観葉植物にぴったりなフラワースタンド30選!選び方からおしゃれな置き場所まで

観葉植物にぴったりなフラワースタンド30選!選び方からおしゃれな置き場所まで
記事内に商品プロモーションを含む場合があります  #PR

目次

小型から大型まで種類が豊富な観葉植物。インテリアとして部屋に置いているという方も多いと思います。 しかし、観葉植物をもっとおしゃれに飾る方法を知っていますか。ずばり「フラワースタンド」を使う方法です。 フラワースタンドは「プランタースタンド」「園芸ラック」「花台」とも呼ばれ、観葉植物を含む植物を飾るためのアイテムのことを言います。 しかし、フラワースタンドにはどんなものがあるのか、どんな風に選んだら良いのか、初めての場合は悩みますよね。 そこで本記事では、
  • フラワースタンドのメリット
  • フラワースタンドを置く場所
  • フラワースタンドの選び方
  • おすすめのフラワースタンド
  • DIYで作るオリジナルのフラワースタンド
について詳しく解説していきます。これから観葉植物を飾る予定という方も、今ある観葉植物をよりおしゃれに見せたいという方も、本記事を読んで自分に合ったフラワースタンドを見つけてみてくださいね。ぜひ最後までご覧ください!

観葉植物を飾るフラワースタンドのメリット

観葉植物を飾るフラワースタンドのメリット
自宅の観葉植物をおしゃれに飾ってくれるフラワースタンド。しかし、ただおしゃれなだけじゃないんです。フラワースタンドを使用するメリットをまとめてみました。

観葉植物を引き立たせる役目

床や家具の上に直置きした植物はなんだか味気ないなと感じたことはありませんか。フラワースタンドの役目の1つは、植物を引き立たせてくれることです。フラワースタンドはより植物の存在感を際立たせてくれます。植物の種類や成長速度を考えてフラワースタンドを選ぶことで、それぞれの個性を生かしてあげることができるでしょう。

観葉植物の下部分が掃除しやすくなるので清潔に保てる

1度植物を飾ってしまうと、植物の下を掃除するのは手間ですよね。特に大きな観葉植物は1回1回動かすのが億劫になってしまいます。しかし、フラワースタンドを使えば、植物の下に空間ができるので、簡単に掃除ができます。常に清潔に保てるのは気持ちがいいですね。

屋外の場合地面からの熱や登ってくる虫などから守ることができる

屋外でフラワースタンドを使う場合は、地熱や害虫から植物を守る効果があります。地面に直接植物を置いてしまうと鉢やプランターに熱がこもり痛みの原因に。しかし、フラワースタンドで少し高さをつけてあげると地熱からも、さらには鉢やプランターを上ってくる害虫からも植物を守ることができるのです。通気性もいいので、虫が湧くこともありません。

観葉植物の下部分が開くためスッキリとして見え空間が広く感じる

フラワースタンドを使って高さを出すことで、空間を広く感じます。特に室内に植物を飾る場合は、スペースが限られていることも多いため、部屋が窮屈になりがちです。植物の下にスペースを作ること、空間をすっきり見せ、狭苦しい印象がなくなります

観葉植物用フラワースタンドを置く場所

観葉植物用フラワースタンドを置く場所
フラワースタンドはどんな場所で活用できるのでしょうか。場所別の活用方法をみてみましょう。

観葉植物を室内に置く場合

室内でフラワースタンドを使う場所としては、以下のような場所があげられます。
  • 玄関
  • トイレ
  • 自室
  • リビング
室内の場合は、あまりスペースが確保できないという場合も多いと思うので、フラワースタンドを上手く活用して植物を飾ってみましょう。

玄関

玄関スペースの大きさによって、植物の種類や大きさも変わってくるでしょう。下駄箱の上に小さな観葉植物を並べたいという場合は、フラワースタンドを用いて高低差をつけるとおしゃれに見えます。背の高い植物を飾りたい場合は、ポットスタンドやスツールを使ってスタイリッシュに見せましょう

トイレ

トイレに植物を飾ることは悪い気を吸ってくれたり、消臭効果があったりと良いことがたくさん。トイレでフラワースタンドを使うなら大きすぎないラック型のものを置いて、トイレットペーパーと一緒に並べておくと、便利でおしゃれな飾り方ができます。

自室

自室で観葉植物を楽しみたいという場合もありますよね。小さなものを飾りたい場合は、少しでも高さをつけてあげると、小さくても存在感がでて部屋を彩ってくれます。また、窓際にプランターハンガーを使って吊るすのもおすすめです。おしゃれに見えるほか、日当たりや風通しも抜群なので、植物にとっても育ちやすい環境が作れるでしょう。

リビング

リビングの観葉植物といえば、大きなシンボルツリーを床置きするのがベーシックな飾り方です。シンボルツリーは直置きするよりもポットスタンドやスツールに乗せて飾ることで、より立体感がでて、メリハリもつきますシェルフ型のフラワースタンドにたくさん植物を並べて飾るのも良いでしょう。他のインテイリアを気にせずとも様になるので、おすすめの飾り方です。

