リビングで育てやすい観葉植物のおすすめ人気ランキング10選!

リビングで育てやすい観葉植物のおすすめ人気ランキング10選!
記事内に商品プロモーションを含む場合があります  #PR

目次

観葉植物をリビングに置いて気持ちを落ち着かせてリラックスできる空間を作りたいと思いますよね。しかしいざ観葉植物をリビングに置こうと考えるとどんな観葉植物をおけばいいのかわからなかったり、育て方や手入れの仕方がわからなかったりしませんか。実は観葉植物を育てるためには置く場所1つとっても非常に重要で、間違えた場所で育てるとうまく育たず失敗してしまいます。 そこで今回は初心者でも観葉植物を失敗することなく育てるための重要事項をまとめました。この記事を読むことで以下の情報を知ることができます。
  • あなたにあった観葉植物の選び方
  • 観葉植物の育て方
  • 観葉植物を育てるにあたっての注意点
これらの情報をもとに観葉植物を育て始めればリビングの雰囲気を変えることができ、インテリアとして長く観葉植物を育てることができるでしょう。また記事内でリビングで育てる観葉植物をランキング形式で紹介しますので、重要事項を知ることで理想の観葉植物を探すことができます。さらに記事後半では観葉植物がもたらす風水の効果についても解説していますので、最後まで読んで上手に観葉植物を取り入れてみてください。

リビングに観葉植物を置くメリット

リビングに観葉植物を置くメリット
観葉植物をリビングに置くことで以下のようなメリットを得られます。
  • 空気をきれいにしてくれる
  • おしゃれなインテリアになる
  • 観葉植物を育てる楽しみが生まれる
  • 清潔感のある部屋に見える
  • 部屋にグリーンが入ることで鮮やかに見える
このように観葉植物は清潔感やリラックス効果をもたらしてくれるのです。これらについてさらに詳しくまとめましたのでご覧ください。

リビングに置くことで観葉植物が空気を綺麗にしてくれる

観葉植物は空気を綺麗にしてくれます。なぜなら光合成をすることによって酸素の量を整えてくれたり、空気をきれいにしてくれるからです。またドラセナやサンスベリアといった観葉植物には有害物質を除去してくれる働きがあります このようにリビングに観葉植物を置くことでその場の空気を綺麗にしてくれるため、居心地の良い空間を作り出すことができるのです。

おしゃれなインテリアとして置ける

観葉植物はそれ自体でおしゃれなインテリアになります。観葉植物は部屋を明るい雰囲気にしてくれる優しいグリーンだからです。さらに飾り方はさまざまで、テレビ横においたり、ハンギングしたりと部屋のイメージに沿って観葉植物を設置できます つまり観葉植物は部屋のイメージに合わせて柔軟に馴染んでくれるおしゃれなインテリアなのです。

よく目につくリビングに置くことで観葉植物を育てる楽しみが生まれる

観葉植物は育てるのが非常に簡単です。置き場所はリビングやトイレ、ハンギングすれば天井にも設置できるなど、育てる場所にはこまりません。さらに水やりの頻度は土の表面が乾いたらあげる程度なので、植物を育てる初心者であっても楽しく育てることができますまたリビングに置くことで毎日成長する様子を気軽に確認できるため、育てる楽しみはもちろん家族の集まるリビングへ行く楽しみも生まれるでしょう。 このように観葉植物があることで、生活の中に新しい楽しみを生み出すことができるのです。

観葉植物があることで清潔感のある部屋に見える

観葉植物は部屋の清潔感をアップさせる効果もあります。なぜインテリアを追加して置くのに清潔感はなぜ出るのかというと、観葉植物ならではの曲線的な動きや緑の優しいカラーが部屋に馴染むからです。物が溢て散らかっているわけではなく、植物の動きが入るからこそ清潔感のある部屋にすることができます。 このように観葉植物だから出せる優しい明るさや植物の動きは、部屋に清潔感を与えてくれるのです。

