【2024年】おすすめの防草シート18選!失敗しない選び方から敷き方まで解説

【2024年】おすすめの防草シート18選!失敗しない選び方から敷き方まで解説
記事内に商品プロモーションを含む場合があります  #PR

目次

皆さんは庭で園芸をしたことはありますか?古くから庭での園芸趣味は多くの人に親しまれてきました。 しかし、園芸も楽しいことばかりではありません。雑草処理を小まめにしなければ、育てている植物に悪影響を及ぼしてしまいます。 そういった背景から最近では雑草処理を楽にする「防草シート」というものが便利で、使用する人達が増えてきています。本記事では「雑草処理が大変!」「いい防草シートが欲しい!」という方に向けて以下の内容をまとめました。
  • 防草シートとは
  • 防草シートのメリット・デメリット
  • 防草シートの選び方
  • 防草シートの購入場所
  • おすすめの防草シート
  • 防草シートの敷き方
庭園芸はは雑草処理がとても大変で続けることは大変ですが、防草シートを使えば簡単に雑草を無くすことができ、雑草処理に疲れた方にはオススメのアイテムです。庭での重労働に疲れた方はぜひ最後までご覧になってくださいね!

そもそも防草シートってなに?

そもそも防草シートって何をするものなの?と疑問に持つ方もいるかと思います。防草シートの効果について解説していきますね。

結論:敷くだけで雑草が生えてこなくなるシート

簡単に言うと防草シートは敷いた部分の雑草を生えなくするシートです。防草シートは遮光率が非常に高く、覆った部分の日光を遮断します。遮断された草木は光合成を行うことができなくなり、徐々に枯れていくというメカニズムです。

防草シートと一言で言っても色々な種類がある

素材や縫い方などが防草シートによって異なります。生えてきた雑草に合わせて防草シートを選ぶことも重要なので頭に入れておきましょう。防草シートの選び方は本記事でも紹介しているので、興味のある方は見ていってくださいね。

防草シートのメリット・デメリット

防草シートのメリット・デメリットについて解説します。これから防草シートを使おうか悩んでいる方はぜひ参考に見ていってください。

メリット

防草シートのメリットについて解説します。

一度敷けば数年雑草を防ぐことができる

防草シートを一度敷いてしまえば、数年間は何もしなくても雑草が生えてくることはありません。毎日の雑草処理を一回の作業に短縮することができます。

除草作業など小まめな作業に時間を取れない人におすすめ

除草作業は小まめに行わなければいけませんが、防草シートを敷いてしまえば数年は除草作業をせずに済みます。時間がなく忙しい方には防草シートがオススメですよ。

除草剤を使っているわけではないので害がない

防草シートのいい所は、薬剤を使わない除草だということ。そのため土や育てている植物には無害なので安心して敷くことができます。

シートを撤去した後にすぐにそのスペースを利用できる

防草シートを敷いておけば雑草が生えこないので、撤去してすぐにそのスペースを利用することができます。思い立った時に新たな植物をすぐに植えることができるのは、防草シートの大きなメリットの1つですよ。

デメリット

防草シートのデメリットについて解説していきます。

設置する手間がかかる

防草シートの設置は整地、除草作業、釘の打ち込みと手間がかかってしまいます。しかし、一回の作業で数年分の除草作業を短縮できるので、庭に当分使わない部分があればやっておきたい作業です。

防草シートを敷くだけでは見栄えが悪い

防草シートを敷くと、庭の見栄えが大幅に悪くなってしまいます。防草シートの上に砂利や人工芝を敷くことで解決可能ですよ。

紫外線や雨で経年劣化するため交換する必要がある

紫外線や雨で経年劣化してくると防草の効果が薄まってきます。大変ですが数年に1度、交換作業をしなければなりません。

失敗しない防草シートのおすすめの選び方

防草シートを選びに失敗したくない!という方も多くいるかと思います。ここでは防草シートの選び方について解説していますので、興味のある方はぜひ見ていってくださいね。

透水性のある水はけの良いものを選ぶ

防水シートは水はけが重要です。水はけの悪いシートを選んでしまうと、シートの上に雑草が生えてしまうことがあります。それでは意味がないので、水はけ効果もしっかり確認しておきましょう。

遮光率で選ぶ

防草シートは遮光して、雑草の光合成を防いでいます。遮光率の高い黒色や網目が細かいものなどを意識して選ぶといいでしょう。また、商品によっては遮光率が記載されているものもあります。

