マリーゴールドの育て方|失敗しないポイントや長生きさせるコツを紹介

マリーゴールドの育て方
記事内に商品プロモーションを含む場合があります  #PR

目次

曲のタイトルにもなり、認知度が高いマリーゴールドという花ですが、実は意外な使い道があることをご存知でしょうか。育てて鑑賞用にするだけではない使い道なんです。この記事では、
  • まずはマリーゴールドの基本情報をご紹介
  • 元気に育てるために考える置き場
  • どんな植物にも必要な水やり
  • 大切な土壌の環境つくり
  • 健康に育つための肥料
  • マリーゴールドのお手入れ方法
  • 人気のマリーゴールドの品種をご紹介
以上の内容をご紹介していきます。 ぜひこの記事を読んで素敵なマリーゴールドを育ててみてください。

そもそもマリーゴールドってどんな植物なの?

そもそもマリーゴールドってどんな植物なの?
マリーゴールドは、庭園や花壇で栽培され、美しい花を咲かせる植物です。マリーゴールドの魅力に迫る前に、まずはマリーゴールドの基本的な情報からご紹介していきます。

メキシコ、中央アメリカを原産とするキク科タゲテス属の一年草

マリーゴールドは、キク科に属し、タゲテス属に分類される一年草です。この鮮やかな花は、元々メキシコと中央アメリカを原産地とし、そこから世界中に広まりました。マリーゴールドの花はオレンジや黄色で、鮮やかで陽気な雰囲気を庭にもたらします。また、一部の品種は赤や白い花を咲かせ、多様な色合いが楽しめます

暑さに強く寒さに弱い性質をもつ

暑さに強く、寒さには比較的弱いとされる植物です。これはマリーゴールドが原産地であるメキシコや中央アメリカの温暖な気候に適応しているためです。マリーゴールドは暖かい気候を好み、充分な陽光と温かさを必要とします。高温の季節には元気に成長し、鮮やかな花を豊富に咲かせます。

独特な香りのする花を咲かせる

マリーゴールドは、その独特な香りで知られる花を咲かせる魅力的な植物の一つです。この花は鮮やかな色合いと美しい外観だけでなく、その特有の香りでも庭園や花壇を飾ります。この花の香りは、品種によって微妙に異なり、一部はよりスパイシーで、他の品種はより柔らかい香りを持っています。

ガーデニング初心者の方にもおすすめ

マリーゴールドは、ガーデニング初心者の方にもおすすめの植物です。その魅力的な特性と育てやすさが、初心者にとって理想的な選択となります。

丈夫で開花期間が長い

マリーゴールドは丈夫な性格を持っており、さまざまな気象条件に適応できます。乾燥した気候にも耐え、適切な日光と水を提供する限り、元気に育ちます。マリーゴールドは丈夫で、長い開花期間を提供するため、庭園や花壇の美化に理想的な植物とされています。

ホウセンカとともに小学校でよく植えられる

マリーゴールドは、ホウセンカとともに、小学校の園芸活動や教育プロジェクトにおいてよく植えられる人気のある花の一つです。マリーゴールドとホウセンカは両方とも育てるのが比較的簡単で、丈夫な性格を持つため、子供たちでも育てやすいことが選ばれる理由になります。さらに、これらの花は美しい花を咲かせ、明るく鮮やかな色合いで庭園や花壇を飾り、子供たちの創造力を刺激します。

マリーゴールドの育て方のポイント①置き場所

マリーゴールドの育て方のポイント①置き場所
マリーゴールドの育て方のポイントを理解すると、美しい花を楽しむことができます。最初のポイントは「置き場所」です。マリーゴールドは適切な場所を選ぶことが成功の秘訣です。

日当たりと風通しの良い場所で管理する

マリーゴールドを育てる際の重要なポイントの一つは、日当たりと風通しの良い場所を選ぶことです。マリーゴールドは太陽光をたっぷり浴びることを好み、十分な陽光を受けることで健康的に成長し、美しい花を咲かせます。したがって、育てる場所を選ぶ際に、日中に直射日光が当たる場所を優先的に選びましょう。