ミニマリストのシンプルな部屋のリビングでも緑のカラーが入ることでより鮮やかに見える

観葉植物を置くことによってリビングに彩りを添えてくれますミニマリストでよくありがちな部屋の状態は殺風景すぎることです。綺麗に片付けはされているものの、何もなさすぎて物足りない印象が強くなります。 そこに観葉植物を1つ置くことでリビングを鮮やかにしてくれます。例えば殺風景なリビングに1つスラっと伸びた大きな観葉植物を想像してみてください。おしゃれなリビングの様子がイメージできますよね。このように観葉植物をインテリアとしておくことで、リビングが鮮やかになるのです。

観葉植物をリビングに置く際のおすすめのレイアウト方法

観葉植物をリビングに置く際のおすすめのレイアウト方法
観葉植物は飾り方によってリビングのイメージが大きく変わるため、レイアウトをよく考える必要があります。また観葉植物の飾り方は置くだけではなく吊るして飾るといった方法があるため、あなたのイメージするリビングに近づけることが可能です。 そこでここからはおすすめのレイアウト方法をご紹介します。
  • 上から吊るして飾る
  • 棚を使って飾る
  • テレビ横に飾る
  • ミニテーブルに飾る
  • 家具の隙間を埋めるように飾る
  • 高低差を意識して飾る
レイアウトを考える上でこのような置き方を考えると思いますので、以下で詳しく解説していきます。

プラントハンガーなどを使用して上から吊るす

観葉植物の飾り方でインパクトがあるものといえばプラントハンガーを使用した飾り方でしょう。プラントハンガーを使うことで上から吊るすように観葉植物を飾ることができるので、リビングを全体的に緑の優しい雰囲気に包むことができます このプラントハンガーを使う場合は横や下に育っていくような観葉植物がおすすめです。また風通しが良くなるというメリットがありますので、長期間にわたって観葉植物を楽しむことができます。 このように部屋全体をリラックスできる雰囲気にしたいという方は、ぜひプラントハンガーを試してみてください。

壁に棚をたて小物入れ兼観葉植物スペースとして活用する

観葉植物を置く手段に棚を使う方法があります。棚を使って観葉植物を置くことで、みずみずしさのある空間が生まれるのです。 このように棚を使うことで水やりが簡単になることはもちろん、床に置いてスペースを消してしまう心配もテーブルに置いて汚れてしまう心配もすることがありません。狭いスペースだとしても観葉植物を飾りたいという方は、棚を使った飾り方をおすすめします。

リビングのテレビ横にちょこんと観葉植物を添えるように飾る

観葉植物を飾る際にイメージしやすいのがテレビ横のスペースでしょう。意外とスペースが空きがちになるため、そこへ観葉植物を置いてあげると綺麗に馴染んでテレビ横を引き締めてくれるのです。またテレビ横に観葉植物を置くことは、空気を浄化してくれるだけではなく風水的にも非常に良いとされています。 効果としては仕事運や金運のアップがありますので、テレビ横に観葉植物を置くことは非常におすすめです。

ミニテーブルに飾り観葉植物コーナーを作る

小型の観葉植物は人気が高いサイズです。その小型サイズを飾るのにうってつけな場所がミニテーブルになります。ミニテーブルを使うことで観葉植物を気軽に飾れる上に、模様替えや日光浴などの際に便利です。また棚を使う時のように水やりが簡単になったり、まとまったスペースで育てることができるためミニテーブルを中心にみずみずしさを感じます。 このように手軽で人気な小型サイズを育ててみたい人には、ミニテーブルを使った飾り方がおすすめです。

【飾り方のポイント】リビングの家具の隙間を埋めるように観葉植物を配置する

リビングにはデッドスペースになっている部分があります。例えば人が通らない場所でなおかつ椅子をひいた時に邪魔にならない場所です。そこへ観葉植物を置くことでおしゃれなレイアウトになります。 実用例としてはソファと窓の少し空いたスペースです。大きいサイズの観葉植物を置くことで存在感が出て、部屋にリラックスできる雰囲気を作ってくれます。このようにデッドスペースになっている家具の隙間を埋めるように飾ることも、選択肢の1つです。

