バラ(薔薇)の花言葉|本数や色別の花言葉から怖い由来まで徹底紹介

バラ(薔薇)の花言葉|本数や色別の花言葉から怖い由来まで徹底紹介
記事内に商品プロモーションを含む場合があります  #PR

目次

大切な方へのプレゼントとして定番でもあるバラですが、意外と基本をご存じない方が多いのではないでしょうか。実はバラの花言葉には複雑な意味が込められれているんです。 そこで今回は
  • バラの花言葉とは?
  • バラの花言葉には怖い意味はある?
  • いつの誕生花?
  • 色別に分かれた花言葉をご紹介!
  • さらに本数でも意味が異なる花言葉とは?
  • バラの特殊な花言葉?
  • どんな時に贈ると喜んでもらえる?
  • 実際に贈った方の体験談をご紹介!
以上の内容をご紹介していきます。 この記事を読めば、バラの花言葉についてかなり詳しくなることができます。大切な人にバラを贈る時には、ぜひ意味を込めて贈りましょう。

そもそも花言葉とは?

まずそもそも花言葉とはなんでしょうか。花言葉とは、花や植物が持つ特定の意味やメッセージを伝えるために用いられる言葉のことです。それぞれの花には、花の形状、色合い、香り、季節の特徴など、独自の特性があります。これらの特徴や文化的な背景をもとに、人々は花に象徴的な意味を与え、花言葉が形成されました。

花言葉はその植物の特徴が由来となっている

花言葉はその植物の特徴が由来となっています。花の美しさや香り、色合いなど、植物が持つ独自の特性が、人々によって言葉に変えられたのです。例えば、ひまわりの花言葉は「憧れ」他にも、桜の花言葉は「純潔」など、様々な植物の特徴が花言葉として伝えられています。このように、花言葉は自然の美と特性を言葉で表現する一つの手段となっています。

プレゼントの参考にされることが多い

花言葉は、愛情や友情、感謝の気持ちなど、さまざまな感情やメッセージを表現するために使われます。また、悲しみや喜び、勇気や希望など、人生の様々な瞬間やテーマにも関連付けられることがあります。花言葉を使うことで、花を通じて思いやりや思い出を伝えたり、相手とのコミュニケーションを深めることができるようになるんです。そんな花言葉は花束やアレンジメントに添えられたり、カードやメッセージとして用いられたりします。花言葉は言葉以上に繊細で感情的な意味を持ち、言葉では表現しきれない思いを伝える重要な手段となっています。

バラ(薔薇)ってどんな植物なの

今回は「バラ」の花言葉についてご紹介していきます。言わずとしれた有名な花である「バラ(薔薇)」ですが、意外にも詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか。プロポーズの時に贈る花束として鉄板なバラについて知識を深めることで、様々なシーンでバラを用いることができるようになります。

中国が原産地であるバラ科の植物

バラの原産は意外に思われるかもしれませんが、中国やチベットが原産の植物なんです。西洋のイメージがあるかもしれませんが、アジアが原産なんです。漢字では「薔薇」と表記されます。古代中国では、すでにバラの栽培が行われ、その美しい花が人々を魅了していました。中国では、咲き乱れるバラは高貴さや優雅さを象徴する花とされており、宮廷や貴族の庭園で特別な扱いを受けていました。

品種によって開花時期や1年に咲く回数も違う

中国で栽培された後、バラは西洋を中心に世界中に広まり、さまざまな品種が育成されました。バラはその多様性と美しさから、世界中で人気のある花となりました。花の形や色合いのバリエーションが豊富であり、その香りも独特で魅力的です。そんな世界に広がっていったバラは品種によって開花時期や1年に咲く回数も異なります。品種ごとの開花時期や咲く回数の違いは、庭や花壇の計画や管理において重要な要素となります。それぞれの特性を考慮して、バラを選ぶことで長い期間にわたって花の楽しみを味わうことができるのもバラに魅力の1つです。