フレンチ種は短日のほうが花つきがよく、高温に弱い

フレンチ種のマリーゴールドは、育て方において日光条件が重要な役割を果たします。特に、この種のマリーゴールドは短日の条件下で花つきが良くなる特性を持っています。日が短くなる季節に、このフレンチ種は美しい花を咲かせますが、高い気温に弱い特徴があります。

アフリカン種は長日のほうが花つきがよく、高温に強い

一方アフリカン種のマリーゴールドは、その育て方において日光条件と耐熱性が特筆すべき特性です。この種のマリーゴールドは、長い日光時間が花つきを向上させる傾向があります。つまり、日が長い季節や、十分な日光を受ける環境で、アフリカンマリーゴールドは美しい花を多く咲かせます。

生育の適温は15℃~20℃ほど

マリーゴールドを育てる際には、15℃から20℃の温度帯を維持することが重要です。15℃から20℃の温度帯は、マリーゴールドの開花時期は秋ですが、秋の気は、マリーゴールドの生育に適しています。この温度帯では、植物の光合成が効率的に行われ、根や茎、葉の成長が促進されます。

室内で育てる場合

室内でマリーゴールドを育てることで、美しい花を楽しむことができますが、適切な環境と手入れが必要です。これらの要点を押さえて、室内で鮮やかなマリーゴールドの花を楽しんでください。

日のよく当たる風通しの良い場所で管理する

マリーゴールドを成功裏に育てるためには、日のよく当たる風通しの良い場所が非常に重要です。選んだ場所が日の当たりが良いことを確認し、日光が確実に届くように配置しましょう。南向きの窓辺やバルコニーなど、陽光がたっぷり差し込む場所が理想的です。また、風通しの良い環境も大切です。空気の循環がよい場所で育てることで、病気やカビのリスクを減少させ、マリーゴールドの健康を維持します。

過湿に注意する

マリーゴールドの栽培において、過湿に注意することは非常に重要です。過度な水分は、根腐れや病気の原因となり、マリーゴールドの健康を害する可能性があります。過湿になると根腐れやカビのリスクが高まり、マリーゴールドの健康に影響を与える可能性があるため、慎重に水やりを行い、適切な湿度と排水条件を確保することが育て方の重要なポイントです。

マリーゴールドの育て方のポイント②水やり

マリーゴールドの育て方のポイント②水やり
マリーゴールドの育て方のポイントの2つ目は、「水やり」です。適切な水やりは、この美しい花を健康的に育て、豊かな花を楽しむために欠かせない要素となります。

マリーゴールドは過湿を嫌う

マリーゴールドは、過湿を嫌う植物の一つです。マリーゴールドを美しく育てるためには、過剰な水やりに気をつけることが重要です。適切な水やりのポイントは、土壌が表面から乾いたら、根元に水を与えることです。過湿になることを避けるために、土壌が長時間湿ったままになることを防ぎましょう。

地植えの場合:乾燥する日が続くときは水やりをする

地植えの場合、特に乾燥する日が続く際には、マリーゴールドに水を供給することが重要です。乾燥した土壌は、根が水を吸収できないため、マリーゴールドの成長に悪影響を及ぼす可能性があります。したがって、気温が上昇し、日光が強烈な日が続く場合、土壌が乾燥していることを確認し、適度な水やりを行いましょう。

鉢植えの場合:土が乾燥したらたっぷりと

マリーゴールドを鉢植えで育てる場合、土壌が乾燥した際には、たっぷりと水を与えることが重要です。鉢植えの土壌は通常、水分が早く乾燥しやすい特性を持っています。したがって、特に暑い日や風通しがよい場所で育てている場合、土壌の乾燥を確認し、土が表面から乾いているときに水をたっぷりと与えましょう。

マリーゴールドの育て方のポイント③土

マリーゴールドの育て方のポイント③土
マリーゴールドの育て方のポイントの3つ目は、「土」です。土の選択と土壌の調整は、この美しい花の健康と成長に重要な要素となります。