【飾り方のポイント】高低差を意識してディスプレイする

観葉植物はすでに置いてあるインテリアと組み合わせることでおしゃれな雰囲気を出すことができますなぜなら大小さまざまなサイズがあるため、インテリアに合った組み合わせをすることでただの置物からセンスのあるおしゃれな一角になるからです。 例えば殺風景なドアのすぐ横に、ドアノブほどの高さの観葉植物を置くことで下のスペースを埋めて鮮やかな空間を作り出してくれます。このように別のアイテムと合わせることで、観葉植物は相乗効果を発揮しておしゃれなインテリアになるのです。

リビングに飾る観葉植物の選び方

リビングに飾る観葉植物の選び方
観葉植物は基本的に高温多湿の環境を好みますそのため全ての観葉植物がリビングに適しているとはいえません。 そこであなたのリビングに飾る観葉植物をどう見つけるかの確認ポイントを6つご紹介します。
  • 日陰でも育つ品種を選ぶ
  • 置き方や置き場所で選ぶ
  • サイズで選ぶ
  • デザインに合わせて選ぶ
  • 虫がつかないものを選ぶ
  • 寒さに強いものを選ぶ
これらについて確認しておけばリビングで観葉植物を育てても失敗を避けることができますので、リビングに飾る場合は必ずチェックをしておきましょう。

日陰でも育つ品種を選ぶ

観葉植物をリビングで育てる場合は、日陰でも育つ耐陰性の品種を選ぶようにしましょうなぜならリビングに飾る場合、レイアウト上どうしても日陰になってしまうことがあるからです。 しかし観葉植物の中には日陰への耐性がある耐陰性の品種もあります。モンステラやアイビーなどが耐陰性のある観葉植物なので、設置場所が日陰になってしまう場合はこちらの観葉植物が候補に入るでしょう。もし日光を必要とする観葉植物を日陰で育ててしまうと、徒長といって細くヒョロヒョロに育ってしまうので要注意です。

観葉植物の置き方・置き場所で選ぶ

観葉植物には品種はもちろん大小さまざまなサイズがあるため、置き方や場所によっても選ぶべき観葉植物を変える必要があります。例えばリビングにシンボルツリーとして設置する場合は高さのある大きいサイズが選ばれますし、テーブルにちょこんと置く場合は小型の観葉植物が最適です。 またプラントハンガーを使う場合は上に成長していくタイプは避けるようにするなどの注意が必要になります。ポイントはどの空間にどんな観葉植物を置きたいのかを考えることですので、あなたのイメージをもとに選んでみてください。

超ミニサイズから大型まで幅広くあるので観葉植物のサイズで選ぶ

観葉植物には品種はもちろんサイズの種類も幅広く存在します。理想とするリビングにあったサイズを選ぶべきですが、成長の仕方によってはイメージと違ったり窮屈に感じさせてしまうこともあるため、事前の確認が必要です。 以下で大きめサイズと中型サイズ、小さめサイズの特徴をまとめましたのでご覧ください。

大きめサイズ

大型のサイズはシンボルツリーとして部屋のインテリアになれる観葉植物です。7号以上が大きなサイズとして飾られており、非常に存在感があります。 テレビ横やソファ横に置くことでリラックスできる雰囲気が漂いますし、1つ置くだけでも部屋の空気がカラッと変わるほどのタイプです。そして水やりや置き場所をしっかり押さえておくことで、初心者でも長く育てることができるため非常に育てがいのある観葉植物になります。

中型サイズ

中型サイズの観葉植物はおしゃれなインテリアとして気軽に飾ることができます。初心者の場合、大きめサイズだと不安に感じるかもしれませんが中型サイズであればチャレンジしやすい大きさと言えるでしょう。 大きさとしては5号や6号あたりが中型サイズに該当し、置き場所さえ確保できれば日光や水やり、風通しなどを考慮して育てるだけです。インテリアとして部屋を飾りたいけどそこまで大きくなくていいと考えている方にはおすすめのサイズと言えます。

