ブーゲンビリアの花言葉とは?色別の花言葉や由来、贈り物の体験談を紹介!

ブーゲンビリアの花言葉とは?色別の花言葉や由来、贈り物の体験談を紹介!
記事内に商品プロモーションを含む場合があります  #PR

目次

南国の日差しの下、鮮やかな色の花を咲かせるブーゲンビリアという花をご存知でしょうか。青々とした葉っぱと鮮やかな花のコントラストが美しくトロピカルな雰囲気を漂わせるブーゲンビリアには、あまり知られていない素敵な花言葉がつけられているのです。鮮やかな花の色が夏から秋の贈り物に人気のブーゲンビリアですが、どのようなシーンで贈れば適切なのか詳しくご存知の方は少ないかもしれませんね。 そこでこの記事では、
  • そもそも花言葉って?
  • ブーゲンビリアの特徴
  • ブーゲンビリアの花言葉を解説
  • ブーゲンビリアの色別の花言葉をご紹介
  • ブーゲンビリアの花言葉の由来
  • どのようなシーンでブーゲンビリアを贈るのが良いのか
以上のポイントを中心に解説していきます。 ブーゲンビリアは濃いピンクや白、薄い桃色など品種によって異なる色の鮮やかな見た目が魅力の植物です。花言葉にも素敵なものが多いので、ぜひこの記事を通してブーゲンビリアの花言葉や贈り物のタイミングについて詳しくなってみてください。

そもそも花言葉とは?

そもそも花言葉とはいつ、どのように使われるようになったのかご存知でしょうか。花言葉は日本独特のものではなく、海外でも広い地域で使われています。もともとトルコで古くから行われてきた「花と共に気持ちを贈る」という風習が由来となっていて、日本には明治時代にヨーロッパから伝わったと言われています。

花言葉とは植物のイメージから付けられることが多い

それぞれの植物に決められている花言葉はどのようにつけられているのでしょうか。花言葉の多くは、植物ごとのイメージや見た目からつけられています。それだけでなく、植物の生態や歴史、効用やギリシャ神話などの宗教的な要因も花言葉には関わっているのです。花言葉ひとつひとつが、どのような由来を持つのかを調べてみるのもおもしろいのではないでしょうか。

花言葉は贈り物の参考にされる

花言葉はフラワーギフトとして植物を選ぶ際の参考にされています。例えば、黄色いバラには【嫉妬】という花言葉が付けられていたり、黒い百合には「呪い」などという花言葉が付けられていたりするので贈り物には適していないと考えられているのです。見た目が気に入っても、花言葉に悪い意味があると贈り物にはあまりおすすめできません。そのため、花を贈り物にする場合には、花言葉を調べておくことをおすすめします。

ブーゲンビリアってどんな植物なの?

では、肝心のブーゲンビリアはどんな植物なのでしょうか。南国の雰囲気を醸し出すブーゲンビリアは、洋風のお部屋にも和風のお部屋にも飾ることができます。大きな花びらに見える色鮮やかな部分は、厳密にいえば花びらではなく苞と呼ばれる葉っぱが変化したものなのです。実際の花は、色鮮やかな苞の中心にある白や黄色の細長い部分にあたります。

南米が原産地であるオシロイバナ科の植物

ブーゲンビリアはブラジルを代表とする南米が原産地で、日本では温室栽培されたものも流通しているので長い間、花を楽しむことができる魅力的な植物です。オシロイバナ科に分類されるブーゲンビリアは日当たりの良い場所を好む、まさに南国を象徴させるようなお花といえるでしょう。「Bougainvillea spectabilis」という学名の最初には、ブーゲンビリアの文字が入っています。この、「Bougainvillea」はブラジルでブーゲンビリアの種を発見したフランス人冒険者の名前なのです。

10〜4月の時期にピンクや紫、白い花を咲かす

ブーゲンビリアの開花時期は、10月~4月で夏には花が少なくなってしまう珍しい植物です。しかし、水やりや施肥などで開花調整をすれば夏期にもう一度花を楽しむことも可能なので興味のある方はぜひチャレンジしてみてください。ブーゲンビリアはピンクや紫、白い花を咲かせます。花びらに見える苞がかなり大きいので、存在感があり豪華な印象を与えてくれますね。

南国に咲いていることが多く沖縄の花のイメージが強い

ブーゲンビリアは南国の熱帯雨林地方で自生していて、原産地では年中咲いている花期が非常に長い植物です。日本でも暖かい地方でよく見かけるので、沖縄の花という印象が強いかもしれませんね。耐暑性が高くトロピカルなイメージの強いブーゲンビリアは、まさに南国の花、沖縄の花と言っても良いのではないでしょうか。

「イカダカズラ(筏葛)」の別名がある

ブーゲンビリアにはイカダカズラ(筏葛)やココノエカズラ(九重葛)という別名がつけられています。イカダカズラの名前の由来は、ブーゲンビリアのひらひらと揺れる鮮やかな苞がイカダに、中心に直角に伸びるおしべやめしべが人に見えたことからつけられました。カズラはつる植物のことで、つるを伸ばして葉っぱをつけていくブーゲンビリアの特徴を象徴していますね。

ブーゲンビリアにはどんな種類の花言葉があるの?