花色はたくさんありカラフル

バラの花色は非常に多様であり、カラフルな美しさが特徴です。バラの品種によって、赤、ピンク、黄色、白、オレンジ、紫など、さまざまな色合いの花を楽しむことができます。カラフルな花色は、庭や花壇を鮮やかに彩り、人々の目を楽しませます。花束やアレンジメントにも多様な色のバラを組み合わせることで、さまざまな感情やメッセージを表現することができます。バラの美しさと多様性は、人々を魅了し続けています。

バラの花言葉とは?怖い意味がある

もちろんバラにも花言葉が存在します。バラの花言葉は他の植物に比べ少し特殊な意味をもっているんです。基本的な植物は、その植物に複数の花言葉があることが大半ですが、バラの花言葉は細かく分かれており、たくさんあることが特徴的です。そのためプレゼントのシーンにあった花言葉を選び、バラの本数を選んであげるとよいでしょう。

バラの花言葉には色別と本数別の花言葉がある

バラの花言葉には、色別や本数別による意味合いがあります。各色や本数には、独自の象徴やメッセージが込められています。それぞれの色や本数を組み合わせることで、特定の感情やメッセージをより具体的に表現することができます。バラの花言葉は、贈り物や特別な場面で用いられ、愛や感謝、友情などの深い意味を伝える重要な手段になっているんです。

黒いバラの花言葉には怖い意味がある

カラフルなバラですが、黒いバラが存在します。お花の種類で黒色は珍しいですよね。ですが、珍しいからといって、贈り物に選んでしまうと相手を誤解させる恐れがあるんです。黒いバラの花言葉には、「死」といったネガティブな怖い意味合いが関連付けられています。黒は暗さや悲しみを連想させる色です。そのため、黒いバラは喪失や別れといった哀愁や悲しみを表現する花とされているので注意しましょう。

バラは2月25日・6月19日・7月14日などの誕生花

誕生花とは、その人の誕生日に対応する花のことを指します。各月には、それぞれの誕生花が定められており、その花はその人の特性や意味を象徴するものとされています。誕生花を贈ることで、その人への思いやりや祝福の意味を伝えることができます。バラが誕生花である日は「2月25日」「6月19日」「7月14日」の誕生花になっています。この日が誕生日の方へバラを贈ってみてはいかがでしょうか。

色別の誕生花もある

バラには色別の誕生花も存在します。バラは多彩な花色を持ち、それぞれの色には異なる意味合いが込められています。具体的にはピンクのバラは「3月26日」、赤いバラは「6月1日」の誕生花となっています。バラを誕生花として贈ることで、その人の個性や誕生月にふさわしいメッセージを伝えることができます。

バラの色別の花言葉一覧

バラの基本的な情報を抑えたところで、今回のメインテーマである花言葉についてご紹介していきたいと思います。バラに花言葉は色、本数によって複雑に分かれています。そのためストレートに思いを伝えたいのであれば、単色で揃えてあげるのがよいでしょう。その他にもいくつかの色を使った花束も素敵な贈り物になるでしょう。

赤いバラ【愛情】【情熱】【熱烈な恋】【あなたを愛してます】

赤いバラは、花言葉において「愛情」「情熱」「熱烈な恋」「あなたを愛してます」という意味を持つ特別な花とされています。その鮮やかな赤色は、深い情熱や真摯な愛情を象徴し、言葉に表せない思いを伝える強力な方法となります。そんな赤いバラの花言葉を贈ることは、愛する人への思いやりと尊重を示す重要な行為です。その美しさと意味合いから、赤いバラは特別な日やロマンチックな場面で贈られることが多く、恋人やパートナーへの愛を深く表現する手段として広く愛されています。

白いバラ【純潔】【私はあなたにふさわしい】【純潔】【清純】

白いバラは、花言葉において「純潔」「私はあなたにふさわしい」「純潔」「清純」という意味を持つ特別な花とされています。その清らかな白色は、純粋さや清潔さを象徴し、心の中に宿る純潔な愛情を表現するための手段になります。白いバラの持つ清潔な美しさや上品な香りは、相手に対して純粋で心地よい愛情を伝えるだけでなく、自分自身が相手にとってふさわしい存在であることを示す力も持っています。