一体型のロールタイプなのか、つなげられるジョイントタイプなのかで選ぶ

一般的に広い場所には一体型のロールタイプ狭い場所には繋げられるジョイントタイプの設置がしやすいとされています。敷きたい場所に合わせて防草シートのタイプを選びましょう。

ロールタイプのメリットデメリット

ロールタイプのメリット
  • ロールタイプで自分の好きなサイズにカットできる
  • ピンで丈夫に固定できる
  • 広い範囲に一気に敷くことができる
ロールタイプのデメリット
  • 狭いスペース用に買うと余ってしまう
  • ジョイントタイプに比べると設置が面倒
  • 価格はやや高い

ジョイントタイプのメリットデメリット

ジョイントタイプのメリット
  • 女性やお年寄りでも簡単に持ち運べる
  • 限られたスペースでも設置することができる
  • 自由に取り外しできる
ジョイントタイプのデメリット
  • 切って利用するのが難しい
  • 広範囲の設置には不向き
  • 設置が簡単な分定期的なお掃除が必要

耐久性で選ぶ

耐久性の高いものを選べば、防草シートの交換年数を遅らせて手間を省くことができます。防草シートの耐久性について解説していきますね。

耐用年数を確認する

防草シートは雨風に晒されるので経年劣化が激しいです。耐用年数が記載されているものもあるので、チェックしながら選びましょう。

ポリプロピレンを使用した高密度の不織布タイプがおすすめ

ポリプロピレンは耐摩耗性が優れており、耐久性が高いです。加えて不織布タイプであれば繊維と繊維の隙間が小さく高密度なので、遮光性が良く除草効果も高いですよ。

使う場所に合わせた、大きさで選ぶ

防草シートの大きさも選ぶ上で重要な要素です。中途半端なものを選んで失敗しないように注意しましょう。

駐車場など広い場所では大きいものを使う

駐車場などの広い場所に敷くときは、大きいサイズを買いますが、加えて一体型のロールタイプの物がおすすめですよ。

庭などの狭いスペースや人工芝の下に敷く場合はサイズを合わせやすい小さいものにする

庭などの狭いスペースに防草シートを考えている場合は小さいジョイントタイプのものを使うようにしましょう。

価格などのコスパで選ぶ

もちろん価格のことを忘れてはいけません。値段が安いシートだと遮光率や強度が少し低下してしまいます。しかし、値段の安い防草シートでも十分効果を発揮してくれるので、予算と相談しながら選びましょう。

防草シートのおすすめの購入場所

防草シートを購入するにあたって、おすすめの場所がいくつかありますので紹介していきますね。

実店舗で購入する場合

直接足を運んで購入を考えている方こちらを参考にしてください。

カインズなどのホームセンター

カインズなどのホームセンターには園芸コーナーがあります。防草シートも園芸用品なので、お気に入りの防草シートを見つけることができますよ。

人工芝・防草シート専門店

カインズなどのホームセンター以外にも人工芝・防草シートの専門店でも販売されています。専門店はオーダーしながら作ってもらうことができるので、凝った防草シートが欲しい方はそちらも検討するのもいいですよ。

通販で購入する場合

続いてネット通販で購入できるサイトを紹介していきます。

Amazon

Amazonでは防草シートが販売されています。様々な大きさ・値段・デザインが豊富に取り揃っているのでおすすめですよ。

楽天

楽天もAmazon同様に様々な防草シートが販売されています。Amazonにはないデザインも販売されているので、Amazon・楽天両方チェックしてみてください。

Yahoo!ショッピング

Yahoo!ショッピングでも防草シートが豊富に販売されています。Amazon・楽天で気にいるものがなければこちらもチェックするといいでしょう。

通販の専門店

防草シート専門店はネット通販もやっています。品質が高い防草シートが欲しい方は専門店で購入しましょう。

農業用などに大量購入したい場合は専門メーカーや業者で購入すると安い価格で購入できる

農業用などの大量購入を検討している方専門メーカーや業者で購入することをおすすめします。専門メーカーや業者であれば、まとめ買いの交渉ができるので安く購入することができますよ。