小さめサイズ

小さめサイズの観葉植物は非常に人気のあるサイズとなっています。なぜならかさばる事がない上に置き場所に困りませんし、まとめて置くことで可愛くておしゃれな空間を作り出すことができるからです。 サイズとしては4号以下で机にちょこんと乗るようなサイズとなっており、初心者でも始めやすい観葉植物になっています。まずはテーブルの上で育ててみて、観葉植物を試してみたいという方にはおすすめです。

部屋のデザインに合わせて選ぶ

観葉植物は部屋のデザインによってどの品種にするかが決まります。例えば壁掛けで観葉植物を育てていきたいという場合はつる状の観葉植物がベストですし、狭い部屋にある棚のワンスペースに飾るのであれば小型の観葉植物が選ばれるでしょう。 このように部屋のデザインによって観葉植物を選んでいく必要がありますまた成長段階で上に伸びて育つタイプや下に垂れるように育つタイプの観葉植物があるので、そこも含めて部屋のデザインと照らし合わせることでベストな観葉植物を見つける事ができるでしょう。

できるだけ虫がつかないハイドロカルチャー式のもので選ぶ

ハイドロカルチャーとは、土を一切使う事がなく水で育てるタイプのものです。そのためハイドロカルチャー式にはこのようなメリットがあります。
  • 清潔である
  • 臭いの発生が少ない
  • 空気清浄効果の効率が良い
大きな違いである土を使わないという点から無菌のものが多く清潔です。また土に比べて匂いがなく、リビングで育てる場合には衛生面で非常に優秀であると言えます。さらに根の部分の通気性が良いため、空気清浄をしやすい状態です。 このようにハイドロカルチャーは衛生面に優れているため、リビングで育てる場合におすすめと言えます。

初心者でも育てやすい品種で選ぶ

初心者にも育てやすい品種の特徴はこちらの通りです。
  • 剪定の手入れが少なくて済むもの
  • 水やりの頻度が少なくて済むもの
  • 耐陰性であるもの
特に毎日の水やりや細かなお手入れは正直めんどうだと感じてしまいますよね。しかし観葉植物はその面倒を避ける事ができます。例えばサンスベリアという観葉植物は水やりの頻度が少なくてすみますし、ベンジャミンという観葉植物は耐陰性がある観葉植物です。 このように品種と特徴を知ることで、初心者が不安やめんどうに感じる作業を省くこともできますつまり初心者であるなら、上記の3つを押さえた観葉植物がおすすめです。

寒さに強い品種をできるだけ選ぶ

観葉植物は寒さに弱い植物とされています。耐寒性のない観葉植物は10度を下回るとどんどん元気がなくなってしまいますまた冬場の乾燥や水のあげ過ぎなどで観葉植物をダメにしてしまうこともあるのです。 そうならないためにも多肉植物やサボテンなどの耐寒性があるものを選ぶと良いでしょう。そうすることによって冬でも安心して観葉植物を育てる事ができます。

リビングに観葉植物を飾る際におすすめの品種ランキング

リビングに観葉植物を飾る際におすすめの品種ランキング
ここではリビングに飾るときのおすすめ観葉植物をランキング形式で10個紹介します。これまで読んできた内容を踏まえてリビングに合う観葉植物を見つけてください。

ランキング1位:パキラ

パキラ
パキラは乾燥や寒さ、日陰にも強く丈夫な観葉植物です。このような特徴から初心者にも育てやすい観葉植物となっています。パキラは日光が好きなので、置き場所としては日当たりの良い窓際のおくことで健やかに育てることが可能です。このように非常に育てやすい観葉植物となっていますので、初めての観葉植物で失敗したくない方に向いています。
商品名 パキラ
価格 2,680円
育てやすさ 星4.4
特徴 人気の高い観葉植物。 透明なグラスでカッコよく、水やり時のかさが目視でわかるためお手入れが簡単。