棚の上に飾るという場合は、フラワースタンドを用いて高さをつけてあげましょう。卓上用の小さなフラワースタンドもあるので、上手く活用することでワンランク上の飾り方ができます。棚の質感や色に合わせてフラワースタンドを選ぶようにすれば、よりおしゃれに観葉植物を飾ることができるでしょう。

観葉植物を屋外に置く場合

屋外に置く場合は、以下の場所があげられます。
  • ガーデニングスペース
  • 壁掛け
  • 玄関横
室内に比べて、比較的広々飾れる屋外では、フラワースタンドを活用して植物の良さを生かしてあげましょう。

ガーデニングスペース

庭にある程度のスペースがあるという場合は、階段型のフラワースタンドがおすすめです。大きめでたくさん並べることができるので、自分のセンスで好きに飾ることができます。植物の大きさや成長度合いもあまり気にせず、自由に並べてみましょう。

壁掛け

庭のフェンスや塀、ベランダやバルコニーの手すりなどを使って植物を掛けて飾るのも個性がでて良いでしょう。また、家の壁を利用して、ハンギング用のスタンドを設置してみるのも飾り方の幅が広がります。壁掛けのフラワースタンドを使うことで、狭いスペースも有効活用できますね

玄関横

玄関横にはある程度大きさのあるフラワースタンドを使って植物を飾ることで、存在感が出て見栄えします。しかし、大きすぎてスペースを圧迫しないように気をつけましょう。スペースに見合うサイズのフラワースタンドを選ぶことが大切です。

観葉植物用フラワースタンド選び方

観葉植物用フラワースタンド選び方
観葉植物用のフラワースタンドを選ぶ基準はさまざまあります。フラワースタンドの選び方をいくつかご紹介しますので、自分に合った選び方を見つけてみてくださいね。

価格で選ぶ

フラワースタンドの価格は、大きさ素材ブランドデザインなどによってさまざまです。気軽に手にしやすいものからある程度高価なものまであるので、自分の決めた用途や予算に合わせて選ぶと良いでしょう

使用している素材で選ぶ

フラワースタンドの素材は主に木製陶器製アイアンなどの金属性プラスチック製の4つです。それぞれ特徴があるので、用途や使う場所など条件ごとに使い分けましょう。

木製

木製のフラワースタンドはナチュラルさや温かみが特徴のフラワースタンドです。植物との相性も良く、優しい雰囲気を感じさせます。室内外で使用可能ですが、雨などで濡れた状態が続くとカビが発生することも。外で使うなら防腐、防水加工済みのものを選ぶと良いでしょう。

陶器製

陶器製の鉢カバーやスツールなども人気です。陶器ならではの艶や滑らかな質感が特徴で、空間にアクセントを加えてくれます。水や汚れ、サビに強いうえ、安定感もあるので、外でも安心して使用できます。しかし、重さや欠けやすいという点は考慮しなければなりません。

アイアンなどの金属製

金属製のフラワースタンドにはステンレスやアルミ、アイアンが用いられています。デザイン性と頑丈さを持ち合わせたフラワースタンドです。耐荷重にも優れているので、大きな植物を飾るのにもぴったり。濡れるとサビやすいという性質がありますが、サッと拭けるのでお手入れも簡単です。室内で使う場合は床が傷つかないように気をつけましょう。

プラスチック製

プラスチック製のフラワースタンドはリーズナブルな価格帯で気軽に手に入ります。軽くて移動がしやすかったり、汚れた時のお手入れも楽だったりと、とにかく手軽なのが特徴です。しかし、耐久性はあまりなく、重たい植物や大きな植物には向きません。また、外で使うと劣化が進みやすいので、室内で使うことをおすすめします

使用する用途で選ぶ

使用用途によっても選ぶべきフラワースタンドは変わってきます。どんな用途で使うのか事前に決めておくと迷わず選べますよ。

吊るすタイプでの使用

植物を吊るして飾りたいという場合は、ハンギング用の鉢やプランター、バスケットなどを使用します。そもそも吊るす場所がないという場合には、ハンギング用のスタンドを使えば、室内外で植物を吊るして飾ることができます。ハンギングスタンドの設置方法や耐荷重は前もってチェックしておきましょう。

屋外での使用

庭用のものなら大きめのフラワースタンドで見栄えする飾り方を楽しんだり、ベランダやバルコニーではスペースを上手く活用したシェルフ型やハンギング型のスタンドを使ったりと、選ぶべきフラワースタンドはさまざまです。いずれにしても、耐久性やお手入れ方法を事前に確認して、自分が管理しやすいものを選ぶと良いでしょう。

屋内での使用

屋内ではスペースによって大きさを選んだり、他の家具やインテリアに合わせて素材やデザインを選んだりと、工夫して選ぶとおしゃれ度もアップします。縦長タイプのフラワースタンドは省スペースで複数の植物を飾れるのでおすすめです。

デザインで選ぶ

フラワースタンドのデザインは多種多様です。ここではフラワースタンドの代表的なデザインをご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

スタンドタイプのフラワースタンド

スタンドタイプにはコンパクトな卓上タイプのものから縦長のシェルフタイプのものまで、さまざまな大きさがあり、狭いスペースを活用することに適しています。シェルフタイプのものは棚板が可動式かどうかチェックしておくと良いですよ。棚の幅が調節できれば、あらゆる大きさの植物に対応できるので便利です。