ピンクのバラ【しとやか】【上品】【可愛い人】【愛の誓い】

ピンクのバラは、花言葉において「しとやか」「上品」「可愛い人」「愛の誓い」という意味を持つ特別な花とされています。その柔らかなピンク色は、優雅さや女性らしさを象徴し、相手に対する深い愛情や誓いを表現するための美しい方法となります。ピンク色のバラには相手に対して上品で愛らしい感情を伝えることができます。しとやかさと優雅さを象徴し、相手に対して敬意を示すだけでなく、可愛らしさや柔らかな愛情を伝える力を持っています。

青色のバラ【夢かなう】【奇跡】【神の祝福】

青色のバラは、花言葉において「夢かなう」「奇跡」「神の祝福」という意味を持つ特別な花とされています。その神秘的な青色は、夢や希望を象徴し、奇跡的な出来事や神の祝福を表現することができます。そんな青色のバラの花言葉を贈ることは、相手への信じられないような幸運や奇跡を願う重要な行為です。その美しさと意味合いから、青色のバラは特別な日や特別な瞬間で贈られることが多く、相手に対して夢や希望、そして神の祝福が訪れることを深く願う色として様々なシーンで用いられています。

黄色のバラ【友情】【平和】【愛の告白】

黄色のバラは、花言葉において「友情」「平和」「愛の告白」という意味を持つ特別な花とされています。その明るい黄色は、温かさや希望を象徴し、友情や平和を表現するための象徴的な手段となります。黄色の鮮やかなバラは、心温まる友情や協力関係を象徴し、相手に対して愛情を告白する力を持っています。黄色のバラの花言葉を贈ることは、相手への深い友情や平和を願うことができます。その美しさと意味合いから、黄色のバラは特別な日や友情の証として贈られることが多く、相手に対して温かさや幸福、そして愛の告白を深く表現することが可能です。

オレンジのバラ【無邪気】【魅惑】【絆】【信頼】

オレンジのバラは、花言葉において「無邪気」「魅惑」「」「信頼」という意味を持つ特別な花とされています。その鮮やかなオレンジ色は、活力や陽気さを象徴し、無邪気さや魅力、絆や信頼を表現することができます。オレンジのバラが持つ温かな色合いと魅力的な香りは、相手に対して心の中の絆や信頼を示すだけでなく、困難な状況でも支え合い、互いを信じる力を伝えることができます。

緑色のバラ【穏やか】【希望を持ち得る】

緑色のバラは、花言葉において「穏やか」「希望を持ち得る」という意味を持つ特別な花とされています。その爽やかな緑色は、平和や穏やかさを象徴し、希望を抱くことができる力を表現することができます。緑色のバラの花言葉は、相手に対して穏やかさや安らぎ、そして未来への希望を伝えるため手段となります。その清々しい緑色は、心を和ませる穏やかさや安心感を象徴し、相手に対して希望を持ち続ける力を与えることができます。

紫色のバラ【気品】【誇り】【尊敬】

紫色のバラは、花言葉において「気品」「誇り」「尊敬」という意味を持つ特別な花とされています。その鮮やかな紫色は、高貴さや気品を象徴し、相手に対する尊敬や自己誇りを表現するための象徴的な手段となります。紫色のバラが持つ深みのある色合いや上品な香りは、相手に対して高い尊敬や敬意を示すだけでなく、相手の価値を認め、尊重する気持ちを伝える力も持っています。

レインボーのバラ【無限の可能性】【奇跡】

バラにはなんと虹色のバラもあるんです。レインボーのバラは、花言葉において「無限の可能性」「奇跡」という意味を持つ特別な花とされています。その美しいレインボーカラーは、無限の可能性を象徴し、奇跡的な存在として認識されています。レインボーのバラの花言葉は、相手に対して無限の可能性や驚異的な奇跡を伝えることができます。その鮮やかで多彩なカラーパレットは、人々に希望と勇気を与え、限界を超える力を表現することができます。

バラの本数ごとの花言葉

バラの花言葉は色別の他に、本数でも意味が異なってきます。1本から108本まで様々な意味が込められているんです。ご自身の気持ちを伝える時にはピッタリの本数を準備してプレゼントしてみてください。事前にお花屋さんに相談して、本数を準備してもらうとより安心です。