通販で購入できるおすすめの防草シート18選

ここからは通販で購入できるおすすめの防草シートを紹介していきます。ネット通販で防草シートを購入したい方はぜひこちらを参考に探してみてくださいね。

【METIS WONG】防草シート 厚手 1x50m 耐用年数5

こちらは先ほどの見出し「防草シートの選び方」でおすすめしたポリプロピレンの素材を使った不織布タイプの防草シートです。耐用年数5年の高耐久かつ98.5%の遮光率を持っているので強力な除草効果が期待できます。設置用の固定ピンと黒丸が付属しているので、他のパーツを購入する必要もありませんよ。
商品名 防草シート 厚手 1x50m 耐用年数5 雑草対策防止 高透水 高耐久 高密度 不織布 UV耐候剤配合 固定ピン60本と黒丸60枚付き 工事用 園芸用 家庭菜園 駐車場 ロールタイプ 黒
価格 7,299円
大きさ 1×50m
特徴 ポリプロピレン製不織布タイプ

他の商品とここが違う!【METIS WONG】防草シート 厚手 1x50m 耐用年数5の特徴と使ってみた感想

素材がポリプロピレンの不織布タイプで、耐用年数が5年と長持ちするのが良い点です。また、高い遮光率で除草効果が非常に高いと感じました。設置も簡単で、固定ピンと黒丸が付属しているので、他のパーツを別に買う必要がなく、手間が省けました。

【XiaZ】 130g/m2 雑草防止シート 1×50M 固定ピン50本と黒丸50枚付き

こちらの防草シートはロールタイプなので広い場所の設置に向いています。駐車場や農業用におすすめですよ。また、紫外線劣化防止に特化しているので、日当たりの良い場所に敷くシートにも相性ピッタリです。自身の敷きたい環境にマッチしたならぜひ購入を考えてみてくださいね。
商品名 XiaZ 130g/m2 雑草防止シート 1×50M 固定ピン50本と黒丸50枚付き UV剤入り 高密度 高耐久性不織布 除草シート 紫外線劣化防止 雑草対策 工事用 園芸用 ロールタイプ 厚手 5年耐久 人工芝下 砂利下設置 家庭菜園 農業
価格 8,599円
大きさ 1×50m
特徴 紫外線劣化防止の高耐久

他の商品とここが違う!【XiaZ】 130g/m2 雑草防止シート 1×50M 固定ピン50本と黒丸50枚付きの特徴と使ってみた感想

この防草シートを使ってみて、本当に良かったです。ロールタイプなので広い範囲に敷くのがとても簡単でした。私は駐車場に使いましたが、農業用としてもぴったりだと思います。特に、紫外線劣化防止に特化している点が素晴らしく、日当たりの良い場所でも安心して使えました。

【GreenGarden】 防草シート 除草シート 1×50m 不織布 固定ピン50本と黒丸50枚付き

こちらもポリプロピレン不織布タイプ。高耐久・高遮光率です。さらにエンボス加工というものを施しており、普通の防草シートよりもさらに通気性・排水性・通水性をが格段に良くなっています。ジメジメした場所に防草シートを敷きたい方はこちらの防草シートがおすすめですよ。
商品名 GreenGarden 防草シート 除草シート 1×50m 不織布 固定ピン50本と黒丸50枚付き 厚手 高透水性 UV耐候剤配合 親水剤入 高耐久 高密度120g/㎡ グリーン (1*50m)
価格 8,499円
大きさ 1×50m
特徴 水はけの良いエンボス加工

他の商品とここが違う!【GreenGarden】 防草シート 除草シート 1×50m 不織布 固定ピン50本と黒丸50枚付きの特徴と使ってみた感想

この防草シートを使ってみて、大変満足しています。ポリプロピレンの不織布タイプで、高耐久性と高遮光率を備えているのが特に良い点です。さらに、エンボス加工が施されているので、通気性、排水性、通水性が普通の防草シートよりも格段に優れています。私はジメジメした場所に敷くのに最適と思っていて、そういった環境での使用を考えている方には特におすすめしたいです。

【TASELR】防草シート(1×30m, ブラック)

こちらはポリエチレン100%の高耐久防草シートです。加えて不織布タイプなので更に耐久度が増しており、エンボス加工も施されているので、通気性・通水性・排水性が十分に備わっています。ジョイントタイプのこちらの防草シートは狭い場所と相性がいいですよ。
商品名 防草シート 厚手 高密度 高透水 高耐久 除草シート 雑草対策 庭 通路 物干し場 ウッドデッキの下など 雑草防止(1×30m, ブラック)
価格 5,988円
大きさ 1×30m
特徴 水はけの良いエンボス加工