階段・ラックタイプのフラワースタンド

階段タイプのフラワースタンドは、幅や奥行きが広いものが多いです。複数の種類の植物を、それぞれの成長度合いを気にすることなく一緒に飾ることができるので、園芸好きな方にも人気があります。大きめのものが多いので、屋外用で使うのがおすすめです。また、ラックタイプには部屋の四隅を活用したコーナーラックもあるので、省スペースに植物を飾るのに適しています。

イスやベンチのようなタイプのフラワースタンド

イスやベンチタイプのフラワースタンドはデザイン性が高く、置くだけでおしゃれな印象があります。サイズもさまざまで、大きなものから窓辺に置ける小さなものまで使いたい場所に合わせて選ぶことができるでしょう。屋内外どちらでも使うことができます。

ポット専用のフラワースタンド

鉢1つを飾るためのフラワースタンドもあります。鉢のサイズに合わせたサイズ展開がされており、小さな植物から大型の植物まで対応可能です。屋内外どちらで使うのも良いですが、猫脚タイプのポットスタンドは屋内に置くと邪魔になってしまうこともあるので注意しましょう。

育てる観葉植物のタイプによって選ぶ

フラワースタンドを選ぶときは、育てたい植物とのバランスを考えることも大切です。植物によって上に伸びたり、下に伸びたり、横に広がったりと、成長の仕方は異なります。成長度合いを考慮しながら選ぶと、植物それぞれの個性を生かすことができるのです。成長をあまり気にすることなく複数同時に育てたいという場合は、スタンドやベンチタイプよりも階段タイプのフラワースタンドを選ぶと良いでしょう。

観葉植物の鉢の種類で選ぶ

プラスチックや石材、陶器などのさまざまな素材の鉢、装飾が施されてる鉢など、植物を育てる鉢にもあらゆる種類があります。鉢のタイプによっても選ぶフラワースタンドも変わってくるでしょう。シンプルにまとめたり、個性的に見せたりと、好みに合わせて選んでみてください。

ブランドで選ぶ

ブランドによってそれぞれ売り出しているフラワースタンドの特徴、強味があります。ブランドもフラワースタンドを選ぶ基準の1つになるでしょう。 ここでは「アイリスオーヤマ」「IKEA」「ニトリ」「アクタス」「100均(ダイソー・セリアなど)」の5つをそれぞれ比較して解説します。

アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマでは、主にスチール素材のポットスタンドをそろえています。あらゆるサイズが手に入るので、手持ちの鉢に合うポットスタンドが見つけられるでしょう。また、金属製の製品にはさびにくい加工、木製の製品には防腐、防カビ加工が施されている点も嬉しいポイントです。

ikea

IKEAは、室内インテリア向けのフラワースタンドが多いですが、もちろん屋外でも使用可能です。色は白や黒などシンプルなものが多く、他のインテリアを邪魔しないデザインなので、気軽に選ぶことができるでしょう。実店舗で購入することもできますが、自宅まで発送してくれるオンラインショップを利用することもできるので、大きめなフラワースタンドも購入しやすいです。

ニトリ

ニトリは、フラワースタンドの種類は多くなく、大きめのフラワースタンドはありません。しかし、他ブランドに比べて価格帯が抑えられている点は大きなポイントです。ナチュラルで優しい印象のデザインなので、植物との相性も良いでしょう。IKEA同様、実店舗とオンラインショップ両方で購入することができます。

アクタス

アクタスには豊富な種類のポットやポットスタンド、プランターボックスが揃っています。シンプルで手に取りやすい価格帯のポットスタンドがある一方、プラントボックスはスタイリッシュなデザインでそれなりの価格で提供されています。いずれの商品も、インテリアの一部として空間を彩ることでしょう。

100均(ダイソー・セリアなど)

ダイソーやセリアなどの100均にも園芸用品は揃っており、フラワースタンドも手に入れることができます。主に金属製のポットスタンドをサイズ別に揃えており、デザインもシンプルです。なんといっても500円以下の価格で手に入るというのが強みですよね。なるべく節約したいという方にはおすすめです。

【大型から小型まで】おしゃれでおすすめの観葉植物用フラワースタンド30選

【大型から小型まで】おしゃれでおすすめの観葉植物用フラワースタンド30選
ここでは、大型から小型まで、おすすめのフラワースタンドをご紹介!商品説明や価格、特徴などをまとめています。 なお、ここでご紹介する商品はすべてオンラインで購入することができます。注文から発送・配送まですべて自宅から行えるので、大きなフラワースタンドも購入しやすいでしょう。 ぜひ購入時の参考にしてみてください。

Yangbaga 鉢スタンド

デザイン性の高い台形型が特徴的なポットスタンドです。植木鉢がちょうどフィットするように作られており安定感があるので、安心して使用できます。スタンドの幅は調節可能で、直径20.5㎝~30.5㎝まであらゆるサイズの鉢に使えるのは嬉しいポイントですね。竹製のこちらのポットスタンドは、庭やバルコニーなどの屋外からリビングや寝室などの屋内まで、あらゆる空間を彩ってくれます。
商品名 Yangbaga 鉢スタンド
価格 2,599円
おすすめの置き場所 庭、バルコニー、リビング、寝室、オフィス
特徴 デザイン性の高い台形型。安定感がある。あらゆる場所に使える。