水はけの良い土を好む

マリーゴールドは、水はけの良い土を好む植物の一つです。水はけの良い土壌は、過剰な水分が滞留せず、根が十分な酸素を取り入れるのに役立ちます。マリーゴールドは湿度が高くなりすぎた土壌では根にストレスを与え、根腐れなどのトラブルが発生しやすくなります。したがって、土壌が適切な水はけを持つことが重要です。

地植えの場合:腐葉土や堆肥などを混ぜて耕す

マリーゴールドを地植えで育てる場合、成功の秘訣は適切な土壌づくりです。腐葉土や堆肥などの有機物を混ぜて土壌を耕すことが非常に重要です。腐葉土や堆肥を土壌に混ぜることで、土壌の保水性と通気性を向上させます。これにより、マリーゴールドの根が栄養を吸収しやすくなり、水分や酸素を適切に取り込むことができます。また、有機物は土壌に必要な栄養素を供給し、マリーゴールドの成長を助けます。

鉢植えの場合:市販の培養土で育てられる

鉢植えの場合、マリーゴールドを市販の培養土で育てることが便利で効果的です。市販の培養土は、必要な栄養分をバランスよく含んでおり、植物の成長をサポートするために設計されています。そのため、マリーゴールドの鉢植え栽培を始める際に、市販の培養土を利用することは、手軽で確実な方法です。

マリーゴールドの育て方のポイント④肥料

マリーゴールドの育て方のポイント④肥料
マリーゴールドの育て方のポイントの4つ目は、「肥料」です。肥料の選択と適切な施肥は、この美しい花の栄養摂取と健康な成長に欠かせない要素となります。

地植えの場合

マリーゴールドを地植えで育てる場合、適切な肥料の選択と施肥のタイミングは成功の鍵です。マリーゴールドは比較的控えめな栄養要求を持つ植物ではありますが、適度な肥料を提供することで美しい花を豊かに咲かせることができます。

元肥:土づくりの際に施す

元肥は、土壌を改善し、植物の健康な成長を促進するために最初に施される肥料のことを指します。元肥を施すことで、土壌の栄養価を向上させ、pHレベルを調整することができます。これにより、植物が必要な栄養分を吸収しやすくなり、土壌の健康を促進します。また、元肥は土壌の水はけや通気性を向上させ、根の成長をサポートします。

葉が色あせてきたら液肥を施す

マリーゴールドを美しく育てるためには、葉が元気で鮮やかな状態を保つことが大切です。葉が色あせてきたり、元気を失った場合、栄養不足が原因であることが考えられます。このような状態に対処するために、液肥を施すことが役立ちます。

鉢植えの場合

鉢植えの植物は、土壌から限られた栄養を得るため、定期的な肥料の供給が特に重要です。市販のバランスのとれた液体肥料が、鉢植えのマリーゴールドに適しています。

元肥:土づくりの際に施す

元肥を施すことで、土壌の栄養価が向上し、植物の根が必要な栄養分を効果的に吸収できるようになります。また、土壌の保水性と通気性も向上し、根の健康な成長を促進します。元肥は通常、有機物やミネラル肥料の組み合わせで提供されます。有機物は土壌を肥沃にし、微生物の活動を促進し、土壌の生態系を健全に保ちます。ミネラル肥料は主要な栄養分を供給し、植物の成長をサポートします。

追肥:定期的に液肥を与える

追肥は、植物の成長と栄養供給を維持するために、定期的に液体肥料を与える作業を指します。これは、植物が成長する過程で新しい栄養を必要とし、元肥だけでは足りなくなる場合に行われます。追肥は植物の健康な成長を維持し、美しい花や豊かな収穫を実現するために不可欠な手法です。成長段階と植物のニーズに合わせて、適切な追肥スケジュールを設定しましょう。

長期間花を咲かせるため定期的に追肥をする

長期間美しい花を楽しむためには、定期的な追肥が欠かせません。植物は成長期や開花期に特に多くの栄養を必要とし、元肥だけでは長期間の花を楽しむのに十分な栄養を供給できないことがあります。そのため、追肥は美しい花や健康な植物を維持するための鍵となります。