他の商品とここが違う!【TASELR】防草シート(1×30m, ブラック)の特徴と使ってみた感想

不織布タイプで耐久度が高いのが大きな利点です。エンボス加工が施されているため、通気性、通水性、排水性がとても良く、機能性が高いです。特に、ジョイントタイプなので狭い場所にもフィットしやすく、設置が簡単でした。狭いスペースでもしっかりと防草効果を発揮してくれるので、そういった場所に使いたい方には特におすすめです。

【NITTO SEKKO】GreenArts430Z 防草シート (1m×50m_1本)

こちらの防草シートはポリエステル製、つまりペットボトルと同じ材料で非常に軽い設計になっています。ハサミなどでも加工しやすく、確実な除草も行えると評判のようです。さらに耐用年数は10年以上と驚異の耐久率。値段は他と比較すると少し高めですが、十分の性能と品質を持っているので予算に余裕のある方はぜひ検討してみてくださいね。
商品名 [NITTO SEKKO] GreenArts430Z 防草シート (1m×50m_1本)
価格 1,5900円
大きさ 1×50m
特徴 しっかりとした厚みで軽量で扱いやすい防草シート

他の商品とここが違う!【NITTO SEKKO】GreenArts430Z 防草シート (1m×50m_1本)の特徴と使ってみた感想

このポリエステル製の防草シートを使ってみて、私はとても満足しています。ペットボトルと同じ材料で作られているため、非常に軽くて扱いやすいです。ハサミで簡単にカットできるので、設置がとても楽でした。除草効果も確かで、期待通りの性能を発揮してくれます。特に、耐用年数が10年以上というのは驚きで、長期間にわたって安心して使用できる点が大きな魅力でおすすめできるポイントです。

【ガーデンプロ】 人工芝 1m×10m 芝丈3cm

高耐久のポロエチレンとポリプロピレンで作られている人工芝。芝生が根元から立ち上がるように設計しており、圧倒的なボリュームを再現することに成功。加えてC型カーブ形状で弾力性・耐久性も向上させています。芝丈も選ぶことができるので、自分好みのボリュームある人工芝を購入することができますよ。
商品名 ガーデンプロ 人工芝 1m×10m 芝丈3cm 夏色 日本企業開発 レビュー4.7 芝生 ロール ベランダ お庭 スタイリッシュな質感と本物のような触り心地
価格 1,0980円
大きさ 1×5m 1×10m
特徴 選べる芝丈

他の商品とここが違う!【ガーデンプロ】 人工芝 1m×10m 芝丈3cmの特徴と使ってみた感想

芝生が根元から立ち上がる設計で、本物の芝生のようなボリュームと質感を再現しているこの防草シート付きの人工芝。C型カーブ形状による弾力性と耐久性の向上も素晴らしく、見た目だけでなく感触も自然な芝生に近いです。芝丈を選べるので、自分の好みに合わせてカスタマイズできるのも大きな魅力です。

【imono117】 防草シート 長さ100メートルまで × 幅2メートル

広げて敷くだけの簡単お手軽防草シート。98%の高遮光率で強力な除草効果が期待できます。さらにUV剤が混ぜてあり、紫外線の劣化防止も備わっているのも良い点。キレイに加工できるようにカット用のラインが描かれており、シート自体も薄くハサミなどでも加工しやすいです。防草シートの設置に手間をかけたくないという方には、ぜひおすすめ商品ですよ。
商品名 iimono117 防草シート 長さ100メートルまで × 幅2メートルまで】耐久年数3年 除草シート 園芸用シート 雑草シート 高透水 農業 園芸用 除草 雑草通水性 砂利 杭 ガーデニング 駐車場 家庭菜園 (幅2m×長さ50m)
価格 ここに説明文を入力してください。
大きさ 最大2×100m
特徴 豊富なサイズを用意

他の商品とここが違う!【imono117】 防草シート 長さ100メートルまで × 幅2メートルの特徴と使ってみた感想

この簡単に敷ける防草シートを使ってみて、本当に便利だと感じました。98%の高遮光率で、除草効果が非常に強力です。UV剤が混ざっているので、紫外線による劣化も防げるのが大きなメリットです。カット用のラインが描かれているので、必要なサイズに簡単に加工できました。シート自体も薄くて軽いので、ハサミでのカットも楽々できて作業も捗りました。

