきます。

春から秋はベランダや庭などの屋外で日に当てる

春から秋にかけて、ハゴロモジャスミンを育てる際の理想的な方法は、ベランダや庭などの屋外で日光をたっぷり浴びせることです。これらの季節は、ハゴロモジャスミンが最も活発に成長し、美しい花を咲かせるタイミングでもあります。日光はハゴロモジャスミンの生長に不可欠な要素であり、豊かな陽光を受けることで、植物は健康的に成長し、花を豊富に咲かせます。ベランダや庭などの屋外スペースは、この植物にとって理想的な場所で、日中に直射日光を浴びられるように配置することが重要です。

冬は室内に取り込むとよい

ハゴロモジャスミンは寒冷に弱く、霜や寒冷な風にさらされることは、葉やつるに損傷を与える可能性があります。したがって、冬季には室内に移動させ、寒風から守りましょう。室内での育て方については、十分な明るさを確保することが大切です。日光があまりにも不足する場合は、人工の植物用ライトを使用することも考慮してください。室内でのハゴロモジャスミンの管理は、適切な湿度と適度な水やりを含め、日々のケアを必要とします。寒冷な冬季には、室内でハゴロモジャスミンを楽しむことができ、次の春に向けて植物を健康的に保つことができます。

ハゴロモジャスミンの育て方のポイント②水やり

ハゴロモジャスミンを育てる際の重要なポイントの一つは、適切な水やりの方法を知ることです。水やりはハゴロモジャスミンの健康と成長に大きな影響を与えます。

地植えの場合:乾燥する時期以外基本的に水やりは不要

地植えの場合、ハゴロモジャスミンは比較的乾燥に強い植物であり、乾燥する時期以外は基本的に水やりは不要です。ハゴロモジャスミンは土壌中の水分を保持し、適度な湿度を維持する能力があるため、通常は降雨や地下水を利用して自身の水分需要を満たします。しかし、乾燥する時期や長い間雨が降らない場合、ハゴロモジャスミンに追加の水分を提供することが必要です。特に夏の暑い日には、定期的な水やりが必要になることがあります。しかし、過剰な水やりは根を腐らせる原因になるため、土壌が乾燥してから水を与える際に、十分な水分を吸収するまで待つことが大切です。

鉢植えの場合

鉢植えのハゴロモジャスミンの育て方において、水やりは特に重要です。鉢植えの植物は土壌から得る水分が制限されているため、定期的な水やりが必要です。ハゴロモジャスミンの鉢の土壌が乾燥し始めたら、水やりが必要です。指を土の表面に差し込んで土壌の湿度を確認し、湿り気がない場合に水を与えます。

表土が渇いたらたっぷりと

ハゴロモジャスミンを育てる際、鉢植えの場合、表土が渇いたらたっぷりと水を与えることが大切です。植物の根が土壌から水分を吸収するため、表土が乾燥すると根に水が供給されにくくなります。そのため、土の表面が乾いたら、しっかりと水を与えることで、根に十分な水分が行き渡り、ハゴロモジャスミンが健康的に成長し、美しい花を咲かせることができます。

蕾が色づくころはやや回数を多めに与える

ハゴロモジャスミンを育てる際、蕾が色づくころはやや回数を多めに水を与えることが育て方の一つの秘訣です。蕾が色づく段階では、植物が花を形成し、花開きに向けてエネルギーを必要とします。そのため、水分供給を増やすことで、ハゴロモジャスミンに十分な水分と栄養を供給することが重要です。 蕾が色づくころになると、通常よりもやや頻繁に水を与えることで、植物が健康に成長し、美しい花を咲かせる準備を整えます。しかし、過剰な水やりは気を付ける必要があります。土壌が適度に湿っているかどうかを確認しながら、必要に応じて水を与え、余分な水分が排水されるようにしましょう。

冬はやや乾燥気味に

冬季にハゴロモジャスミンを育てる際の育て方の一つとして、やや乾燥気味に管理することが推奨されます。冬場は気持ち水不足かな?くらいが丁度良いです。冬は一般的に湿度が低く、植物が水分を蒸発しにくい環境です。したがって、ハゴロモジャスミンに適度な湿度を提供することが大切です。しかし、過度な水分は根腐れや植物のストレスの原因になる可能性があるため、やや乾燥気味に土壌を保つことが良いでしょう。