真夏は肥料ではなく活力剤を与える

真夏の暑い季節、植物は特にストレスを受けやすくなります。この時期には肥料ではなく、活力剤を植物に与えることが推奨されます。なぜなら、肥料は通常、植物の成長と栄養供給を促進するために使用されますが、真夏の高温や乾燥の条件下では、植物の根が過度の栄養に対処するのが難しいことがあります。一方、活力剤は植物のストレス耐性を向上させ、健康な成長をサポートする役割を果たします。これにより、植物は高温や乾燥などの厳しい条件下でもより強力に成長し、美しい花や実を結ぶことができます。

マリーゴールドのお手入れ

マリーゴールドのお手入れ
マリーゴールドのお手入れは、美しい花を楽しむために重要なステップです。この魅力的な花を健康に育て、長い間花を楽しむためには、特別な注意と手入れが必要です。ここでは、マリーゴールドのお手入れについて詳しく説明します。

植え付け

植え付けは、マリーゴールドの成功を始める第一歩です。適切な植え付けは、この美しい花の健康な成長を確保し、鮮やかな花を楽しむために不可欠です。

ポット苗の植え付けは霜が当たらない時期に行う

ポット苗の植え付けを行う際、霜が当たらない時期を選ぶことが非常に重要です。霜が苗に影響を与える可能性があるため、適切な時期を選ぶことは苗の生存と健康に直結します。霜の心配のない春や初夏がポット苗の植え付けに適した時期です。この時期には地温が上昇し、気温が安定するため、苗が新しい環境に適応しやすくなります。霜が苗に当たると、凍傷を引き起こし、植物の成長に悪影響を及ぼす可能性があります。

苗の植え付けのしかた

以下に、苗の植え付けの基本的な方法を説明します。
  1. 適切な場所の選定: まず、苗を植える場所を選びます。植物の種類に応じて、適切な日当たりや風通しの良い場所を選びましょう。また、土壌が適切な水はけを持っていることも確認しましょう。
  2. 穴の掘り方: 植える苗のサイズに合った穴を掘ります。通常、穴の深さは苗の根系に合わせ、根がゆとりを持って広がるスペースを確保します。
  3. 苗の準備: 若干の土を苗の根から振り落とし、根を軽くほぐします。これにより、根が土壌としっかりと接触しやすくなります。
  4. 植え付け: 若干の土を穴に敷き詰め、苗を穴にセットします。根が広がるように配置し、過度に押し込まないように注意しましょう。
  5. 土を戻す: 植えた苗を覆うように、追加の土を穴に戻します。軽く押さえつけ、苗を支えるために土を周りに均等に広げます。
  6. 水やり: 植えたらたっぷりと水を与えます。これにより、根が新しい環境でしっかりと根付くことができます。
  7. 保護とお手入れ: 植えた苗には適切な保護が必要です。風や害虫から保護し、必要に応じて支柱を設置して苗を支えましょう。

60㎝プランターに6苗ほどが目安

60cmのプランターでマリーゴールドを楽しむためには、6つの苗ほどを植えるの目安になります。このサイズのプランターは、庭やバルコニーなどのスペースで簡単に配置でき、効果的な花壇を作るのに適しています。6つの苗を植えることにより、プランター内でマリーゴールド同士が適度なスペースを持ち、十分な栄養や水を分け合うことができます。これにより、植物は健康に成長し、美しい花を咲かせることができます。

剪定

剪定は、植物の成長を調整し、健康を維持するための重要なガーデニングスキルです。正しい剪定技術を使うことで、植物はより美しく、花や実を豊富に結ぶことができます。以下に、剪定の基本について説明します。

葉が茂ってきたら剪定を行う

マリーゴールドの葉が茂ってきたら、剪定を行うことが重要です。葉が茂ると、植物の形や健康に影響を及ぼす可能性があります。葉が茂りすぎると、植物の形が乱れがちです。剪定を行うことで、植物の外観を整え、美しい形を維持できます。また葉が密集すると、通風が悪化し、内部の葉や枝が日光を受けにくくなります。剪定により、空気の流れを改善し、光が均等に行き渡るようになります。