【METIS WONG】防草シート 厚手 1x50m 耐用年数5

ポリエチレン製不織布タイプで従来の防草シートよりも厚みがあるので、超高耐久防草シートになっています。さらにUVカット導入で紫外線による経年劣化も遅らせることにも成功。ロールタイプの防草シートなので、駐車場や家庭菜園など広い場所に設置を考えている方はおすすめの商品です。
商品名 防草シート 厚手 1x50m 耐用年数5 雑草対策防止 高透水 高耐久 高密度 不織布 UV耐候剤配合 固定ピン60本と黒丸60枚付き 工事用 園芸用 家庭菜園 駐車場 ロールタイプ 黒
価格 7,299円
大きさ 1×50m
特徴 ポリエチレン製不織布タイプ UVカットで紫外線対策済み

他の商品とここが違う!【METIS WONG】防草シート 厚手 1x50m 耐用年数5 の特徴と使ってみた感想

このポリエチレン製不織布タイプの防草シートを使ってみて、その耐久性に非常に驚いています。従来の防草シートよりも厚みがあり、超高耐久性を実感できました。UVカットが導入されているため、紫外線による経年劣化もかなり遅らせることができます。ロールタイプなので、駐車場や家庭菜園など広い場所に敷くのにも適しており、設置が簡単でした。

【ガーデンプロ】 防草シート 人工芝用 1m×10m

こちらは人工芝用の防草シートです。ポリプロピレン製平織りタイプにすることで、強度・軽量性・排水性が良くなっています。軽量で扱いやすいので、設置が簡単なのもいいですよね。人工芝との親和性が非常に高いと評判なので、人工芝の防草シートを検討している方にはぜひおすすめですよ。
商品名 ガーデンプロ 防草シート 人工芝用 1m×10m 日本企業開発 ガーデンプロ人工芝用専用防草シート
価格 2,480円
大きさ 1×10m
特徴 ポリプロピレン製平織りタイプで軽量化実現

他の商品とここが違う!【ガーデンプロ】 防草シート 人工芝用 1m×10mの特徴と使ってみた感想

ポリプロピレン製の平織りタイプで、強度がありながらも軽量で、排水性も優れています。軽量であるため、設置が非常に簡単でした。人工芝との相性が非常に良く、見た目も自然で、人工芝の下に敷くのに最適です。人工芝の防草シートを探している方には、間違いなくおすすめしたい商品です。

【XiaZ】 130g/m2 雑草防止シート 1×50M 固定ピン50本と黒丸50枚付き UV剤入り

こちらの防草シートはUV剤で紫外線による劣化を防止しており、高密度の不織布タイプなので、高い遮光率を持っています。耐用年数も5年と耐久性も十分備わっており、長く使用することができます。ロールタイプなので農業用や駐車場などの広い場所にも使用することができますよ。
商品名 XiaZ 130g/m2 雑草防止シート 1×50M 固定ピン50本と黒丸50枚付き UV剤入り 高密度 高耐久性不織布 除草シート 紫外線劣化防止 雑草対策 工事用 園芸用 ロールタイプ 厚手 5年耐久 人工芝下 砂利下設置 家庭菜園 農業
価格 8,599円
大きさ 1×50m
特徴 UV剤入り 高密度 高耐久性不織布

他の商品とここが違う!【XiaZ】 130g/m2 雑草防止シート 1×50M 固定ピン50本と黒丸50枚付き UV剤入りの特徴と使ってみた感想

紫外線による劣化を防ぐ効果があり、長期間にわたって使用できるのが大きな利点です。高密度の不織布タイプで、高い遮光率を持っているため、除草効果も非常に高いです。耐用年数が5年というのも、長期的な使用には理想的です。ロールタイプなので、農業用地や駐車場など広い場所にも簡単に敷くことができました。

【H-bedding】 防草シート

対候剤が配合されたポリプロピレン製不織布タイプなので非常に高耐久となっています。さらにUV剤も配合されているので紫外線に対する劣化にも強く設計されています。加工性も良く、ハサミなどで好みの大きさ・形に簡単にDIYすることができるので、扱いやすい防草シートを探している方にはおすすめの商品ですよ。
商品名 H-bedding 防草シート 高透水 不織布 厚手 高耐久 UV耐候剤配合 紫外線劣化防止 農業 園芸用 工事用 除草剤がいらない 雑草シート ブラック (2x10m)
価格 3,099円
大きさ 2x10m
特徴 高透水 不織布タイプ 厚手だから高耐久