ランキング2位:ベンジャミン

ベンジャミン
ベンジャミンは葉がカールしているタイプや斑入りになっているタイプがあり、品種によってさまざまなタイプを楽しむことができますおしゃれな観葉植物である一方、蒸れやすく乾燥や冷気に弱いこともあるため、環境のコントロールには注意しなければいけません。しかし綺麗なライトグリーンの色を持つベンジャミンは、部屋に彩りを与えてくれて気分を晴れやかにしてくれます環境に左右される観葉植物ですので少し手間がかかっても大丈夫だという方は挑戦してみてください。
商品名 フィカス・ベンジャミン・バロック
価格 5,980円
育てやすさ 星3.0
特徴 葉がカールした特徴的な品種です。 育てやすさは普通のベンジャミンと同じくらいで、管理の難しい観葉植物ではありません。 リビングやオフィスに飾りやすい観葉植物です。

ランキング3位:ガジュマル

ガジュマル
ガジュマルはとてもポピュラーな観葉植物で沖縄でよく見られます。葉焼けや冷気に気をつければ初心者にも育てやすい観葉植物ですので、初心者でもチャレンジしてみてもいいでしょう。また沖縄でガジュマルには「ガジュマルに宿るキジムナーが幸運をもたらしてくれる」という言い伝えがあり、ギフトとしても選ばれやすいです。初心者でも育てやすい観葉植物ですので、リビングに運気を引き寄せたい方はぜひチャレンジしてみてください
商品名 ガジュマル大理石 丸砂利
価格 2,680円
育てやすさ 星3.3
特徴 ガジュマルは多幸の木と言われ縁起の良いものとして多くの人に愛されています。 直射日光を避け、霧吹きで乾燥を防ぐことで元気に育ちます。 大理石を砕いた丸い砂利は高級感を醸し出し、リビングにおしゃれなインテリアとして置くことができます。

ランキング4位:モンステラ

モンステラ
モンステラは見た目が特徴的であり人気の観葉植物の1つです。特に他の観葉植物と違うところは葉にあります。その特徴は葉に切れ込みが入っているところです。このモンステラは非常に育てやすいため初心者でも気軽に育てることができますこのようにおしゃれな葉を付けることと育てやすいことから、ギフトにも向いていますし初心者でも安心して育てることができるのでおすすめです。
商品名 モンステラ 6号鉢
価格 4,980円
育てやすさ 星4.5
特徴 お手軽で可愛いサイズの6号鉢。 鉢カバーもついてくるためインテリアとしておしゃれに飾ることが可能です。。 強すぎる日光を避け、風通しの良い場所に置くことで元気に育ちます。

ランキング5位:サンスベリア

サンスベリア
サンスベリアは多肉植物のため水分を多く含んでおり、他の観葉植物よりも水やりが少なくて済みますまた空気清浄の効果が高い観葉植物ですので、リビングに置くことで気持ちよくリラックスすることができるでしょう。サンスベリアの成長は真っ直ぐ上に向かって伸びるため狭いスペースでも育てることができますリビングに広いスペースがない方でも観葉植物を育てたいという方は、ぜひ候補に入れてみてください。
商品名 サンスベリア 白玉砂利
価格 2,480円
育てやすさ 星5.0
特徴 土を使っていないため衛生的に安心な観葉植物となっています。 サンスベリアには「永久」や「不滅」という花言葉がありますので、加点祝いや就職祝いに向いている観葉植物です。 透明なグラスになっていて清潔感と高級感を感じることができます。

ランキング6位:ウンベラータ

ウンベラータ
ウンベラータの葉は非常におしゃれで1つ1つがハートの形をしていますそのためウンベラータだけでおしゃれなインテリアとしてリビングにおけるのです。さらに耐陰性があるため明るい日陰で育てることができ、リビングの環境にあっていると言えます。逆に直射日光が苦手なので窓から離れた位置で育てるようにしましょう。リビングで育てると決まっているのであればウンベラータがおすすめです。
商品名 フィカス・ウンベラータ・ブラック
価格 4,980円
育てやすさ 星4.6
特徴 人気の大型観葉植物です。 置く場所についてはリビングはもちろん、寝室やオフィスなど様々な場所に適応して馴染んでくれます。 葉の形が特徴的ですので1つ置くだけでステキなインテリアとして存在感を出してくれるでしょう。