ブーゲンビリアの魅力的な特徴を紹介したところで、どのような花言葉がつけられているのかをご紹介します。鮮やかな花が圧倒的な存在感を感じさせてくれる、南国風のブーゲンビリアにはどんな花言葉がつけられているのでしょうか。

ブーゲンビリアには素敵な花言葉がある

ブーゲンビリアにはビタミンカラーの花の色に似合うような、とても素敵な花言葉がつけられています。ブーゲンビリアの全般の花言葉は、【熱心】【あなたは素敵】【あなたしか見えない】の三つです。それぞれについて詳しくご紹介していきましょう。

【熱心】

【熱心】というブーゲンビリアの花言葉は、遠くからでも目を惹く花の色からつけられました。熱心な気持ちは色にすると燃えるような赤やピンク色なのかもしれませんね。何かに熱心に取り組んでいる努力家にブーゲンビリアをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

【あなたは素敵】

ブーゲンビリアの花びらに見えるひらひろとした苞は、頼りなげに見えて鮮やかな色が美しさも感じさせてくれます。そんな花の姿から、【あなたは素敵】というおしゃれな花言葉がイメージされました。

【あなたしか見えない】

【あなたしか見えない】という花言葉は、ブーゲンビリアの花の色がとても濃く存在感があったことが由来となっています。恋人や夫婦が記念日などにブーゲンビリアを贈るのにも、ぴったりな花言葉ですね。

英語での花言葉は【passion(情熱)】

英語での花言葉も日本のものと同じ、【passion(情熱)】です。ブーゲンビリアの花は海外でも目を惹きつけ美しさを感じさせてくれます。赤や濃いピンクは情熱を色にしたようにも見えるので、海外でもこの花言葉が選ばれたのでしょう。

ブーゲンビリアは色別にも花言葉がある

濃いピンクや赤、紫がかったピンクのイメージが強いブーゲンビリアですが、白や黄色の花の種類も流通していますので色別にも花言葉が付けられています。品種によって色が異なっていますが、色別の花言葉にも悪い理由はないのでプレゼントにしても問題ありませんよ。

赤色のブーゲンビリア【情熱】【あなたしか見えない】

赤色のブーゲンビリアは【情熱】と【あなたしか見えない】です。赤のブーゲンビリアは非常に豪華で存在感があります。赤は情熱の色と言われているので、この花言葉が選ばれたのでしょう。また、鮮やかな赤色はとても目を惹くつけ他が見えなくなってしまうと錯覚させてくれます。そのため、【あなたしか見えない】という花言葉が選ばれました。

ピンクのブーゲンビリア【あなたは魅力に満ちている】

【あなたは魅力に満ちている】というピンクのブーゲンビリアの花言葉は、可憐なピンク色の花がたくさん咲いている様子からイメージされました。男性から女性にブーゲンビリアを贈る時には、ピンクのブーゲンビリアを選ぶと思いが伝わるかもしれませんね。

白いブーゲンビリア【熱心】【あなたは素敵】

白いブーゲンビリアは【熱心】と【あなたは素敵】という花言葉が当てられています。透き通るような白い花は、葉脈が透けて見えるような美しさを感じさせてくれます。また、白は上品で清楚な印象も与えてくれますのでこのような花言葉が選ばれたのでしょう。

オレンジのブーゲンビリア【秘められた思い】

オレンジのブーゲンビリアの花言葉は、【秘められた思い】です。オレンジのブーゲンビリアは珍しい品種でなかなかお目にかかれないことから、秘められた、という花言葉がつけられたのでしょう。想い人にオレンジのブーゲンビリアをプレゼントしてみるのも、ロマンチックで良いですね。

黄色のブーゲンビリア【私はあなたを信じます】

黄色のブーゲンビリアの花言葉は【私はあなたを信じます】というものです。黄色のブーゲンビリアはオレンジのものと同じく、とても珍しくあまり目にすることがありません。そのため、黄色のブーゲンビリアがあると信じているという考え方から、【私はあなたを信じます】という花言葉が選ばれたのでしょう。