1本【ひとめぼれ】【あなたしかいない】

1本のバラには、花言葉として「ひとめぼれ」「あなたしかいない」という特別な意味が込められています。そのたった1本のバラは、一目見た瞬間に強い魅力や特別な存在感を感じさせ、相手に対して特別な感情を伝える象徴的な花となります。たった1輪かもしれませんが、その込められた思いは特別なものになるでしょう。

2本【この世界は二人だけのもの】

2本のバラの花言葉は、相手に対して「この世界は二人だけのもの」という深い絆や愛情を伝えるための特別な方法です。その2本のバラが持つ美しさと調和は、二人の関係を強調し、世界が二人だけの特別な場所であることを示す力を持っています。2本のバラは、相手との結びつきや特別な関係を象徴し、2人だけの世界が美しく花開くことを表現してくれます。

3本【告白】【あなたを愛しています】

3本のバラの花言葉は、相手に対して「告白」や「あなたを愛しています」という強い感情を伝えるための特別な方法です。3本のバラが束ねられることで、愛の言葉が一層強調され、相手に対する愛情や告白の意味が深まります。3本のバラは、相手に対して心からの愛を告白し、その愛が束ねられた花束として贈られることで、愛情の重みや真摯さを表現することができます。

5本【あなたに出会えた事の心からの喜び】

5本のバラには、花言葉として「あなたに出会えた事の心からの喜び」という特別な意味が込められています。その5本のバラは、相手との出会いによって生まれる喜びや感謝の気持ちを表現し、特別な縁や幸福を象徴する花束となります。5本のバラが一緒に存在することで、出会いの尊さや喜びがより一層伝わりますね。

10本【あなたは全てが完璧です】【かわいい人】

10本のバラには、花言葉として「あなたは全てが完璧です」「かわいい人」という特別な意味が込められています。その10本のバラは、相手の完璧さやかわいらしさを賛美し、深い愛情や称賛の気持ちを表現する花束となります。相手を絶賛する意味が込められた10本のバラを束ねることで、相手の魅力や完璧さが一層強調され、深い愛情や称賛の意味が深まります。

12本【私と付き合ってください】

12本のバラには、花言葉として「私と付き合ってください」という特別な意味が込められています。12本のバラは、相手との関係を深め、真剣な恋愛やパートナーシップを求める気持ちを表現する花束となります。大切な方への告白に使うことがおすすめですが、場面を間違えてしまうと、相手を勘違いさせてしまう恐れがあるので注意しましょう。

99本【永遠の愛】【ずっと好きだった】【ずっと一緒にいてください】

次は少し本数が増えて99本のバラに込められた思いをご紹介します。99本のバラには、花言葉として「永遠の愛」「ずっと好きだった」「ずっと一緒にいてください」という特別な意味が込められています。99本のバラの花束には、相手との絆や愛情を永遠に誓い、ずっと一緒にいることを約束する花束となります。結婚記念日や特別な時のプレゼントにはピッタリの本数になりますね。

100本【100%の愛】

続いてキリが良い数字である100本のバラに込められた思いをご紹介します。100本のバラの花言葉は、相手に対して「100%の愛」という真心からの想いを伝えるための特別な方法です。100本のバラが束ねられることで、愛情の完全さや純粋さが一層強まります。ここまでくると花束も大きくなり、受け取った時のインパクトは絶大です。ですが同時にかなり場所をとってしまうので、贈るときはタイミングをしっかり確認しておきましょう。

108本【結婚してください】

108本のバラには、花言葉として「結婚してください」という特別な意味が込められています。108本のバラの花束は、相手との結婚を真剣に望み、共に一生を過ごすことを約束する花束となります。プロポーズのシーンでよく用いられるバラですが、108本の花束となるとかなり見応えがあります。受け取った相手もきっと喜んでくれることでしょう。

こんなことにも花言葉が!バラの特殊な花言葉

バラには色別、本数別に花言葉があることをご紹介してきましたが、なんとバラの部位別にも花言葉があるんです。かなり細かく分かれていますが、それだけバラに様々な思いを込められていることがわかります。花だけでなく、他の部位にも意味があることで、花全体に気持ちを込めることができますね。