カットする枝の見分け方

植物の剪定を行う際、どの枝をカットすべきかを正確に見分けることが重要です。最も明白なカット対象は、古くなり枯れた枝です。これらの枝は通常、茶色や黒っぽくなり、新しい成長が見られなくなります。古い枝は植物のエネルギーを無駄にし、カットして取り除く必要があります。

切り戻し

切り戻しは、植物の剪定作業の一形態であり、マリーゴールドの成長を管理し、健康を維持するために枝や葉を切り取るプロセスを指します。この作業は庭園や農園の管理において植物の外観を整えたり、収穫を増やすために使用されます。

切り戻しにより再び開花が楽しめることも

マリーゴールドは、花が終了するとしばしば茎に枯れた花を残します。この状態で放置すると、エネルギーが古い花に向けられ、新しい花芽の形成が遅れる可能性があります。しかし、適切な切り戻しを行うことで、次の花期に向けて新しい花芽の発生を刺激することができます。

切り戻しの時期:7月頃や9月頃がよい

7月頃や9月頃がマリーゴールドの切り戻しに適した時期とされています。7月頃の切り戻しは、夏の中間に行う理想的なタイミングです。この時期に古い花や茎を切り戻すことで、マリーゴールドは新しい花芽を形成しやすくなります。また、夏の暑さが続く中で、植物のエネルギーが新たな成長に集中するため、秋に向けて健康な植物を育てることができます。9月頃に切り戻すことも有効です。夏の終わりに行う切り戻しは、秋に向けた準備をサポートします。また、秋の季節にマリーゴールドが再び美しい花を咲かせるために、新しい花芽の形成が促されます。

初期に摘心を行うとよい

マリーゴールドの栽培において、初期に摘心を行うことは、植物の健康と美しい成長を促すために非常に有益です。摘心を行うことで、マリーゴールドは新しい枝を多く分岐させ、健康な成長を促進します。これにより、植物がより茂り、豊かな花を咲かせることができます。

花がら摘み

マリーゴールドの花がら摘みは、花の美しさと成長を促すための重要なガーデニング作業です。この作業では、古くなった花がらを取り除き、新しい花の形成と持続的な開花をサポートします。古い花がらが放置されると、植物のエネルギーが種子の形成に向けられ、成長が妨げられる可能性があります。花がら摘みにより、植物の健康を維持し、エネルギーが新たな成長に注がれます。

冬に枯れる一年草のため冬越しの準備の必要はない

マリーゴールドは、一年草の植物であり、寒冷な冬には通常枯れてしまうため、冬越しの準備は必要ありません。一年草は、その名の通り、種子をまいて育て、成長、開花、種子をつけ、そして通常は一年の間に全ての生命周期を完了します。マリーゴールドは暖かい季節に美しい花を咲かせ、庭や花壇を彩りますが、寒冷な気温が訪れると、その生育は制限されます。冬になると、マリーゴールドは霜や寒冷に弱く、徐々に枯れてしまいます。このため、冬越しのための特別なケアや準備は不要です。

増やし方

マリーゴールドを増やす方法は比較的簡単で、一年草としての性質を活かして新しい植物を育てることができます。以下がマリーゴールドを増やす方法です。

種の採取のしかた

マリーゴールドの種の採取は、花がらが完全に成熟した時に行います。成熟した花がらは黒くなり、種子が形成されています。花がらが黒く変色するまで待ちましょう。摘んだ花がらを紙袋や皿などの表面に広げて、種子を取り出します。種子は花がらの中に小さな棘状に形成されています。