怖い意味はある?ブーゲンビリアの花言葉の由来を知ろう

ブーゲンビリアの花言葉をご紹介したところで、怖い意味があるのかブーゲンビリアの花言葉の由来をご紹介します。美しい見た目のブーゲンビリアの花言葉には、怖い意味があるのでしょうか。

ブーゲンビリアの花言葉に怖い由来はない

ブーゲンビリアの花言葉には怖い由来はありません。ブーゲンビリアの花言葉の多くはその鮮やかな見た目からイメージされたものなので、悪い意味もマイナスの意味もありません。フラワーギフトとして様々なシーンでブーゲンビリアを贈ることができますね。

ブーゲンビリアの人を惹きつける花姿に由来

ブーゲンビリアは花びらに見える大きなが鮮やかな色に染められていて、とても存在感があります。そんな人を惹きつける魅力に満ちた花姿が由来となって、ご紹介したような花言葉がつけられました。海外でもまた、日本と同じように濃い花の色からイメージされた【情熱】という花言葉が選ばれています。

6月14日・7月26日・8月9日などの誕生花

ブーゲンビリアは6月14日・7月26日・8月9日の誕生花です。いずれの日付も初夏から晩夏にかけての南国を感じさせる季節にあたります。これらの誕生日の方にブーゲンビリアをプレゼントするのも、センスが高くおすすめですよ。

ブーゲンビリアの花言葉にあった贈り物のシーン

この項目では、ブーゲンビリアの花言葉にあった贈り物のシーンをご紹介していきます。ブーゲンビリアには悪い意味の花言葉はないので大切な方へのプレゼントに選んでみてはいかがでしょうか。

告白の際に一緒に花束を贈る

ブーゲンビリアには【あなたしか見えない】【あなたは素敵】などの情熱的な花言葉がつけられています。そのため、想い人への告白の際にブーゲンビリアの花束を贈ってみてはいかがでしょうか。鉢植えの状態で販売されることが多いブーゲンビリアですが、園芸店や専門店であればフラワーデザイナーが鮮やかな花色が映えるような素敵な花束に仕上げてくれるはずですよ。

結婚記念日に愛するパートナーに贈り物を

【情熱】や【あなたは魅力に満ちている】という素敵な花言葉をもつブーゲンビリアは、愛する人に贈るのにぴったりな植物です。結婚記念日や二人の思い出の日などに、パートナーにブーゲンビリアの鉢植えを贈ってみてはいかがでしょうか。鉢植えのブーゲンビリアは長く楽しむことができますので、二人の仲も深まるはずですよ。

熱心に頑張っている人への贈り物にも適している

ブーゲンビリアには【熱心】という花言葉が付けられています。部活や勉強、仕事や習い事など何かひとつのことに熱心に取り組んで頑張っている人への贈り物にぴったりなブーゲンビリア。ビジネス上のお付き合いのある相手に、ねぎらいや親しみを込めて贈ってみるのもおすすめですよ。

花言葉の意味を込めたブーゲンビリアの贈り物の体験談

ここからは、実際にブーゲンビリアを贈ったことのあるエピソードについてご紹介します。色々なシーンでの体験談ですので、ぜひ贈り物をする際の参考にしてみてください。

愛情の気持ちを伝える際に一緒に贈った

まずは愛情の気持ちを伝える際に、ブーゲンビリアを贈ったことのある方のエピソードをご紹介します。 [chat face="man1" name="" align="left" border="gray" bg="none" style=""]夫婦として長い時間を一緒に過ごした妻に、感謝と愛情を込めてブーゲンビリアを贈りました。なかなか言葉には愛情の気持ちを出せないのですが、ブーゲンビリアに思いを込めてプレゼントしたので、妻も喜んでくれたと思います。[/chat] 【あなたしか見えない】【あなたは素敵】などとても情熱的な花言葉が込められているブーゲンビリアは、普段は口に出せない思いを大切な方に伝えるのに一役買ってくれたのではないでしょうか。 こちらの方は、告白の時にブーゲンビリアを贈っています。 [chat face="man1" name="" align="left" border="gray" bg="none" style=""]ずっと好きだった相手にあふれる思いを伝えたくて、ブーゲンビリアとともに告白しました。ブーゲンビリアの花束はとても鮮やかでカラフルな存在感がありました。直接、ブーゲンビリアの花言葉を伝えなかったのですが、後で調べてくれたようで自分の秘められた思いを受け取ってもらえたと感じました。[/chat] 情熱的な花色をもつブーゲンビリアは愛情を伝えるのにぴったりなお花です。告白やプロポーズの際にブーゲンビリアを一緒に渡すと、一味違った印象を相手に与えてくれるのではないでしょうか。