天然竹製三角フラワースタンド

天然竹製三角フラワースタンド
シンプルでコンパクトなデザインの竹製フラワースタンドで、屋内外どこでもマッチします。三角形のこちらのフラワースタンドは、安定性にも優れており、耐荷重性も備えているのが特徴です。素材である竹は環境に優しいだけでなく、しっかりと強度もあるため、屋外での雨風にも耐えられます。大きすぎないフラワースタンドなので、ちょっとしたスペースを活用して植物を楽しむことができるでしょう。
商品名 天然竹製三角フラワースタンド
価格 5,899円
おすすめの置き場所 バルコニー、寝室、庭
特徴 シンプルでコンパクト。省スペースに適している。強度、耐荷重性を十分備えている。

H HOMEXINプランタースタンド

こちらの商品はスタイリッシュでモダンなデザインが印象的なプランタースタンドで、Amazon売れ筋ランキング15位(フラワースタンド・園芸ラック)の人気商品です。素材は厚いプレミアム鋼を使用しており、十分な耐久性があります。屋内で使用するときは、それぞれの脚にプラスチックパッドがついているので床が傷つく心配がありません。花台の幅が20㎝~30㎝まで調節できるので、小さな鉢から大きな鉢まで飾れます。こちらのプランタースタンドでお手持ちの植物をかっこよく飾ってみてはいかがでしょうか。
商品名 H HOMEXINプランタースタンド
価格 2,688円
おすすめの置き場所 リビング、パティオ、バルコニー
特徴 スタイリッシュでモダンなデザイン。十分な耐久性。

Ehootechフラワースタンド

丸みが特徴のこちらのフラワースタンドは、シンプルな色で他のインテリアとも馴染みやすいデザインです。フラワースタンドとしてでなく、サイドテーブルや園芸用品置きとしても活用できます。屋内外どちらにおいてもおしゃれに演出してくれるこちらの商品は、玄関周りに設置するのもおすすめです。2段式なので、上段と下段の両方を生かして複数の植物を飾って楽しみましょう
商品名 Ehootechフラワースタンド
価格 3,899円
おすすめの置き場所 玄関、ソファサイド、ベッドサイド
特徴 シンプルで丸みが特徴のフラワースタンド。さまざまな活用方法。2段式で複数の植物が飾れる。

ベンチ風 スチールフラワースタンド

アイアンで作られたベンチ風のフラワースタンドです。大きさは幅68.5㎝、奥行き32.5㎝で、小型~中型の鉢を置くのに適しています。背面や脚のデザインもかわいらしく、ナチュラルな雰囲気の庭にぴったりです。日光や雨風など自然によるダメージは避けられないため、定期的にお手入れする必要があります。植物との相性は抜群で、花やグリーンが見栄えすることでしょう。
商品名 ベンチ風 スチールフラワースタンド
価格 9,350円
おすすめの置き場所
特徴 かわいらしいデザイン。小型~中型の鉢用に。植物との相性抜群。

高儀 TAKAGI インテリアガーデンスタンド コーナー

こちらのスタンドは幅22㎝、奥行き18㎝と小さめのスタンドです。小ぶりな観葉植物を飾るのに使用します。植物を飾る以外にも小物の整理、収納にも使えるので、上段と下段で使い分けしても良いでしょう。耐荷重は2段とも1㎏ずつですので、飾るものの重さには注意が必要です。コーナースタンドなので、棚の上や窓際、卓上のちょっとしたスペースを飾るのにぴったりでしょう
商品名 高儀 TAKAGI インテリアガーデンスタンド コーナー
価格 1,798円
おすすめの置き場所 棚の上、窓際、卓上
特徴 小さめのスタンド。上下で使い分けても良い。ちょっとしたスペースに飾れる。

プランタースタンド ガーデンラック 4段

シンプルさと美しさの両方を兼ね備えたガーデンラックで、たくさんの植物を飾って楽しむことができます。組み立てはとても簡単で、ネジやドライバーは必要ありません。棚の高さは調節できませんが、棚板1枚を背面に格納することで、2段分の高さとして使用することもでき、さまざまな大きさの植物を飾ることができます。耐荷重性、耐久性にも優れているので、場所や植物の種類を選ばず使うことができるでしょう
商品名 プランタースタンド ガーデンラック 4段
価格 3,980円
おすすめの置き場所 リビング、ベランダ、玄関、デスク脇
特徴 シンプルで美しいデザイン。組み立てが簡単。耐荷重性、耐久性に優れている。