他の商品とここが違う!【H-bedding】 防草シートの特徴と使ってみた感想

この防草シートを使ってみて、非常に高い耐久力に驚きました。高耐久性があり、紫外線による劣化にも強いので、長期間安心して使用できます。また、加工性が良く、ハサミで簡単に好みの大きさや形にカットできるのが大きな利点です。DIYが好きな方や、特定の形やサイズに合わせて防草シートを使いたい方には特におすすめです。

【gomura】 防草シート 1m×20m 除草シート 防そうシート

ポリプロピレン製の高耐久防草シート。通気性・通水性がバツグンで水たまりの心配もありません。さらに加工性が非常に良いため、カットしやすくほつれることがありません。遮光率に関しても95%とほぼ光を通さないので、確実な除草が期待できる防草シートですよ。
商品名 gomura 防草シート 1m×20m 除草シート 防そうシート 固定ピン ぼうそうシート 10年耐久 厚手 高密度 高透水 高耐久 雑草対策 雑草防止 庭 通路 物干し場 園芸用 工事用
価格 3,499円
大きさ 1m×20m
特徴 カットしてもほつれない加工しやすい防草シート

他の商品とここが違う!【gomura】 防草シート 1m×20m 除草シート 防そうシートの特徴と使ってみた感想

通気性と通水性が非常に良いので、水たまりができる心配がなく、雨の日でも安心です。また、加工性が良く、ハサミで簡単にカットできるのがとても便利でした。ほつれることもなく、扱いやすいです。遮光率が95%と非常に高いので、光をほとんど通さず、確実な防草効果が期待できます。

【Haikawi】防草シート 高耐久性不織布100g/m3

こちらはUV耐候剤配合のポリプロピレン製不織布タイプ。透水性も良いので水たまりを作らず、伸縮もするので破れにくい丈夫な防水シートです。性能と比較して値段がお手頃で入手しやすいので、安くて丈夫な防草シートが欲しい方にはおすすめの商品ですよ。
商品名 防草シート 高耐久性不織布100g/m3 除草シート厚手 高密度 高透水 雑草防止 Uピン杭 雑草対策
価格 2,099円
大きさ 1×10m~50m
特徴 UV耐候剤配合のポリプロピレン製不織布タイプで高耐久

他の商品とここが違う!【Haikawi】防草シート 高耐久性不織布100g/m3の特徴と使ってみた感想

この防草シートを使ってみて、私の中では大変評価が高いです。透水性が良いので、水たまりができる心配がなく、雨の日でも安心して使えます。伸縮性があるので破れにくく、非常に丈夫です。性能の割に価格が手頃で、コストパフォーマンスが高いのも魅力的です。安価で丈夫な防草シートを探している方には、間違いなくおすすめしたいです。

【Goasis】 防草シート

こちらの防水シートは遮光率の高い不織布タイプ。UV耐候剤が配合されているので紫外線にも強い設計になっています。薄く軽量であるためハサミなどで加工しやすく、好みの大きさ・形に作ることができます。コスパも良いので、お試しに防草シートを設置してみたいという方はこちらがおすすめですよ。
商品名 Goasis 防草シート 高透水 除草シート 不織布 厚手 高耐久 UV耐候剤配合 紫外線劣化防止 農業 園芸用 工事用 雑草成長を抑制 除草剤がいらない 雑草シート 雑草が生えない ブラック (1x10m)
価格 1,599円
大きさ 1×10m
特徴 UV剤配合の不織布タイプ リーズナブルな値段

他の商品とここが違う!【Goasis】 防草シートの特徴と使ってみた感想

UV耐候剤が配合されているので、紫外線に強く、長期間の使用に耐える設計が素晴らしいです。シートが薄く軽量なので、ハサミで簡単に加工でき、自分の好みの大きさや形にカスタマイズすることができました。コストパフォーマンスも良く、初めて防草シートを設置してみたいという方には特におすすめですよ。

【Donext】 防草シート 除草シート 1m×10m UV剤入り

こちらは防草シートに使われる押さえピンです。固い地盤などに防草シートを設置する場合、通常のピンでは曲がって固定できないケースが存在します。もし、防草シートの設置を考えている場所の地盤が固い場所であればコチラの丈夫な鋼材ピンで解決することができますよ。
商品名 Donext Uピン杭 黒丸付 100本セット 15cm 防草シート 固定ピン 除草シート 押さえピン 人工芝
価格 1,999円
大きさ なし
特徴 固い地盤でもしっかり固定できる亜鉛メッキ鋼材ピン