種まきのしかた

以下は、マリーゴールドの種まきのの方法です。
  1. 適切な場所を選ぶ:マリーゴールドは日当たりを好む植物です。種まきの場所を選ぶ際に、日中十分な陽光を受けられる場所を選びましょう。
  2. 土の準備:種まきする前に、土壌を準備します。土壌は水はけが良く、肥沃であることが重要です。必要に応じて堆肥や有機質の土壌改良材を混ぜることで、土壌の品質を向上させます。
  3. 種子の選択:マリーゴールドの種子を選びます。種子は地元の園芸店やオンラインで入手できます。お好みの品種や色合いを選んでください。
  4. 種まき:土壌の表面に、選んだマリーゴールドの種子を均等にまきます。種子をまいたら、軽く土で覆い、手で軽く押さえて固定します。
  5. 間隔を保つ:種子をまく際、適切な間隔を保つことが大切です。通常、マリーゴールドの種子を1.5〜2インチ(約4〜5センチ)間隔でまきます。
  6. 水を与える:種子まき後、土壌を湿らせるために水を与えます。過湿にしないように注意し、土壌を湿らせる程度で十分です。
  7. 成長を待つ:種子から新しいマリーゴールドの芽が発芽するのを待ちます。発芽までの時間は種子の種類や環境条件により異なります。

挿し木での増やし方

マリーゴールドを挿し木で増やす方法は、種まきに比べて新しい植物を確実に増やす手法の一つです。
  1. 適切な枝の選択:マリーゴールドを増やすための挿し木には、健康で新しい成長を持つ枝を選びます。古くなった枝や病気の枝は避けましょう。
  2. 切り取り:選んだ枝を清潔な鋏や切り株用のナイフを使って切り取ります。切り口は斜めに切り、下から数センチの葉を残します。
  3. 葉の処理:下から2つまたは3つの葉を残し、残りの葉を取り去ります。これにより、水分の蒸発を減少させ、挿し木のエネルギーが根の形成に集中します。
  4. 根を促す成分を利用:マリーゴールドの挿し木は、根の形成をサポートするために、成長促進剤を含む挿し木用の土や水を使用することがあります。これは根がより効果的に発達するのを助けます。
  5. 挿し木:切り取った枝を土に挿し、土壌にしっかりと接触させます。挿し木の深さは、切り取った枝の下端から1〜2インチ(約2.5〜5センチ)程度が適切です。

マリーゴールドの人気の品種を紹介

マリーゴールドの人気の品種を紹介
マリーゴールドはその鮮やかな花と多様な品種で人気があり、ガーデナーに愛されています。以下は、いくつかの人気のあるマリーゴールドの品種の紹介していきます。

ストロベリーブロンド:花色が濃い赤色からピンクベージュに変化する

ストロベリーブロンド」は、美しい花色の変化が特徴的なマリーゴールドの品種です。このストロベリーブロンドは初めは濃い赤色の花びらが、成長と共に少しずつピンクとベージュへと変化していきます。これにより、一つの花が異なる色合いを同時に楽しむことができる魅力的な視覚効果が生まれます。この色合いの変化は、日々のガーデニングをより魅力的にし、庭や花壇に新たな美しさをもたらします。

エバーグリーン:花を咲かせず、雑草やセンチュウを抑制する効果がある

エバーグリーンは、その特性から花を咲かせない代わりに、庭園の美しさを保ち、雑草やセンチュウ(害虫)を抑制する役割を果たします。エバーグリーンは雑草やセンチュウの抑制に効果的です。その密な葉と特有の香りは、庭園に侵入しようとする雑草を遠ざけ、害虫の寄り付きを防ぎます。これにより、庭の管理が簡単になり、美しい景観を維持するのに役立ちます。

ホワイトバニラ:クリームホワイトのボリュームのある花を咲かせる

ホワイトバニラ」は、その名前からもわかる通り、美しいクリームホワイトの花を豊富に咲かせる魅力的なマリーゴールドの品種です。ホワイトバニラの花はクリーム色からホワイトへと移行する美しい色合いを持っており、その外観は調和と優雅さをもたらします。

マリーゴールドは食べられる?