ハゴロモジャスミンの育て方のポイント③土

ハゴロモジャスミンの育て方のポイントの中でも、土に関する選定と管理は非常に重要です。適切な土壌条件は、この美しいつる植物が病気知らずの健康的に成長し、美しい花を咲かせるために不可欠な要素となります。

水はけと水持ちがよく、腐植質に富んだ土を好む

ハゴロモジャスミンは、水はけが良く、水を保持する能力がある腐植質に富んだ土壌を好む植物です。水はけの良い土壌は、過剰な水分が根に滞留することなく、根系が酸素を得るのに役立ちます。一方、腐植質に富んだ土壌は、栄養素を保持し、植物が成長に必要な栄養を吸収できる状態を維持します。これにより、ハゴロモジャスミンは根を健康的に育て、美しい緑色の葉と魅力的な花を輝かせることができます。

地植えの場合:植え付け場所に堆肥や腐葉土を混ぜ込む

ハゴロモジャスミンは、水はけの良い土壌と腐植質に富んだ土を好む植物です。そのため、植え付ける前に地植えの場所に注意を払うことが必要です。まず、選んだ植え付け場所の土壌の状態を確認し、改善が必要な場合に備えて堆肥や腐葉土を用意します。堆肥や腐葉土は土壌を改善し、有機物を供給します。これにより、土壌の保水性が向上し、植物の根が水分と栄養を効果的に吸収できる環境を整えます。また、有機物を含む土壌は微生物活動を促進し、土壌の健康を維持します。

鉢植えの場合

鉢植えのハゴロモジャスミンを育てる際には、以下の点を順守することで、美しい花と香りを楽しむことができます。

市販の園芸用培養土で育てられる

ハゴロモジャスミンは市販の園芸用培養土を使用して育てることができる植物の一つです。市販の園芸用培養土は通常、水はけが良く、必要な栄養素を含んでいるため、ハゴロモジャスミンの成長に適しています。ただし、土壌の質やpH値が地域や条件によって異なる場合があるため、可能であればハゴロモジャスミンの好む条件に合わせて、有機質の堆肥を混ぜることがおすすめです。これにより、土壌の品質を向上させ、植物の根がより健康的に成長できます。

赤玉土6:腐葉土4の配合土

ハゴロモジャスミンを育てるための理想的な土壌の一つは、赤玉土と腐葉土を特定の割合で混ぜた配合土です。おすすめは赤玉土6:腐葉土4の割合で混ぜた土壌です。この比率により、土壌は水はけが良く、同時に有機物質が豊富に含まれる状態になります。赤玉土はミネラルを提供し、腐葉土は有機物と栄養素を供給します。この組み合わせにより、ハゴロモジャスミンの根が適切に成長し、美しい花を咲かせるために必要な条件が整います。

赤玉土1:鹿沼土1:腐葉土1の配合土

ハゴロモジャスミンを育てるために、赤玉土、鹿沼土、腐葉土を均等に混ぜた配合土を使用することができます。赤玉土と鹿沼土はミネラルを提供し、腐葉土は有機物を供給します。この組み合わせにより、土壌は植物の栄養要求を満たし、健康的な成長を支えます。腐葉土を混ぜ込むことで、適切な水はけと保水性を持つ土壌を提供し、過剰な水分が根に滞留することを防ぎます。これにより、根は酸素を効果的に吸収し、植物は水分と栄養を均等に取り込むことができます。

ハゴロモジャスミンの育て方のポイント④肥料

ハゴロモジャスミンを育てる際には、適切な肥料を選んで管理することで、植物が豊かな花と香りを楽しむことができます。土壌と同様に、肥料の管理も植物の健康に寄与する要素の一つです。

寒肥

寒肥(かんひ)」は、園芸や農業において使用される肥料の施用方法の一つです。寒肥とは、主に秋や冬の季節、植物の成長が活発ではない時期に肥料を与えることを指します。この施肥方法は、植物が栄養を吸収し、冷たい季節を越すための栄養供給を提供することを目的としています。

2月上旬~3月上旬

2月上旬から3月上旬は、多くの植物が冬眠から目を覚まし、新しい成長サイクルを始めるタイミングです。寒肥を施すことで、植物はこの成長期に必要な栄養素を十分に供給され、健康的な成長をサポートします。寒肥を施すことで、植物の根系が活性化し、新しい根が発達しやすくなります。これにより、植物は土壌から栄養を効果的に吸収し、安定した成長を促進します。