他の商品とここが違う!【Donext】 防草シート 除草シート 1m×10m UV剤入りの特徴と使ってみた感想

この押さえピンを使って防草シートを設置して思ったことは非常に押える力が強いと言えます。固い地盤でも、通常のピンが曲がってしまうような場所でも、この丈夫な鋼材ピンを使用することで、防草シートをしっかりと固定できました。設置が簡単で、しっかりとした固定が可能なので、防草シートの設置を考えている方、特に地盤が固い場所での使用を検討している方には、この鋼材ピンをおすすめします。

【安全くん】ザバーン防草シート 240G 1m×10m

米国デュポン社製のザバーン防草シート。高遮光率・高耐久で水たまりも出来にくいです。耐用年数も5年以上と長持ちしてくれるので、長期間の除草効果を期待したい方にピッタリの防草シートです。
商品名 ザバーン防草シート 240G 1m×10m グリーン デュポン社 防草シート
価格 5,880円
大きさ 1×10m
特徴 米国デュポン社製の防草シート

他の商品とここが違う!【安全くん】ザバーン防草シート 240G 1m×10mの特徴と使ってみた感想

高遮光率で日光をしっかりと遮断し、強力な除草効果があります。また、高耐久性があるので、水たまりができにくく、耐用年数が5年以上と長持ちするのが非常に良い点です。長期間にわたって除草効果を期待している方には特におすすめできます。設置も簡単で、一度敷いてしまえば、長期間にわたって手間をかけずに済んだため日頃のお手入れが面倒な人におすすめです。

【SGALUPA】防草シート 除草シート 1×10m(2枚)

こちらはポリプロピレン製不織布の高耐久防草シート。耐用年数も最大5年となっています。UV剤配合で紫外線の劣化にも強くしてあり、エンボス加工で排水性・通気性が良くなっているので、水たまりも出来にくい設計になっています。値段もお手頃なので、防水シートに悩んでいる方はコチラもおすすめですよ。
商品名 防草シート 除草シート 1×10m(2枚) 不織布 固定ピン30本と黒丸30枚付き 厚手 高透水性 UV耐候剤配合 高耐久 高密度100g/㎡ 固定ピン長さ15cm ブラック
価格 3,440円
大きさ 1×10m
特徴 ポリプロピレン製 厚手 不織布の高耐久

他の商品とここが違う!【SGALUPA】防草シート 除草シート 1×10m(2枚)の特徴と使ってみた感想

耐用年数が最大5年と長く、UV剤が配合されているため紫外線による劣化にも強いです。エンボス加工が施されているおかげで排水性と通気性が良く、水たまりができにくい設計が特に気に入りました。価格も手頃で、コストパフォーマンスが高いので、防草シートを探している方には特におすすめしたいです。

【セフティー3】 高密度防草シート 玄 耐候性約3年 幅0.5m×長さ50m

高密度不織布タイプで高遮光・高耐久の防草シートになっています。用意されているシートの耐候性年数も3・5・7年予算と相談して選ぶことができます。通気性も備わっているので、水たまりができにくく、蒸れにくいので清潔に保つことも出来るのもいいですよね。コスパが良いので、お手頃に防草シートを購入したい方にはおすすめの商品です。
商品名 セフティー3 高密度防草シート 玄 耐候性約3年 幅0.5m×長さ50m
価格 3,739円
大きさ 0.5×50m
特徴 選べる耐候性年数 長持ちの高密度平織り仕様

他の商品とここが違う!【セフティー3】 高密度防草シート 玄 耐候性約3年 幅0.5m×長さ50mの特徴と使ってみた感想

使ってみた感想として、通気性が良いため水たまりができにくく、蒸れにくいのでシート下が清潔に保たれるのも大きなメリットです。コストパフォーマンスが良く、手頃な価格で高品質な防草シートを手に入れることができるので、防草シートの購入を考えている方には特におすすめします。使い勝手が良く、長期間にわたって効果的に使用できるので、大変満足しています。