リビングアウト(Living Out) アイアンプランタースタンド

こちらの商品は、階段型スタンドとラティスが組み合わさったプランタースタンドで、多くの植物を飾ることができます。3段の階段型スタンドには高低差を生かしたディスプレイ、ラティスはハンギング用のプランターを掛けて立体的なディスプレイと、空間をおしゃれに演出してくれること間違いありません。アイアン調の素材にリーフのデザインが施されているこちらのプランタースタンドは、植物ともよく調和することでしょう。かなり大きめですが、オンライン購入なら自宅まで配送してくれるので安心ですね。
商品名 リビングアウト(Living Out) アイアンプランタースタンド
価格 5,590円
おすすめの置き場所 玄関横、庭
特徴 階段型スタンドとラティスを組み合わせたデザイン。植物がたっぷり飾れる。植物とも調和する。

QINNKJIA プランタースタンド

シンプルでスタイリッシュなデザインのこちらのプランタースタンドは、さまざまな場所で活用でき、植物の美しさを際立たせます。長方形ベースの最下面がスタンド全体を支えており、耐荷重性も問題ありません。植物を飾る面の四隅は丸みを帯びており、細部にまでデザインのこだわりを感じます。縦に植物を飾る形なので、スペースを圧迫することなく複数の植物を飾れるのも魅力の1つですね。
商品名 QINNKJIA プランタースタンド
価格 3,899円
おすすめの置き場所 玄関、リビング、ベランダ
特徴 シンプルでスタイリッシュなデザイン。安定性、耐荷重性に優れている。複数の植物を飾って楽しめる。

フラワースタンド アイアン

3段のフラワースタンドで、全部で6つの鉢を飾ることができます。それでいて奥行きは25㎝とスリムなスタンドなので、限られたスペースに置いても窮屈にならないのがこちらのフラワースタンドの特徴です。1段当たりの耐荷重は10㎏で、ある程度大きな鉢を置くこともできます。棚板部分もメッシュデザインになっているので、通気性も良く植物を清潔に保つことができるのも嬉しいポイントですね。
商品名 フラワースタンド アイアン
価格 3,990円
おすすめの置き場所 ベランダ、リビング、玄関
特徴 3段式のフラワースタンド。省スペースを有効活用できる。通気性も良いため、植物を清潔に保てる。

ybaymy フラワースタンド 木製

天然木を使用したこちらのフラワースタンドは、あらゆる植物が自然と馴染み、優しい印象です。全5段の個性的なデザインの飾り棚で、さまざまな形や大きさの植物に対応する優れた機能性とデザイン性を持ちます。天候のダメージにも強いため、屋内外どこでも利用可能です。リビングなどで使う場合は、植物と一緒に本や写真立てなどを飾るのもおしゃれ度が増して良いでしょう。
商品名 ybaymy フラワースタンド 木製
価格 5,099円
おすすめの置き場所 庭、リビング
特徴 天然木の優しい雰囲気。あらゆる形、サイズの植物に対応。屋内外どこでも利用可能。

MORI SAWAフラワースタンド

こちらの鉄製のフラワースタンドは一見シンプルなデザインに見えますが、トレイの部分には北欧風の透かし彫りが施されており、さりげなくおしゃれな印象を与えます。なんとAmazon売れ筋ランキングは堂々の3位(フラワースタンド・園芸ラック)。2段式のスタンドなので、両段に植物を飾ったり、一段には植物、もう一段にはキャンドルや小物を置いたりなど、使い方はいろいろ。リビングや寝室、玄関など場所を選ばず置けるスリムな見た目もおすすめしたいポイントの1つです
商品名 MORI SAWAフラワースタンド
価格 3,980円
おすすめの置き場所 リビング、寝室、ベランダ、書斎、玄関
特徴 シンプルな見た目と凝ったデザインで、空間をおしゃれに演出。用途はさまざま。スリムな見た目で場所を選ばず置ける。

不二貿易 木製フラワースタンド

シンプルなデザインで場所を選ばず使えるフラワースタンドです。高さは23㎝と小さめのため、スペースを圧迫することがありません。温かみのある天然木を使用しており、植物と調和して柔らかい印象を与えます。重量0.8キログラムと非常に軽量なフラワースタンドなので、移動がしやすく使い勝手が良いのも嬉しいポイントですよね。アンティーク調の塗装で味があり、空間をおしゃれに演出してくれるでしょう。
商品名 不二貿易 木製フラワースタンド
価格 2,310円
おすすめの置き場所 庭、ベランダ、リビング、玄関
特徴 シンプルで小さめのデザイン。使い勝手が良い。アンティーク調のおしゃれな塗装。

花瓶台

こちらの花瓶代は高級素材チーク無垢材を100%使用しており、洗練された美しさがあります。コンパクトなタイプの花瓶台なので、玄関ホールやリビングのちょっとしたスペースにおいて植物を飾ることができます。こちらの花瓶台の脚をよく見ると、下の方が少し細くなっており、そのために全体のシルエットがすっきりときれいに見えるのです。価格は高めですが、納得の質とデザインではないでしょうか。
商品名 花瓶台
価格 15,070円
おすすめの置き場所 玄関ホール、リビング
特徴 高級チーク材を使用。コンパクトタイプ。洗練されたデザイン。

seathestars プランタースタンド

こちらのプランタースタンドは、植物の世話がしやすい高さと見た目のシンプルさが特徴的で、機能性とデザイン性を持ち合わせています。組み立ては非常に簡単で、ボックスとスタンドをネジで取り付けるだけ。女性1人でも組み立てられるので安心です。底面に水切りはないですが、室内でも床を汚さずに水やりができ、水はけが良いので楽に拭き取ることもできるので清潔さも保てるでしょう。
商品名 seathestars プランタースタンド
価格 4,280円
おすすめの置き場所 庭、リビング
特徴 シンプルなデザイン。植物の世話がしやすい高さ。組み立てが簡単。清潔に保てる。