ランキング7位:シマトネリコ

シマトネリコ
シマトネリコは列上に葉を生やして育つため爽やかな印象がある観葉植物です。暑さに強く日光を好みグングン成長してくれます。一方寒さに弱いため寒さ対策は必要です。全体的に柔らかさを感じることができるおしゃれな観葉植物となっており、日当たりが良いリビングで育てるならおすすめの観葉植物と言えます。
商品名 シマトネリコ
価格 3,380円
育てやすさ 星4.0
特徴 高さはおよそ100cmほどの観葉植物です。 春に芽吹きますのでそのタイミングでボリュームアップします。 柔らかい印象を感じられますので、ビジュアル的にもリラックスすることができます。

ランキング8位:ユッカ

ユッカ
ユッカの葉はツンツンしていてクールな印象がある観葉植物です。通気性さえ確保すれば場所を選ばず育てることができるので、初心者でも非常に育てやすい観葉植物です。育てる時の注意点としては水のあげ過ぎを避ける必要があります。目安としては週に1度程度の水やりで十分です。手軽で育てやすいので、ユッカは初心者にもおすすめな観葉植物と言えます。
商品名 ユッカ 4号
価格 2,780円
育てやすさ 星5.0
特徴 シャープな葉が伸びていくことから「青年の木」と呼ばれています。 乾燥にも強いことから初心者に向いている観葉植物です。 インテリアにマッチするようにヤシの木チップを使った表土ですので、リビングに馴染んでくれます。

ランキング9位:アレカヤシ

アレカヤシ
アレカヤシは縦にも横にも大きいためボリューム満点で存在感がある観葉植物です。年間を通してよく成長するため、育てることに不安がある初心者でも、管理の苦手な方でも簡単に育てられます。羽のような大きな葉をつけて育ちますので、ある程度の育てるスペースが必要になります。スペースさえあれば初心者でも育てやすい観葉植物ですので初心者にもおすすめです。
商品名 アレカヤシ 8号鉢
価格 11,000円
育てやすさ 星4.2
特徴 高さが90cmほどある観葉植物です。 人気の大型観葉植物の1つで、鉢カバーがついてきますので、すぐにインテリアとして飾ることができます。 育てるためにはある程度のスペースが必要になります。

ランキング10位:アイビー

アイビー
アイビーは人気の観葉植物の1つに数えられます。というのも暑さや寒さに強く、蛍光灯の光でも育つほど丈夫ですので初心者でも育てやすいからです。アイビーはプラントハンガーで吊るすとおしゃれに育てることができ、置き方も幅広い中から選べます。非常に育てやすいのでアイビーは初心者におすすめの観葉植物です。
商品名 ヘデラ アイビー ハイドロカルチャー
価格 1,980円
育てやすさ 星4.0
特徴 ハイドロカルチャーなので初心者でも簡単に育てることができます。 さらに虫が湧きにくいことからリビングにもおきやすく、3号鉢ですのでテーブル上にも彩りを与えてくれます。 サイズも育てやすさも初心者にとってはちょうど良いです。

【初心者必見!】観葉植物のお手入れ方法

【初心者必見!】観葉植物のお手入れ方法
観葉植物のお手入れを知ることで長く育てる楽しみを味わう事ができますので、初心者はここでしっかり覚えておく事が必要です。ここでは以下のことを紹介します。
  • 観葉植物のお手入れに必要なもの
  • サイズ別のお手入れの仕方
これらを知っておくことで年間を通して観葉植物を楽しく育てる事ができるでしょう。また、どうしてもお手入れがめんどくさいと感じる人におすすめの方法も解説していますのでぜひチェックしてみてください。

