【2024年】シンボルツリーアオダモのおすすめランキング8選を紹介!育て方まで

【2024年】シンボルツリーアオダモのおすすめランキング8選を紹介!育て方まで
記事内に商品プロモーションを含む場合があります  #PR

目次

皆さんはシンボルツリーとしてのアオダモをご存知でしょうか。庭園を彩るために樹木を選ぶ際、美しさや季節ごとの変化、管理のしやすさなど、多くの要素を考慮したいものです。この記事では、アオダモがなぜシンボルツリーに適しているのか、その選び方やおすすめの品種、育て方について詳しく紹介していきます。
  • シンボルツリーにおすすめなアオダモとは?
  • アオダモのシンボルツリーはどんな人におすすめ?
  • アオダモはどこで購入することができるの?
  • アオダモの選び方
  • シンボルツリーアオダモのおすすめ人気ランキング8選
  • アオダモの育て方
  • シンボルツリーアオダモおすすめのまとめ
について解説します。 この記事を通して、アオダモの選び方から購入先、人気品種、そして育て方まで、購入を検討している方に必要な情報を全て詳しく知ることができます。ぜひ最後までご覧ください。

シンボルツリーにおすすめなアオダモとは?

アオダモは、その優美な姿で多くの庭園や公園で親しまれています。四季を通じて変化する姿が魅力的で、特に秋の紅葉は圧巻です。この樹木は、自然な景観を愛する人々にとって理想的なシンボルツリーとなります。

アオダモの特徴と魅力

アオダモは、落葉樹で、春には新緑を、秋には美しい紅葉を楽しめます。その年間を通じた色の変化は、庭木として非常に価値が高いです。また、成長が早く、比較的簡単に手入れができるため、多くの庭園愛好家にとって魅力的な選択肢です。

アオダモがシンボルツリーとして適している理由

アオダモは高さが十分にあり、見栄えが良く、どんな庭園にも映えます。また、落葉樹としての自然な成長パターンが、四季の変化を感じさせ、年間を通して景色に変化をもたらします。さらに、樹形が整っており、雑木林のような自然な雰囲気を作り出すことができます。

アオダモの自然な美しさと樹木としての価値

アオダモは、その自然な美しさで知られ、庭木としての価値が高いです。特に、秋の紅葉は見事で、鮮やかな赤やオレンジの色合いが庭園を彩ります。また、植栽や剪定が比較的簡単なため、初心者でも育てやすい点も魅力です。

アオダモのシンボルツリーはどんな人におすすめ?

アオダモは、自然の美しさを愛し、季節の変化を庭園で感じたい人に特におすすめです。この木は、その落葉樹としての特性を活かし、庭に四季折々の風情をもたらします。また、手入れが比較的容易であるため、初心者の庭木愛好家からも人気があります。

アオダモが向いている庭や環境

アオダモは日当たりが良く、水はけの良い場所を好みます。広い庭園では、その優美な樹形と成長を十分に楽しむことができます。また、都市部の狭いスペースでも、適切な剪定によって小さく保つことが可能です。アオダモは多くの環境に適応しやすいため、さまざまな庭のタイプに適しています。

アオダモの手入れが必要な人

アオダモは、比較的手入れが簡単な樹木ですが、定期的な剪定が必要です。特に若い樹木は成長が早いため、形を整えるための手入れが欠かせません。また、秋の紅葉を楽しむためには、適切な水やりと肥料が必要です。手入れを楽しむことができる人には最適な選択です。

アオダモを楽しむための条件

アオダモを楽しむためには、まず適切な植え付け場所を選ぶことが重要です。日当たりと水はけの良い場所が理想的です。また、季節に応じた水やりや肥料、剪定が必要となります。これらの条件を満たすことで、アオダモの持つ自然な美しさを最大限に引き出すことができます。

アオダモはどこで購入することができるの?