植木鉢スタンド

高品質の天然籐を使用した植木鉢スタンドで、すべて手織りで作られています。巧みな技が詰まったこちらの商品は耐久性にも優れており、屋外に置いてもひび割れたり、色褪せたりすることがありません。インテリアとしてもおしゃれさを演出してくれるデザインなので、リビングや寝室、玄関とあらゆる場所に飾ることができます。脚の部分は取り外しが可能なので、自分の好みやスペースに合わせて使い分けても良いでしょう。
商品名 植木鉢スタンド
価格 4,970円
おすすめの置き場所 バルコニー、庭、リビング、自室、寝室、玄関
特徴 天然籐を使用した手織りの植木鉢スタンド。耐久性がある。インテイリアとしてもデザイン性が高い。

Setrea 植物棚

螺旋階段のようなスタイリッシュなデザインの中にナチュラルな風合いも感じる植物用の飾り棚です。幅23㎝、奥行き23㎝、高さ56㎝と大きすぎないサイズなので、リビングやベランダなどのデッドスペースを利用して設置することができます。バランスよくデザインされているので、大きな鉢を飾っても問題ありません。好きな植物をたっぷり飾って、癒し空間を作ってみてはいかがでしょうか。
商品名 Setrea 植物棚
価格 3,880円
おすすめの置き場所 リビング、ベランダ、庭
特徴 螺旋階段型のスタイリッシュなデザイン。デッドスペースを活用できる。たくさんの植物を飾ることができる。

Jiza フラワースタンド

アイアンを使用したこちらのフラワースタンドは、独特なデザインが目を惹く商品です。デザインはおしゃれなだけではなく、力学の原理を用いて作られており、高い安定性があります。また、角がない丸みのあるデザインは優しい印象をを与え、他インテリアにも馴染みやすいです。2段式なので、小さめの植物をいくつか並べるのもかわいらしいでしょう。軽量で取り付けが楽な点もおすすめしたいポイントの1つです。
商品名 Jiza フラワースタンド
価格 3,820円
おすすめの置き場所 廊下、寝室、リビング、バルコニー、オフィス
特徴 アイアン製。独特なデザインと高い安定性。インテリアにも馴染みやすい。軽量で取り付け簡単。

天然竹製 フラワースタンド

天然竹性のこちらのフラワースタンドは、耐久性優れているのが大きな特徴です。お手入れも非常に簡単で、室内はもちろん、室外でも気軽に使うことができます。22㎝~31㎝まで調節可能なので、小さな鉢から大型な鉢まで好きなサイズの植物を飾ってみましょう。表面にニス加工が防腐、防水、防虫の役割をしてくれるため、長く素材を守ってくれます。寝室やリビング、ベランダなど、あらゆる場所で植物を飾って楽しんでみてください。
商品名 天然竹製 フラワースタンド
価格 3,880円
おすすめの置き場所 寝室、リビング、ベランダ、オフィス
特徴 天然の竹製。優れた耐久性。場所を選ばない。ニス加工で素材を守る。

アイアンフラワースタンド

アイアンを使用したフラワースタンドで、アンティーク感を演出します。サビにくいコーティングを施しているため、屋外でも安心して使うことができます。あまり場所を取らないサイズ感なので、リビングスペースや庭に置くのはもちろん、仕事や勉強のデスクに置くのも良いでしょう。植物を飾りながらスタンド下のスペースを収納に活用するなど、有効的な使い方もできます。耐荷重性にしっかりあるので、ある程度大きな鉢でも問題ありません
商品名 アイアンフラワースタンド
価格 4,603円
おすすめの置き場所 リビング、卓上、庭
特徴 アイアンを使用したアンティーク調の見た目。サビにくいコーティング。活用方法はさまざま。耐荷重性もしっかりある。

DreamYS フラワースタンド

こちらのフラワースタンドの素材は天然竹で、ナチュラルな風合いが特徴です。植物との相性も良く、植物の良さを引き立たせます。それぞれの棚板には隙間があり、水はけや通気性が良く、植物を育てるには最適なデザインです。高さは100㎝で、それぞれの段は植物を飾るのに十分なスペースがあるので、庭やリビングに置いて好きな植物を思う存分楽しめるでしょう。
商品名 DreamYS フラワースタンド
価格 4,980円
おすすめの置き場所 庭、リビング
特徴 天然竹製。ナチュラルな風合い。高さ100㎝と存在感がある。