観葉植物のお手入れに必要なもの

初心者の方でも最低限やってもらいたいお手入れが3つあります。それがこちらです。
  • 水やり
  • 日光浴
  • 空気の換気
この3つは最低限必要なお手入れですので、観葉植物が枯れないように実施する必要があります。 しかし毎日する必要はありません水やりは土が乾いたら鉢の底から溢れるくらいの量をあげれば大丈夫ですし、日光浴については半日陰の場所に置いておくだけでも違います。空気の換気については必要に応じて扇風機などで送風するなどすれば熱気や湿気を取り除く事ができます。 また葉が枯れてしまった場合はその部分を剪定すれば、また成長してくれるのが観葉植物です。つまりお手入れにあると便利なアイテムはご覧の通りです。
  • ジョウロ
  • 扇風機
  • ハサミ
長く観葉植物を楽しむためにもぜひお手入れをしてあげてください

大型の観葉植物の場合のお手入れ方法

大型の観葉植物のお手入れは水のやり過ぎに注意が必要です。基本的に土が乾いたら水をあげるべきですが、乾く前に水をやると栄養過多になり根腐れしてしまいます。そのため水やりの際は必ず土の状態をチェックして、乾いた状態を確認してから水をあげるようにしましょう。 また水をあげていても栄養が葉まで行き渡らない事があるため、たまに霧吹きで葉に水をかけてあげると良いです。

中型の観葉植物の場合のお手入れ方法

中型の観葉植物のお手入れで注意するべき点は植え替えです。植え替えをすることによって寿命を延ばす事ができますし、鉢の中で根詰まりを起こしている場合はそれを解消する事ができます 植え替えは頻繁にやる必要はありませんが、日常的な水やりなどのお手入れをする中で必要に応じてやってみてください。植え替え後はどのサイズの観葉植物とも同じようなお手入れの仕方をすることで、安定して元気に育ってくれます。

小型の観葉植物の場合のお手入れ方法

小型の観葉植物のお手入れでは葉に毎日水をかけてあげるようにしましょう。このお手入れをすることで葉についたほこりを洗い流せるだけでなく、湿度を保つ事ができますまた虫がつかないようにできたり病気対策にもなるので、毎日かけてあげる事が必要です。 小さいジョウロや霧吹きがあると手軽にお手入れができるので、小さいサイズを育てる場合は毎日お手入れをしてあげましょう。

ズボラなあなたにはハイドロカルチャーでの栽培方法がおすすめ!

どうしてもお手入れがめんどくさいという方はハイドロカルチャーがおすすめです。ハイドロカルチャーであればお手入れの頻度が半年に1回から年に1回で済みます。そしてなんとお手入れの内容は2つだけです。
  • ハイドロボールの洗
  • 根腐れ防止剤を入れ直す
たったこれだけで観葉植物を楽しめますので、ズボラでお手入れはめんどくさいという方は、ぜひハイドロカルチャーで育ててみてください。

リビングで観葉植物を育てる際の注意点

リビングで観葉植物を育てる際の注意点
簡単に育てられる観葉植物ですが注意点もいくつかあります。特にリビングで育てる時にはこの3つに注意してください。
  • ペットに注意する
  • 地震対策をしておく
  • 水やりをしっかりする
以下で詳しく解説していますので、観葉植物を育てる前に1度確認しておきましょう。

ペットがいる場合土や葉を口にしないように注意する

ペットを飼っている方やこれから買う予定がある方は注意してください。なぜなら観葉植物の葉や土はペットにとって有害なものが多いからです。 例えばアイビーやドラセナという観葉植物は犬にとっては有害な観葉植物になります。またプラントハンガーを使って吊るしていたとしても、葉が床に落ちる可能性がありますので避けるべきです。飾りたい時は絶対にペットが届かない場所に飾るか、ペットにとって無害な観葉植物を選ぶようにしましょう。

ふとした衝撃で倒れたりしないように地震対策をしておく

地震などの自然現象は避ける事ができないので、事前に対策を取っておく事が必要です。方法としては以下を考える事ができます。
  • 滑り止めシートを使う
  • 万が一倒れても避難する道を妨げないところに飾っておく
このように対策はとれるものの、絶対に倒れないということはありません。しかしこれらの対策をしておけば、不注意でぶつかってしまった衝撃程度なら耐えられる可能性も出てきますきっと大丈夫だと思わずに、万が一を想定して転倒防止対策を取るようにしておきましょう。