バラの部位の花言葉

花全体に花言葉を持つバラですが、特に「葉」と「つぼみ」の花言葉が込められています。つぼみの状態で贈ることで、開花までの時間を含め、長くバラを楽しむことができます。またゆっくりと花が広がっていく姿を見ることができるので、つぼみの状態もおすすめなんです。

葉【諦めないで】【あなたの希望を持ち帰る】

バラの葉には、花言葉として「諦めないで」「あなたの希望を持ち帰る」という意味が込められています。バラの葉は、美しい花を守りながらも、脆さや強さを持っています。葉がバラの花に寄り添うように存在し花を美しく引き立てながらも、その存在自体が生命力や希望の象徴となっています。

つぼみ【愛の告白】【若さあふれる日】

つぼみには、花言葉として「愛の告白」「若さあふれる日」という特別な意味が込められています。そのつぼみは、まだ開花していない花の形でありながら、将来の美しい花へと変わる可能性を秘めています。それは、相手に対して愛の告白をする勇気や若さあふれる日々を共有し、一緒に成長し続けることを願うメッセージを伝えることができます。

バラの状態の花言葉

バラの花は大きく見応えがありますよね。そんなバラの花ですが満開の状態が非常に美しく人気も非常に高いです。ですが「綺麗なものにはトゲがある」なんて言葉がある通り、綺麗なバラにはトゲがあるんです。茎にトゲを持っているので相手を傷つけ無いように気をつけましょう。

満開のバラ【私は人妻】

満開のバラには、結婚生活や家庭の中で成長し輝く人妻の象徴が宿っています。花の鮮やかな色彩は、人妻の愛情や温かさを象徴し、その香りは家庭に広がる幸せな空気を表現しています。そこで満開のバラを贈ることで、相手に対して「私は人妻としてあなたの傍で幸せを共有し、家族としての絆を大切にしていくことを誓います」という気持ちを表現することができます。

トゲのないバラ【誠意】【友情】

トゲのないバラは、その特徴から「誠意」「友情」という花言葉が込められています。バラの花びらには通常、トゲがありますが、トゲのないバラはその特異性から、より柔和で優しいイメージを与えることができます。トゲのないバラは、まるで心の中にとげを持たないような人間関係やコミュニケーションを象徴しています。花びらの柔らかさや触れる感触から、誠実な心意気や純粋な友情を想起させます。

バラの花言葉にあった贈り物のシーン

そんな様々な意味が込められたバラですが、どんなシーンでプレゼントするのが良いのでしょうか。よくイメージされることのある、プロポーズのシーンだけでなく他にも色々な場面でバラを贈ることは有効です。人生の一大決心の場面だけでなく、普段の感謝の気持ちを込める時にも、ぜひバラを活用してみましょう。

プロポーズの時に花束として贈られる

プロポーズの際には、バラの花束を贈り、その美しさと愛情を込めたメッセージを相手に伝えましょう。バラの花束は、特別な瞬間をより一層輝かせ、二人の関係を深める素晴らしい贈り物となること間違いありません。バラの花束を贈ることで、その鮮やかな花々や甘い香りによって、プロポーズの場にロマンティックな雰囲気を演出します。花束を手にした瞬間、相手の心に喜びや感動を与え、愛の告白が一層輝かしいものになることでしょう。

結婚記念日など恋愛に関する記念日に贈られる

結婚記念日や恋愛に関する記念日は、二人の愛と絆を祝う特別な日です。このような日にも、バラの花を贈ることはとてもおすすめです。バラの花束は、相手に対する愛情と感謝の気持ちを伝えるだけでなく、特別な日をより特別なものにしてくれます。バラを贈る事で、過去の喜びや困難を超えて、二人の未来への希望と絆を育む大切なシンボルとなるでしょう。

誕生日プレゼントや感謝を伝えたい時にも

バラは愛情や感謝の象徴であり、その美しさと香りは心を打つものです。花束を贈ることで、相手に対する思いやりと尊敬の念を表現し、一層の絆を深めることができます。バラの花の贈り物は、特別な日や特別な感謝の瞬間に、相手に喜びや感動を与えることができます。

