ハンゲショウの花言葉とは?花言葉の由来から贈られるシーンまで紹介!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります  #PR

目次

皆さんはハンゲショウというお花をご存知でしょうか。お花の開花と同時に下の葉が白く変色する、ちょっと変わった植物のハンゲショウですが、せっかくお世話になった人に贈るならどのような花言葉をもっているのか、どのようなシーンに送るのが適しているのかを知っておきたいですよね。 この記事では、
  • そもそも花言葉とは?
  • ハンゲショウの花言葉
  • ハンゲショウの色別の花言葉
  • ハンゲショウの花言葉の由来
  • ハンゲショウはどんな花を咲かせるの?
  • ハンゲショウを送るのに適したシーン
について紹介していきます。 この記事を読めば、ハンゲショウのことをあまり知らない人から大切な人にお花を送ろうと考えている人もハンゲショウについて詳しく知ることができます。ぜひ最後までご覧ください。

そもそも花言葉とは?

花言葉は、花に込められたメッセージや感情を表現する言葉のことを指します。これは古くからの伝統であり、多くの文化や歴史的背景、さらには伝説や物語に基づいて形成されてきました。特定の花には特定の意味や感情が結びつけられており、それにより花を贈る際に、その花が持つ花言葉を通じて、贈る人の深い気持ちやメッセージを相手に伝えることができるのです。 この伝統は、人々の間でのコミュニケーションの一形態として、また、感謝や愛情の表現として重要な役割を果たしてきました。

怖い意味はある?ハンゲショウの花言葉

ハンゲショウは、その独特な外見と特性から「内気」と「内に秘めた情熱」という花言葉を持っています。これらの花言葉は、ハンゲショウの花びらが存在しないこと、そして葉が白く変化する独特の姿からインスパイアされています。

【内気】

ハンゲショウの「内気」という花言葉は、その控えめで目立たない外見から由来しています。しかし、その外見の裏には、強い情熱や意志、そして熱い感情が隠されていることを示しています。この花言葉は、見た目だけでなく、内面の豊かさや深さを大切にすることの重要性を伝えています。

【内に秘めた情熱】

ハンゲショウが持つこの花言葉は、外見の控えめさとは裏腹に、内面に秘められた強い情熱や熱意を表しています。ハンゲショウの葉が白く変化する特性は、外見と内面のギャップや、隠された美しさを象徴しています。

ハンゲショウの色別の花言葉

ハンゲショウの花の色に基づく特定の花言葉は確認できませんでしたが、ハンゲショウの花の主な色である白は、純粋さ、無垢、そして清らかさを象徴する色として広く知られています。この色は、新しい始まりや純粋な愛情を表すことが多いです。

ハンゲショウの花言葉の由来

ハンゲショウの名前にはいくつかの由来が考えられています。夏至から数えて11日目を指す「半夏生」という日にちなんで名付けられたという説や、葉が半分白く変化することから「半化粧」という名前がついたという説など、その名前の背後には深い歴史や文化が存在しています。

ハンゲショウはどんな花を咲かせるの?

ハンゲショウは、日本やフィリピン、中国の湿地や水辺に自生するドクダミ科の多年草であり、夏の終わりから初旬にかけて、繊細な白い花穂を咲かせます。この花の最も特徴的な部分は、開花時に花穂の直下の葉が半分白く変化することで、これがハンゲショウの名前の由来ともなっています。

ハンゲショウの開花時期

ハンゲショウは、6月の終わりから7月初旬にかけての短い期間に開花します。この特定の時期は、「半夏生」という日に非常に近く、この名前がハンゲショウに与えられた理由の一つとされています。

ハンゲショウの誕生花

ハンゲショウの誕生花は7月1日とされており、その美しさと独特の特性から、多くの人々に愛されています。

ハンゲショウが贈られるシーン

ハンゲショウが贈られるシーンには主に以下の3シーンが考えられます。
  • 静かな時を過ごすシーン
  • 新しい挑戦をするシーン
  • 深い絆を感じるシーン

静かな時を過ごすシーン

「内気」という花言葉から、瞑想や静の時間を過ごす際に、ハンゲショウは適した贈り物となります。

新しい挑戦をするシーン

「内に秘めた情熱」という花言葉を持つハンゲショウは、新しいことに挑戦する人や新しいスタートを切る人へのエールとして贈られることが考えられます。

深い絆を感じるシーン

ハンゲショウの控えめな美しさや内面の情熱を感じさせる特性から、深い絆や信頼関係を感じるシーンでの贈り物として選ばれることがあります。

ハンゲショウの花言葉とは?花言葉の由来から贈られるシーンまで紹介!のまとめ

ハンゲショウは、その控えめな外見と独特の花言葉から、さまざまなシーンでの贈り物として選ばれる花として人々に親しまれています。 この記事では
  • ハンゲショウの花言葉は「内気」と「内に秘めた情熱」。
  • 夏の終わりから初旬に白い花穂を咲かせる。
  • 名前の由来には諸説あり、夏至の11日後や葉の白さから名付けられたとされる。
  • 静かな時間や新しい挑戦、深い絆を感じるシーンで贈られる。
について紹介しました。 最後までお読みいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENには他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、ぜひご覧ください。