防草シートの失敗しないおすすめの敷き方

防草シートを敷くにあたって注意点やコツがあります。防草シートの施工手順に自身がない方はぜひ参考に見ていってくださいね。

敷くときに必要なもの

防草シートを敷く前に必要なものを紹介していきます。

購入した防草シート

防草シートを敷くにあたって、敷く防草シートを事前に購入して準備してください。

シート押さえピンセット

シート押えピンセットがあることも確認してください。防草シートに付属していることもありますが、付属していない場合は別売りで購入して用意する必要があります。

防草シート用テープ

完全な遮光のために、防草シートの隙間や打ったピンの穴などにテープを張ってふさがなければなりません。なるべく遮光性の高いテープを用意してください。

ハンマー

ピンを打つ用のハンマーです。ピンを地面に打ち込むので、重量のあるしっかりとしたハンマーを用意してください。

ハサミ・カッター

防草シートをカットして加工するためのハサミ・カッターです。切れ味の良いものを用意してください。

軍手

園芸作業なので手が汚れます。軍手を用意しておきましょう。

メジャー

敷きたい場所の縦×横を測定するのに使用します。敷きたい場所の長さが分からなければ防草シートをカットできませんので、準備しておきましょう。

敷くときの手順

防草シートの施工手順について解説していきます。手順を細かく分けて紹介していきますね。

1.敷く場所の砂利などを取り除き整地する

始めに敷く場所の整地からです。砂利や大きな雑草を取り除いてください。整地を行うことで防草シートの劣化を遅くすることができます。

2.専用の釘で端を固定する

防草シートを敷くときにズレてしまわないように、先にシートの端を用意した専用の釘で固定してしまいましょう。釘の間隔は50cmを目安に打ち込んでください。

3.専用の固定ピンで真ん中を固定する

端の固定が完了したら真ん中の数列を同様に50cm間隔で専用釘を打ち込んでください。

4.防草シート専用テープで補強する

防草シートを2枚重ねていたら隙間を埋めるように張ってください。光漏れを完全に防ぐために2重に張っておくと安心ですよ。

5.全ての釘穴をテープで塞いだら完了

打ち込んだ釘穴からも光が入ってしまいます。釘穴にもテープを貼ってください。全ての釘穴をテープで塞げば、防草シートの設置完了です。

【見栄えアップ】防草シートの上に敷くのにおすすめのもの

防草シートは敷いてそのままだと見栄えが悪いです。防草シートの上に敷くと見栄えがよくなるものを紹介していきますね。

人工芝

防草シートの上に人工芝を敷くことでキレイな庭が出来上がります。見栄えが良くなるのも良いですが、子供やペットの遊び場にもなりますので、おすすめですよ。 防草シートを敷かずにそのまま人工芝を敷いてしまうと、隙間から雑草が生えてきてしまいますので、防草シートは必ず敷くようにしましょう。

レンガやコンクリートタイル

レンガやコンクリートタイルで敷き詰めることでも見栄えが良くなります。ただし、レンガやコンクリートタイルにも注意点があります。防草シートの上に敷き詰めた場合徐々にズレてしまう点です。しっかりズレないようにしたい場合はインターロッキングなどにして、地面にしっかり固定してください。

ロックガーデン

ロックガーデンは砕き石を敷き詰めます。砕き石は大きな石を割った大粒の石をイメージしていただければ分かりやすいかと思います。ロックガーデンも砂利や人工芝同様に防草シートの劣化を防いでくれますよ。

細かい砂利や土

防草シートの上に敷くものとして最も人気が高いのが砂利や土です。砂利にも種類がいくつかありますが、白川砂利というものがおすすめです。白川砂利とは日本庭園や京都の神社などに敷かれている白く風情がある砂利です。通常の砂利を使った場合、砂利に付着した泥が雨水などで下に堆積し、そこから雑草が生えてしまうことがあります。白川砂利は泥が付いておらず清潔なのでそういったこともありません。

おすすめの防草シート18選!失敗しない選び方から敷き方まで徹底解説のまとめ

ここまで防草シートについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか?防草シートを選ぶときは自分の環境に合ったものを選ぶことがとても重要だということが分かって頂けたかと思います。 ここまでの内容をまとめると以下の通りです。
  • 防草シートを敷けば数年間、除草作業をしなくて良くなる
  • 防草シートは日光を遮光して雑草の光合成を防いでいる
  • 防草シートは遮光性と耐用年数を見て選ぶ
  • 広い場所にはロールタイプ、狭い場所にはジョイントタイプを選ぶ
  • 防草シートは専門店、ホームセンター、ネット通販から入手できる
  • 防草シートだけだと見栄えが悪くなるので上にタイルや人工芝を敷くといい
防草シートは敷くのはとても大変ですが、一度敷いてしまえば数年は除草作業から解放されます。実際、防草シートを使用して感激している方も多く、今では人気の商品です。防草シートの購入を検討している方はぜひ本記事を役立ててくださいね。 最後までお読みいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENには他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、ぜひご覧ください。