花言葉の意味を込めたバラの贈り物の体験談

最後にご紹介していくのは、実際にバラを贈った方の体験談をご紹介していきます。一般的にはプロポーズの時にプレゼントするイメージが強いかと思いますが、ここまでご紹介してきた通り、様々な花言葉をバラは持っています。そのため、どんな時でもバラは贈り物にふさわしいとされているんです。ここでご紹介する体験談を参考にバラを贈って楽しんでみて下さい。

プロポーズの際にバラの花束を

まずはバラの花束と言えば、欠かせないのがプロポーズの瞬間ですよね。相手が結婚のOKを出してくれるかドキドキの人生の大切なターニングポイントです。そんな大切な日を飾るためには、やはりバラの花束は外せませんね。そこでまずはプロポーズにバラの花束を贈った方の体験談をご紹介します。 まずはバラが好きな彼女にバラを贈った時の体験談です。
私は長年愛し続けた彼女にプロポーズをすることに決めました。彼女がバラが大好きなことを知っていたので、特別な日に彼女の前にバラの花束を持っていきました。花束には彼女のお気に入りの色である赤いバラをたくさん使用し、その中に1本だけ特別な白いバラを添えました。プロポーズの瞬間、彼女は驚きと感動の表情を浮かべ、喜びの涙を流しました。その後、彼女は喜んでプロポーズを受け入れてくれ、無事結婚することができました。
プロポーズは自分だけでなく、相手にとっても大事な思い出となります。せっかくなら何度思い出しても素敵な気持ちになるよう、しっかり準備をして気持ちを伝えたいものです。バラの花束は非常に繊細なので、お花屋さんに相談しておくとより良いですね。 続いても同じくプロポーズにバラの花束を贈った方の体験談です。
プロポーズの際に、私は彼女に感謝と愛情を伝えるためにバラの花束を贈りました。彼女とは長い付き合いで、私たちの関係はお互いの成長と絆で築かれてきました。プロポーズの日には、彼女の大好きなピンクのバラの花束を用意しました。バラの花束は彼女の前で広げ、その中央には指輪が飾られていました。彼女は驚きと感激の表情で私を見つめ、喜びの涙を流しました。バラの花束は私たちの愛と共に成長してきた証であり、プロポーズの瞬間を特別なものにしました。彼女は感動的なプロポーズを受け入れ、バラの花束を大切にしまいました。今でもその花束を見るたびに、私たちの愛と幸せな思い出が蘇ります
長年付き合っている方へ感謝や気持ちを伝えることは、少し気恥ずかしいかもしれません。しかし一大決心をするプロポーズではキチンと気持ちを伝えましょう。そこでバラの花束を贈ることで、自分と相手がしっかりと向き合い、人生を共にする気持ちを伝えることができます。プロポーズにはぜひバラの花束を贈って下さい。

記念日プレゼントに添えて贈った

続いてご紹介するのは記念日にバラをプレゼントに添えて贈った方の体験談です。長年プレゼントを贈りあっていると、だんだんマンネリ化してくることがあると思います。そこで、バラを添えてあげることで、普段と少し変わった贈り物にすることができるでしょう。 まずは結婚記念日にバラを一緒に贈った方の体験談です。
結婚記念日に妻への特別なプレゼントとして、アクセサリーとバラを1輪添えて贈りました。私たちの結婚は長い時間を共に過ごし、多くの喜びや困難を共有してきました。その節目の日には、感謝の気持ちを込めてバラを選びました。妻はプレゼントとバラを受け取った瞬間、喜びと感動で涙ぐんでいました。そのバラは、私たちの結婚生活の美しい思い出や困難を乗り越えた絆を象徴していました。妻はバラを大切にし、私たちの愛を再確認する特別な瞬間となりました。
たくさんの花束も素敵ですが、プレゼントに気持ちを添える意味を込めて、1輪のバラを一緒に贈るのはいかがでしょうか。花言葉を添えて贈ることで、きっと思い出に残る記念日になることでしょう。
恋人との記念日にプレゼントと一緒にバラの花束を贈りました。私たちの関係は長く続いており、互いの成長と愛情が詰まった日々を過ごしてきました。記念日を迎えるにあたり、バラの花束を贈ることで感謝と愛情を表現したかったのです。花束には赤やピンク、オレンジなどの鮮やかな色のバラを組み合わせ、その多様性が私たちの関係の豊かさを象徴していました。恋人はバラの花束を受け取り、驚きと喜びの表情を見せてくれました。その花束は私たちの愛と幸福を象徴し、特別な記念日をより一層素晴らしいものにしてくれました。
花束の良いところは、様々な種類や色の花を使うことができることではないでしょうか。色々な色を用いることで、相手にあった気持ちを贈ることができます。伝えきれない思いがある場合は、花束をアレンジメントしてもらうこともおすすめですよ。