プランタースタンド

こちらの商品は、上質な天然無垢材が使われており、高級感を感じるプランタースタンドです。無垢材は耐久性が高く、抗菌、消臭の効果も持ち、優しい印象で癒しの空間を演出します。高さは131㎝と存在感がありますが、スリムなデザインなので、ちょっとしたスペースに飾れるのも使い勝手が良いですよね。底面にはロック付きのホイールがついているので、楽に移動させられます。
商品名 プランタースタンド
価格 7,670円
おすすめの置き場所 玄関、ベランダ、リビング
特徴 天然無垢材。耐久性、抗菌、消臭効果がある。存在感のあるスリムな見た目。移動可能なホイール付き。

プランターカバー スタンド

木材とスチールを組み合わせたおしゃれなプランターカバースタンドです。あまり他では見ないデザインなので、1つ飾るだけで個性を出すことができるでしょう。自分の好きな花や植物を鉢ごと入れるだけでこなれ感がでるので、手軽におしゃれを楽しめます。ある程度高さのあるこちらのプランターカバースタンドは、リビングや玄関に飾ることで、目を惹くインテリアになること間違いありません
商品名 プランターカバー スタンド
価格 5,170円
おすすめの置き場所 リビング、玄関
特徴 木材とスチールを組み合わせたおしゃれなデザイン。鉢を入れるだけでこなれ感が出る。リビングや玄関に飾るのがおすすめ。

Sungmor フラワースタンド

レトロさと美しさがある鋳鉄製のフラワースタンドです。重厚感があり、屋内外をおしゃれに演出してくれます。高さが66㎝あるため、上に伸びる植物はもちろん、つる性植物を飾ってつるを下に垂らすのもおすすめです。しっかりと安定性もあるので、大きな鉢を飾ることもできます。ガーデニングスペースやベランダなどを上品な雰囲気に作り上げたいという方はぜひ手にしてみてはいかがでしょうか。
商品名 Sungmor フラワースタンド
価格 9,299円
おすすめの置き場所 ベランダ、庭、リビング、玄関
特徴 ここに説明文を入力してください。

NUOLUX 植物スタンド

シンプルな2段のラック型植物スタンドで、複数の植物を並べて飾ることができます。素材は耐久性、耐荷重性に優れた天然木です。ナチュラルな見た目で、インテリアとしても空間によく馴染むでしょう。あえてサイズや種類の違う植物を並べてもおしゃれです。軽量の植物スタンドなので、持ち運びもしやすく、他のインテリアに合わせて好きなように動かして配置してみましょう。
商品名 NUOLUX 植物スタンド
価格 4,571円
おすすめの置き場所 庭、ベランダ、リビング
特徴 2段のラック型スタンド。ナチュラルな見た目。複数の植物を飾れる。軽量。

プランタースタンド

自転車がモチーフのかわいらしい鉄製のプランタースタンドで、質感もおしゃれです。サイズは2展開あるので、置きたい場所、飾りたい植物の大きさに合わせて、好みのサイズが選べます。組み立てが簡単で、1人で組み立てられるのも安心ですよね。アンティーク感のあるこちらのプランタースタンドに小さな花や植物を飾って、リビングや玄関周りを華やかに演出しましょう。
商品名 プランタースタンド
価格 11,569円
おすすめの置き場所 リビング、書斎、玄関、キッチン、庭、ベランダ
特徴 自転車モチーフ。鉄製。サイズは2展開。アンティーク感。組み立てが簡単。

フラワースタンド

金属の脚に木材の棚板を合わせたスタイリッシュなフラワースタンドです。手入れに手間がかからず、屋内外で気軽に使用することができるのも特徴の1つです。耐久性、耐熱性、耐湿性に優れており、ある程度大きめの植物をかざることもできます。値段は高めですが、存在感のあるフラワースタンドで、インテリアとしても空間にアクセントを加えてくれるでしょう
商品名 フラワースタンド
価格 32,317円
おすすめの置き場所 バルコニー、リビング、寝室
特徴 金属と木材を合わせたフラワースタンド。手入れに手間がかからない。耐久性、耐熱性、耐湿性がある。

フラワースタンド

鉄製のフラワースタンドで、151㎝の高さがあります。2段のラック型の部分には小型の植物から大型の植物まで、好きな植物を自由に並べて楽しみましょう。ハンギングスタンドの部分には、あえて1つだけ吊るして個性的に演出してみたり、複数吊るしておしゃれ感を出してみたりと、飾り方はさまざまです。大きめのフラワースタンドなのである程度のスペースは必要ですが、庭やバルコニーを華やかに飾ることができます
商品名 フラワースタンド
価格 11,203円
おすすめの置き場所 庭、バルコニー
特徴 高さのある鉄製のフラワースタンド。ラックとハンギングスタンドが組み合わさっている。飾り方はさまざま。

フラワースタンド

アイアンを用いて作られたフラワースタンドです。シンプルかつ洗練されたデザインは、ナチュラルテイストなインテリアや北欧テイストのインテリアにもマッチするでしょう。耐久性もしっかり兼ね備えているので、重い鉢をいれても問題ありません。工具を使うことなく取り付けられるので、初心者でも安心して設置できます。軽量なので掃除の際も簡単に移動できるのも嬉しいポイントの1つですね。
商品名 フラワースタンド
価格 3,330円
おすすめの置き場所 リビング、ベランダ
特徴 アイアン製。ナチュラル。北欧テイスト。取り付けが簡単。軽量で移動が楽。