固形油かすか緩効性化成肥料を与える

固形油かすや緩効性化成肥料は、植物に必要な栄養素を効果的に供給する方法となります。これらの肥料は徐々に根から吸収され、植物が長期間にわたって必要な栄養を受け取ることができます。これにより、植物は安定した成長と健康を維持できます。これらの肥料は植物の根の健康を促進し、新しい根の発達をサポートします。強力な根は、植物が水と栄養素を効果的に吸収し、安定した成長を実現します。

お礼肥

お礼肥とは、園芸や農業の分野で使用される特定の肥料のことを指します。この肥料は、感謝の意を表すために与えられ、また、植物に必要な栄養素を供給する目的で使用されます。

花後の5月中旬~6月下旬

花後の5月中旬から6月下旬に行われるお礼肥は、植物の成長と栄養補給において重要なタイミングになります。5月中旬から6月下旬は多くの植物にとって成長期への移行時期です。春から夏にかけて、日照時間が増え、気温が上昇し、植物の成長が活発になります。施肥を行うことで、新しい葉や枝の成長をサポートします。

固形油かすか緩効性化成肥料を与える

寒肥と同様に、お礼肥は固形油かすや緩効性化成肥料を与えます。これらの肥料は通常、窒素、リン、カリウムなどの主要な栄養素をバランスよく含んでいます。植物はこれらの栄養素を異なる段階で必要とするため、適切な栄養バランスを提供することが重要です。

秋以降は施肥の必要はない

秋になると、多くの植物は成長の活発度が低下します。日照時間が短く、気温が下がるので、これらの要因が植物の成長に影響を与えます。そのため、新しい葉や枝の成長が抑制され、栄養素の需要も低くなります。秋は寒冷期への準備の時期でもあります。植物はエネルギーを根や茎に蓄え、冷たい季節を越すための準備を始めます。そのため、新しい成長に栄養を費やす必要が低くなります。

ハゴロモジャスミンのお手入れ

ハゴロモジャスミンは美しい花と香りを楽しむ価値のある植物です。適切なお手入れと管理を行い、植物が最良の状態で育つように心がけましょう。

植え付け・植え替え

ハゴロモジャスミンの植え付けや植え替えは、植物の健康と成長に大きな影響を与える重要なステップです。慎重に行い、適切なケアを提供することで、美しい花を楽しむことができます。

時期:3月下旬~4月中旬、9月下旬~10月下旬

ハゴロモジャスミンの植え付けや植え替えの最適な時期は、3月下旬から4月中旬、および9月下旬から10月下旬です。春に植え付けることで、ハゴロモジャスミンは新しい成長の準備を整えます。成長期に合わせて根を張り、新しい芽や葉を育てやすくなります。春は気温が比較的安定しており、寒冷期や暑さから植物を守る条件が整います。これにより、植え付け後のストレスが軽減されます。秋は冬に向けて植物が栄養を蓄え、寒冷期を越す準備をする大切な時期です。植え替えにより、新しい場所での根の成長を促進します。秋は気温が穏やかで、植物にとってストレスの少ない時期です。暑すぎず寒すぎない環境下で、ハゴロモジャスミンは新しい場所に適応しやすくなります。

植え付けのしかた

ハゴロモジャスミンを植え付ける際の基本的な手順は以下の通りです。
  1. 適切な場所を選ぶ: ハゴロモジャスミンは日当たりを好むため、日中に6時間以上の陽光を受ける場所を選びます。また、寒風の当たらない場所が理想的です。
  2. 土壌の準備: 良く排水される肥沃な土壌が必要です。土壌が水はけが良く、水をため込まないことが重要です。土壌改良のために有機質の堆肥を混ぜると、根の成長を促進します。
  3. 穴を掘る: 植え付け穴を掘ります。穴の深さは、ハゴロモジャスミンの株の根元が地表から少し下になるようにします。穴の幅は根をゆったりと収められるサイズにします。
  4. 株を植える: ハゴロモジャスミンを株鉢から気をつけて取り出し、穴に植えます。根を優しく広げ、根元が地面と平らになるように土で埋めます。根に空気を含ませないように注意しましょう。
  5. 土を固める: 植え付け後、土を軽く固めます。これにより、根と土壌の間の隙間が埋まり、安定感を持たせます。