誕生日プレゼントの花束の1種類に

最後にご紹介する体験談は、誕生日プレゼントにバラを含めた花束を贈った方の体験談です。花束は様々な花を用いることで、相手にあったイメージを表現することが可能です。アレンジメントは無限大なので、ぜひプロに相談してみることがおすすめです。気になったらぜひお花屋さんに足を運んでみて下さい。
友人の誕生日に特別な花束を贈りました。彼女は自然や植物が大好きで、特に野の花に興味がありました。そこで、彼女の誕生日には自然の美しさを感じられるような花束を贈ることにしました。花束には野生の花や色鮮やかな野の草花を集め、彼女の好きな色である青と紫のバラを中心にアレンジしました。彼女は花束を受け取った瞬間、驚きと喜びの表情を浮かべ、感動の言葉をくれました。
自然を感じることができるアレンジメントの中に、可憐なバラを入れることで、一気に華やかな印象に仕立てることができます。落ち着いた雰囲気にアクセントを加えることができるバラは、花束にもおすすめです。 続いてはお母さんの誕生日にバラを贈った方の体験談です。
母の誕生日に花束を贈ることにしました。母は花が好きで、庭で季節ごとの花を育てるのが日課でした。彼女の誕生日には、庭の花々で作った特別な花束を贈ることにしました。花束には彼女が大切に育てたバラやラベンダー、チューリップなどの花を慎重に選び、アレンジしました。その花束は母の誕生日を祝福するだけでなく、私たちの感謝と愛情を伝える特別な贈り物になりました。
花束はなにもお店で選ぶものでもありません。ご自身で育て、アレンジメントをして贈ることも可能です。育てるところから行うことで、気持ちを込めることが可能です。受け取った相手もきっと喜んでくれることでしょう。

【まとめ】バラ(薔薇)の花言葉|本数や色別の花言葉から怖い由来まで徹底紹介

いかがでしょうか。今回ご紹介してきたのは
  • 黒いバラにはネガティブな意味があるので、贈る時は注意!
  • 「2月25日」「6月19日」「7月14日」の誕生花
  • ピンクのバラは「3月26日」、赤いバラは「6月1日」の誕生花
  • 赤いバラは「愛情」「情熱」「熱烈な恋」「あなたを愛してます」
  • 白いバラは「純潔」「私はあなたにふさわしい」「純潔」「清純」
  • ピンクのバラは「しとやか」「上品」「可愛い人」「愛の誓い」
  • 青色のバラは「夢かなう」「奇跡」「神の祝福」
  • 黄色のバラは「友情」「平和」「愛の告白」
  • オレンジのバラは「無邪気」「魅惑」「絆」「信頼」
  • 緑色のバラは「穏やか」「希望を持ち得る」
  • 紫色のバラは「気品」「誇り」「尊敬」
  • レインボーのバラは「無限の可能性」「奇跡」
  • 本数毎にも意味が異なる
  • 葉やつぼみにも花言葉を持つ
以上の内容をご紹介してきました。 色毎に花言葉が込められているバラは様々な人に愛されていることがわかります。そんな気持ちがこもったバラは、相手に伝えたい思いと共に贈るのが最適です。ぜひプレゼントに美しく咲き誇るバラを上手に選んでみて下さい。 最後までお読みいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENには他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、是非ご覧ください。