マリーゴールドは食べられる?
マリーゴールドは一般的には食用として広く利用されていませんが、一部の品種や部分的には食べることができます。使い方としては料理や飲み物の風味付けに使用されることがあります。

マリーゴールドは食用ハーブとしての用途もある

マリーゴールドは、その鮮やかな花と独特の香りだけでなく、食用ハーブとしての用途も広く認識されています。マリーゴールドは装飾や害虫駆除だけでなく、食用ハーブとしても幅広い用途がある多目的な植物です。その美しい花と風味ある花弁は、料理やハーブティーに特別な魅力をもたらし、多くの料理に美味しさと色合いを提供します。

マリーゴールドはどんな味がする?

あまり花を食べる習慣はないかと思いますが、マリーゴールドはどんな味がするのでしょうか。またどのような料理に使われるのかをご紹介します。

花:酸味や苦みがある

マリーゴールドの花は、ほんのり酸味と苦みを持つ特徴的な風味を持っています。酸味は非常に穏やかで、感じることが難しい場合もありますが、それは料理に微妙な酸味のアクセントを加えるのに適しています。また、苦みも同様に微かで、ほとんど感じないことが多いですが、これは料理に深みを提供する役割を果たします。

ハーブティー:すがすがしい味わいでほのかに甘く、飲みやすい

マリーゴールドのハーブティーは、そのすがすがしい味わいが特徴で、ほのかな甘さと爽やかさを楽しむことができます。このハーブティーは、その特有の風味と健康への効用から、多くの人々に愛されています。マリーゴールドのハーブティーは、日常のリフレッシュメントや健康維持のために選ばれることが多く、そのすがすがしい味わいとほのかな甘さは、ティータイムをより特別なものにしてくれます。

マリーゴールドの食べ方

マリーゴールドは多目的な植物で、その花や葉を食材として利用する方法はさまざまです。以下に、マリーゴールドを食べる方法とその利用法について説明します。

サラダ

マリーゴールドの花弁は、サラダに散らして食べるのに最適な食材の一つです。その鮮やかな色合いと微妙な風味は、サラダに美しい彩りと特別な味わいをもたらします。食用のマリーゴールドの花弁を収穫する際には、できるだけ新鮮なものを選びましょう。

スープ

マリーゴールドの花弁をスープに加える方法は非常に簡単です。食べ方としては、スープが完成したら、マリーゴールドの花弁を静かにスープに加えます。花弁は加熱しないで、温かいスープの上に浮かべるか、あるいはサーブの際にスープに散らします。

ハーブティー

マリーゴールドの花弁をハーブティーにすることは、そのすがすがしい味わいとほんのり甘さを楽しむ素晴らしい方法です。マリーゴールドのハーブティーは、リラックスしたひとときを過ごすための理想的な飲み物とされています。

料理の彩りとして用いられることも

マリーゴールドは、その鮮やかな色合いと美しい花弁が、料理の彩りとして広く用いられることがあります。彩りを重要視する料理や特別な機会の食事において、マリーゴールドは料理のアートとして活用され、食事を視覚的にも楽しませます。

マリーゴールドの育て方|失敗しないポイントや長生きさせるコツを紹介のまとめ

いかがでしたでしょうか。今回ご紹介した内容は、
  • マリーゴールドはキク科タゲテス属に分類される一年草
  • 耐寒性があまりなく、耐暑性がある
  • 丈夫なので小学生の授業などで育てられることがある
  • 日当たりと日光を確保できる場所が良い
  • 15〜20℃程が生育温度
  • 過湿を嫌うため、水はけの良い場所で管理する
  • 地植えでも鉢植えでも育てることができる
  • 元肥を入れることがおすすめ
  • 定期的な追肥が元気の秘訣
  • きちんと剪定することで病気に強い株を作ることができる
  • 摘心をすることで健康な株にすることができる
  • 開花後は種を採取し、翌年の種まきの準備ができる
以上の内容をご紹介してきました。 マリーゴールドは鑑賞用としても、食用としても有効活用できる植物です。様々な楽しみ方ができる植物なので、ぜひご自身でも育ててみてください。 最後までお読みいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENには他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、是非ご覧ください。