水やりなどのお世話をしっかりしてあげる

リビングで観葉植物を育てる場合は特に水やりが大切になります。その理由はエアコンによる乾燥を観葉植物は嫌うからです。そのため土は湿っているけど葉は乾燥しているということもあります。 このような環境を防ぐためにも、エアコンが直撃する位置を避けこまめに水分チェックをして、霧吹きなどを使い葉に水分を与える方法もとることが必要です。

リビングに観葉植物を置くと風水的な効果がアップするって本当?

実は観葉植物には風水的な効果があり、品種によって持ち合わせる効果も変わってきます魔除けや厄除けの効果もありますので、せっかくリビングに観葉植物を置くのであればぜひ風水にも気を配ってレイアウトを考えてみてください。

そもそも風水とは

風水とは物の位置によって気の流れを操り運を呼び込むものです。例えばリビングにおける家具の配置を変えることで良き気の流れを作り出したり、魔除けや厄除けとして悪い気の流れを断ち切ったりすることができます。また物には隠と陽のエネルギーがあり、それぞれのバランスを整えることでいい運がやってくるのです。 このように風水はものの配置によって気の流れが変わってきますので、今から観葉植物を育てる場合は置く場所を考えてみましょう。

風水では観葉植物から自然パワーを受け取ることで運気がアップするとされている

観葉植物は運気が詰まっているアイテムとされています。例えば仕事運や金運などがあり、育てる観葉植物が決まったら一度調べてみると良いでしょう。また観葉植物は品種によって葉の形や育つ向きが異なっており、それと同じくそれぞれの特徴によって持ち合わせる運気も変わってきます ただしどの観葉植物が良いというものではなく、陰陽のバランスを整えることができるため観葉植物の特徴を理解しておくことが必要です。

日常的に過ごすことの多いリビングに観葉植物を置くのは効果的

家族の集まるリビングに観葉植物を置くと風水的に非常に効果が良いです。例えば家電製品の近くに置くことで、観葉植物の持つ気が悪い気と調和してくれるから運気が良くなるとされています。またリビングは気が停滞するため、大きいサイズの観葉植物が良いです。 これらはあくまで一例ですので、あなたがイメージしている観葉植物の持つ気を調べた上で設置してください。

観葉植物を置く際は葉の向きや生え方・置く方角なども意識するとより効果アップ

観葉植物には陽の気を持つ観葉植物と陰の気を持つ観葉植物の2種類がありますそれぞれの特徴をまとめたのでご覧ください。
  • 陽の気:細い葉、上向に伸びる、葉の枚数が多い
  • 陰の気:丸みのある葉、下向きに伸びる、葉の枚数が少ない
このように品種ごとの特徴によって持ち合わせる気が違います。また陰と陽どちらが良いという優劣はありません。 バランスを取ることが大事になりますので、陰と陽2つのバランスが釣り合うようなリビングにすると運気が良くなるでしょう。

let's緑活!リビングで育てやすい観葉植物おすすめ人気ランキングまとめ

ここまで観葉植物についてまとめてきましたがいかがでしたでしょうか?今回の記事では初心者がリビングで観葉植物を育てる場合について解説してきました。 特に押さえておきたいポイントはこちらです。
  • 観葉植物は品種ごとに合った特徴を押さえて選ぶ
  • 観葉植物は日光と水、風通しの3つを意識して育てる
  • 観葉植物を育てる時にはペットや転倒の対策について考えておく
これらを抑えることで初心者でも簡単に観葉植物を育てることができますまたレイアウト次第では風水を十分に活かした配置を考えることができますので、リラックス効果とともに運気を上げることが可能です。 ぜひ初心者でこれから観葉植物を育てたいとお考えであれば、何度もこの記事を読んで楽しく観葉植物を育てるようにしてください。