フラワースタンド

円形の壁掛け用フラワースタンドです。壁面を利用するため、広くないスペースでも取り入れやすく、存在感もあります。個性的なデザインなので、空間を一段とおしゃれに演出してくれるでしょう。強度はしっかりあり、サビないよう加工も施されています。総重量は10㎏とかなり重たいので、取り扱いには注意が必要です。一味違うフラワースタンドを取り入れたいという方にはぜひおすすめします。
商品名 フラワースタンド
価格 56,403円
おすすめの置き場所 リビング、寝室、書斎、廊下
特徴 円形の壁掛けフラワースタンド。個性的なデザイン。強度もある。やや重ため。

唯一無二のお気に入りスタンドをDIYで自作する人もいる

実はフラワースタンドは既製品だけでなく、DIYでオリジナルのものを作ることもできるんです。DIYが得意な方は、自分だけのフラワースタンドづくりに挑戦してみてはいかがでしょうか。

1から全て作る人もいれば既製品を購入しアレンジする人までいる

フラワースタンドをDIYする人の中には、飾りたいスペースや用途に合わせて、採寸、材料の準備、塗装など、1からオリジナルのフラワースタンドを作り上げる方もいます。しかし、1から作るのはなかなかハードルが高いですよね。そんな方は、既製品をアレンジするという方法があります。一番簡単なのは、既製品のフラワースタンドを自分の好きな色に塗り替えるという方法です。あとは、100均のアイテムを組み合わせて自分だけのフラワースタンドを作るというアレンジ方法もあります。作り方が簡単なものもたくさんあるので、挑戦しやすいところから始めてみると良いでしょう。

育成ライトと組み合わせてよりおしゃれに観葉植物を育てやすくできる

日当たりの悪い場所でも日光代わりになる「育成ライト」という製品があります。フラワースタンドをDIYする際に育成ライトを組み合わせることで、また一段とおしゃれなフラワースタンドが作れます。検索すれば作り方もたくさん出てくるので、機能性も兼ね備えたフラワースタンドをDIYしてみるのも良いでしょう。

木を削ってオリジナル観葉植物スタンドを自作する人も

オリジナルの観葉植物スタンドを自作する人の中には、木を削って手作りの鉢カバーを制作している方もいます。初心者が作るにはなかなか難しいかもしれませんが、木のぬくもりを感じる手作りポットスタンドは、植物との相性も抜群です。

オリジナルな観葉植物スタンドを持ちたい方にはおすすめ

他にはない自分だけのフラワースタンド、個性的なフラワースタンドが欲しいという方は、ぜひDIYに挑戦してみてください。まずは簡単なもの、小さなものから作ってみるのも良いでしょう。自分の好みに合わせたオリジナルのフラワースタンドに植物を飾って楽しんでみてくださいね。

観葉植物スタンドに関するみんなのQ&A

観葉植物スタンドに関するみんなのQ&A
観葉植物用のスタンドに関するよくある質問に答えていきます。

Q,観葉植物のスタンドはどの素材が一番おすすめですか?

A,スタンドの素材は主に使用する場所によって選ぶのが良いでしょう。もし外に置きたいのであれば、金属製のものが耐久性もあり、お手入れも楽です。また、室内に置くのであれば、木製のものが植物との相性も良いですし、小さな植物から大きな植物まで使えます。 あとは個人の好みもあると思いますので、機能性、デザイン性などあらゆる条件を考慮して選んでみてくださいね

Q,観葉植物スタンドは室外と室内ではどちらの方がより効果が高いですか?

A,観葉植物スタンドは、室内でも室外でもそれぞれ効果を発揮するものです。室外では、地熱や害虫から植物を守るほか、植物を見栄え良く見せてくれます。反対に室内では、インテリアの役割もあれば、省スペースに植物を飾ることにも役立ちます。 どちらが効果が高いというよりは、ご自身がどんな目的でフラワースタンドを使いたいかによって変わってくるので、まずは目的を明確にすると良いでしょう

Q,金属製の観葉植物スタンドのサビは植物に影響あったりしますか?

A,フラワースタンドのサビは植物の成長には特に影響はありません。もし気になるようであれば、すでに防サビ加工済みの製品を購入したり、防サビスプレーを塗布するなど工夫すると良いでしょう。

観葉植物にぴったりなフラワースタンド30選!選び方からおしゃれな置き場所まのまとめ

ここまでフラワースタンドについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。今回の記事の内容をまとめると以下のようになります。
  • フラワースタンドはただおしゃれに植物を飾るだけでなく、さまざまなメリットがある。
  • フラワースタンドは室内外あらゆる場所で使える
  • フラワースタンドを選ぶときには価格、素材、デザイン、ブランドなどを自分に合った選び方をすると良い
  • フラワースタンドはDIYもできる
観葉植物をよりおしゃれに見せてくれるフラワースタンド。いままで使ったことがなかったという方も本記事を読んでフラワースタンドの良さを理解していただけたのではないでしょうか。 本記事の内容が少しでもフラワースタンドを使ってみたいという方のお役に立てていたら幸いです。 最後までご覧いただき誠にありがとうございました。