恋人との記念日にプレゼントとともに贈った

次に、恋人との記念日にプレゼントと共にブーゲンビリアを贈った方のエピソードをご紹介します。 [chat face="man1" name="" align="left" border="gray" bg="none" style=""]恋人と付き合った1周年記念に、ブーゲンビリアをプレゼントしました。アクセサリーを渡すときに、何か存在感がある贈り物が一緒にほしいと思いブーゲンビリアの花束を選びました。情熱的なブーゲンビリアは記念日を鮮やかに彩ってくれたと思います。[/chat] ブーゲンビリアの目を惹きつける鮮やかな色は記念日などに恋人に贈るのにぴったりなお花です。女性が好む色合いが多いので、喜んでもらえたのではないでしょうか。ブーゲンビリアはどの色を選んでも良い花言葉が付けられていますので、安心して贈り物に使えますね。 こちらの方も恋人にブーゲンビリアのアレンジメントをプレゼントしています。 [chat face="man1" name="" align="left" border="gray" bg="none" style=""]恋人との記念日に何か思い出に残るプレゼントを贈りたいと思い、フラワーアレンジメントを贈ることにしました。どんな花を選べば良いか悩んでいたところ、お花屋さんでブーゲンビリアをおすすめされました。素敵な花言葉がつけられていることが選んだ理由だったようで、恋人にもとても喜ばれました。[/chat] ブーゲンビリアはフラワーアレンジメントにはあまり使われない珍しいお花です。お花屋さんがセンスを込めて作り上げてくれたアレンジメントは、ブーゲンビリアの色鮮やかさもあって特別なものになったのでしょうね。

ブーゲンビリアが誕生花である友人の誕生日プレゼントに

最後に、ブーゲンビリアが誕生花である友人の誕生日プレゼントに贈った方のエピソードをご紹介します。 [chat face="man1" name="" align="left" border="gray" bg="none" style=""]8月9日が誕生日の友人にブーゲンビリアの鉢植えを贈りました。常夏を思わせるような鮮やかな花色は、元気ではつらつとした友人の雰囲気にぴったりだと感じました。友人も自分の誕生花がブーゲンビリアだと知り、改めて好きになったようでした。[/chat] ブーゲンビリアが誕生花にあたるのは、6月14日・7月26日・8月9日です。夏の明るい日差しの下で元気に咲くブーゲンビリアは、夏が誕生日の方にプレゼントするのに適したお花なのではないでしょうか。 こちらの方も友人の誕生日にブーゲンビリアのお花を贈っています。 [chat face="man1" name="" align="left" border="gray" bg="none" style=""]友人へのプレゼントを探している時に、誕生花というものがあるということを初めて知りました。友人も、自分の誕生花がブーゲンビリアだったことを知らなかったようなので誕生日パーティーで花を眺めながら話が盛り上がりました。[/chat] 誕生日ごとに花が決められていることを知らない方も多いのではないでしょうか。自分の誕生花をわざわざ調べてくれた、というところに親愛を感じてくれるはずです。

ブーゲンビリアの花言葉とは?色別の花言葉や由来、贈り物の体験談を紹介!のまとめ

いかがだったでしょうか。 赤やピンクなど鮮やかで美しい花色が存在感のあるブーゲンビリアには、素敵な花言葉が数多くつけられていることをわかっていただけたでしょうか。【あなたは素敵】や【あなたは魅力に満ちている】という花言葉は特に贈り物としてもらった時に喜ばれるに違いありませんね。 この記事のポイントは以下の通りです。
  • 花言葉は、花の雰囲気や生態などからイメージされるもの
  • ブーゲンビリアはオシロイバナ科で、10月~4月に開花時期を迎える南国の花
  • ブーゲンビリアの花言葉は【あなたしか見えない】【熱心】【あなたは素敵】など魅力的なものが多い
  • ブーゲンビリアの色別の花言葉は、赤が【情熱】ピンクが【あなたは魅力に満ちている】オレンジは【秘められた思い】黄色は【あなたを信じます】
  • ブーゲンビリアの花言葉の由来は鮮やかな花の色や目と惹きつける特徴からつけられた
  • ブーゲンビリアは、告白の際に贈ったり恋人やパートナーとの記念日に贈ったりするのがおすすめ
ブーゲンビリアは贈り物としても人気が高く、最近では様々な種類が流通しています。通年の季節を通して比較的に手に入りやすい植物でもありますので、大切な方へのプレゼントを探している方はブーゲンビリアに思いを込めて贈ってみてはいかがでしょうか。 最後までお読みいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENには他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、ぜひご覧ください。