植え替えのしかた

ハゴロモジャスミンを植え替える際の手順は以下の通りです。植え替えは、植物が成長しすぎて根が窮屈になったり、新しい場所に移動する必要がある場合に行います。
  1. 適切な時期を選ぶ: ハゴロモジャスミンの植え替えには、通常、春季または秋季が適しています。成長が活発でない時期に行うことが推奨されます。
  2. 株を掘り起こす: 植え替える前に、ハゴロモジャスミンの株を掘り起こします。根を傷つけないように注意深く行いましょう。根と土を分離させ、株を植える穴に向けて準備します。
  3. 新しい場所の準備: 新しい植え付け場所の土壌を適切に準備します。良く排水される肥沃な土壌を用意し、必要に応じて有機質の堆肥を混ぜて土壌を改良します。
  4. 株を新しい場所に植える: 株を新しい場所に植える際には、前述の通り、根の配置に注意します。穴を掘り、根元を地表から少し下に配置し、新しい土壌で囲みます。根を優しく広げ、空気を含まないように注意します。

剪定

ハゴロモジャスミンの剪定は、植物が美しい花や健康な成長を維持するために必要な手入れです。病気を予防するためにも適切な剪定を行い、植物が最良の状態で育つようにサポートしましょう。

時期:花後なるべく早く

開花後に剪定を行うと、植物は新しい芽の形成にエネルギーを集中させます。これにより、次の成長期に美しい花を咲かせるための花芽がより多く形成されます。開花後の古い花や葉を取り除くことで、ハゴロモジャスミンのエネルギーは健康な新しい枝と葉に向けられます。これにより、植物の成長が活発化し、健康的な外観を維持します。

剪定のしかた

  1. 剪定ツールを用意する: 鋏やナイフ、剪定ばさみなど、適切な剪定ツールを用意します。鋭利な刃物を使って枝を切ることが重要です。
  2. 古い花や枯れた枝を取り除く: 花後なるべく早く、古い花や枯れた枝を植物から取り除きます。これにより、エネルギーが新しい成長に向けられます。花の基部から切り取り、健康な新しい枝にスペースを提供します。
  3. 過剰な成長を制御する: 植物が過剰に成長した場合、枝が交錯したり、風通しを妨げたりすることがあります。過剰に伸びた枝や密集した枝を剪定して、植物の形を整えましょう。
  4. 支柱を設置する: ハゴロモジャスミンはつる性の植物で、支柱やトレリスを提供すると、美しいつるとして成長します。必要に応じて支柱を設置し、植物が登るのを助けます。
  5. 剪定の注意点: 剪定時には植物を傷つけないように注意しましょう。健康な成長を妨げないよう、剪定を慎重に行います。剪定後、枝が滲出液を出すことがあるので、そのままにしておきます。

仕立て方

ハゴロモジャスミンを仕立てることで、デザイン性の高い観葉植物として庭やベランダで楽しむことができます。支柱やトレリスを活用し、植物の成長をサポートし、定期的な剪定と適切なケアを提供することで、ハゴロモジャスミンを魅力的な景観植物に育て上げましょう。

フェンスやトレリスに誘引する

ハゴロモジャスミンを誘引するためには、適切なフェンスやトレリスを設置します。これらのサポート構造物は、植物が登るための優れたサポートを提供し、美しい垂直の成長をサポートします。新しい枝がサポート構造物に登るように、手でやさしく誘導します。枝をサポートに取り付けるための糸や縄を使用することもできます。これにより、ハゴロモジャスミンはフェンスやトレリスに美しく絡みつき、垂直に成長します。

鉢植えはあんどん仕立てに

鉢植えのハゴロモジャスミンをあんどん仕立てにすることにはいくつかのメリットがあります。まず、アンドン仕立てにした植物は美しい垂直の成長を実現し、空間を美しく飾ります。また、アンドン仕立ては植物の成長をコントロールし、庭やベランダのデザインにアクセントを加えます。ハゴロモジャスミンを鉢植えでアンドン仕立てにすることで、美しい垂直の成長と香り高い花を楽しむことができます。

挿し木での増やし方

ハゴロモジャスミンを増やす方法の一つとして、挿し木があります。挿し木は比較的簡単で効果的な方法で、新しい植物を育てるために使用されます。以下は、ハゴロモジャスミンを挿し木で増やす手順です。

時期:8月上旬~9月下旬

ハゴロモジャスミンの挿し木に最適な時期は、8月上旬から9月下旬です。この期間は、ハゴロモジャスミンの成長が活発な時期で、新しい枝が硬化し、根の発育が促進されます。気温も比較的安定しており、挿し木が成功しやすい環境が整います。この時期に挿し木を行うことで、新しい株を準備し、次の成長シーズンに美しい花を楽しむことができます。挿し木は、ハゴロモジャスミンを増やす効果的な方法の一つであり、適切な時期を選ぶことで成功率を高めることができます。

挿し木のやり方

ハゴロモジャスミンを挿し木で増やす方法は、次の手順に従うことで簡単に行えます。
  1. 材料の用意: まず、挿し木に使用するハゴロモジャスミンの親株から、健康で新しい枝を選びます。枝は約15〜20センチメートルの長さで、新芽が2〜3つあることが望ましいです。
  2. 切り取りと下部処理: 選んだ枝を鋏や刃物を使用して切り取ります。切り取りの際に、斜めに切り込みを入れ、水分の吸収を助けるようにします。また、下から数枚の葉を取り除き、挿し木に残す葉は最上部に数枚だけ残します。
  3. 植え付け用の培土: 挿し木を植えるための培土を用意します。培土は通気性があり、水はけの良いものが適しています。一般的に、腐葉土や赤玉土を混ぜた培土が良い結果を得るのに役立ちます。
  4. 挿し木の植え付け: 培土を用意した鉢やコンテナに挿し木を植えます。挿し木は培土に深さ約2〜3センチメートルほど挿し込み、しっかりと固定します。培土の周りを軽く押さえ、安定させます。
  5. 水やりと湿度管理: 挿し木を植えたら、十分に水を与えます。その後、挿し木をプラスチックで覆い、湿度を保つことが重要です。湿度を保つことで挿し木の乾燥を防ぎ、根の発育を助けます。

ハゴロモジャスミンの人気の品種を紹介

次にハゴロモジャスミンの人気の品種をご紹介します。ハゴロモジャスミンの品種は、庭園やベランダで美しい花と香りを楽しむために人気があります。どの品種も魅力的で、独自の特徴を持っています。庭園や屋外空間にこれらの品種を育てることで、美しい花と香りに包まれた癒しの空間を楽しむことができます。

ミルキーウェイ:花付きがよく、とても良い香りの斑入りの品種

ミルキーウェイは、ハゴロモジャスミンの品種の中でも特に魅力的なものの一つです。この品種はその美しい花付きと斑入りの葉が特徴とされています。この品種は特に素晴らしい香りを持っています。その香り爽やかで、その芳香は庭や屋外空間を満たします。ハゴロモジャスミン本来の魅力的な香りが、ミルキーウェイでも十分に楽しめます。

フィオナサンライズ:甘く上品な香りがする大きな花を咲かせる

フィオナサンライズは、ハゴロモジャスミンの品種の中でも、その甘く上品な香りと大きな花で知られています。このフィオナサンライズは、庭やベランダを美しく飾り、その香りで人々を魅了します。この品種は大きな花を咲かせることで知られており、その美しい花弁は魅力的です。花の大きさは庭やベランダで目を引く存在となり、見る人を惹きつけます。

【まとめ】ハゴロモジャスミンの育て方を徹底解説!お手入れ方法から人気の品種まで

いかがでしたでしょうか。今回ご紹介した内容は、
  • ハゴロモジャスミンは中国を原産とするモクセイ科ソケイ属に属する半常緑性のつる植物
  • 良い香りがする植物
  • 地植えでも鉢植えでも育てることが可能
  • 寒さを避け、日向で育てるのが良い
  • 温かい地方であれば、外で育てることも可能
  • 鉢植えであれば、あんどん仕立てがおすすめ
  • 春から秋の暖かい時期は屋外の環境がおすすめ
  • 一方寒い冬は屋内で管理する
  • 地植えの場合は水やりは不要
  • 鉢植えの場合は表面が乾いたら水をたっぷりあげる
  • 蕾が色づくシーズンはエネルギー確保のために水やりの回数を増やす
  • 水はけの良い土を使用する
  • 2月から3月頃の寒い時期に寒肥を与える
  • 5月から6月にお礼肥を与える
  • 植え付けと植え替えは春と秋に行う
  • 花後速やかに剪定を行う
  • フェリスやトレリスに誘引して仕立てる
  • 8月から9月に挿し木で増やすことができる
以上の内容をご紹介してきました。ハゴロモジャスミンはその香りが人気の植物です。ハゴロモジャスミンを育てると素敵な香りに包まれることでしょう。今回ご紹介した内容を元にぜひハゴロモジャスミンを育ててみてください。 最後までお読みいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENには他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、是非ご覧ください。