アオダモは、日本全国の植木センターや園芸店で購入することができます。また、インターネット上の専門店でも多種多様なアオダモが販売されています。購入する際には、樹木の健康状態やサイズを確認することが大切です。価格帯は苗木のサイズや品質によって異なります。

アオダモの苗木やポットの入手方法

アオダモの苗木やポットは、専門の園芸店やオンラインショップで広く入手可能です。小さなポット苗から、すでに一定の高さがあるものまで、さまざまなサイズが販売されています。オンラインで購入する場合は、生育状態や根の健康を確認するために、詳細な写真や情報を提供している店を選ぶと良いでしょう。

アオダモ購入時の価格と保証について

アオダモの価格は、サイズや育成状態によって大きく異なります。苗木の価格は比較的手頃で、大きなものになると価格は上がります。多くの店舗では、植物の健康状態に対する保証を提供しており、購入後の一定期間内に問題が発生した場合の交換や返金が可能です。このような保証がある場所での購入をおすすめします。

アオダモを扱うおすすめの植木や雑木販売店

アオダモを扱うおすすめの店舗には、大手園芸店や地元の植木センターがあります。また、専門性の高い雑木販売店では、品質の良いアオダモを見つけることができます。オンラインショップも便利で、詳細な説明と共に多様な選択肢を提供しています。購入前に店舗の評判やレビューを確認するのが良いでしょう。

アオダモの選び方

アオダモを選ぶ際には、樹木の健康状態、成長の可能性、および庭園や風景に適したサイズを考慮することが重要です。植木を選ぶ際には、その樹形や根の状態に注意し、長期的な成長と維持に適した個体を選ぶべきです。また、購入する場所によって、品質と価格に大きな違いがあることを覚えておく必要があります。

アオダモの苗木選びのポイント

アオダモの苗木を選ぶ際には、健康な葉と強い根系を持つものを選ぶことが大切です。葉の色と形状が正常であること、枝の損傷や病気の徴候がないことを確認してください。苗木の根は白くて強固であり、ポットからはみ出していないことが望ましいです。また、樹木が直立しており、枝分かれが均等であることも重要です。

アオダモの株立ちと成長の見極め方

アオダモの株立ちを見極める際には、その樹形と枝の配置をチェックします。良い株立ちのアオダモは、底から上に均等に枝が広がっているべきです。成長の見極めでは、過去の成長パターンを示す枝の長さや厚さを確認し、健康な成長が続いているかを見極めます。成長が均一であることが、長期的な健康を示す良い兆候です。

アオダモ選びでの注意点

アオダモを選ぶ際には、特に病気や害虫の徴候に注意する必要があります。枝や葉に黒ずみや斑点がないかを確認し、根腐れの徴候を見逃さないようにします。また、購入後の環境に適したサイズの樹木を選ぶことも重要です。大きすぎる樹木は、狭いスペースでは管理が困難になることがあります。

シンボルツリーアオダモのおすすめ人気ランキング8選

アオダモは、その美しい樹形と四季折々の表情で、多くの庭園愛好家に選ばれています。ここでは、特におすすめのアオダモの品種や特徴をランキング形式でご紹介します。これらの中から、あなたの庭や風景に最適なアオダモを見つけることができるでしょう。各品種は独自の魅力を持ち、様々なニーズに応えることができます。ランキングには、成長の早さ、美しい紅葉、病害虫への耐性など、様々な観点から選ばれたアオダモが含まれています。

ランキング1位:庭木:アオダモ(コバノトネリコ)株立ち

こちらの商品は株立ちタイプのアオダモです。樹高が140cmとシンボルツリーとしてすぐに植えても枯れにくい程度に十分生育しているため、新居祝いや引っ越し祝いなどの際にお庭に植えてみてはいかがでしょうか。大きめなサイズの商品、かつ生きている生き物の販売となるため沖縄県、北海道、離島への販売はできないもののそれ以外の地域の場合は配送が可能です。
商品名 庭木:アオダモ(コバノトネリコ)株立ち
価格 25,000円
ブランド 遊恵盆栽
寸法 約140cm 鉢径:約21cm
タイプ 根巻き

ランキング2位:アオダモ (コバノトネリコ) 寄せ株 株立ち 根巻き苗

こちらの商品はアオダモの寄せ株の根巻き苗です。こちらの商品も140cmと植え付けしやすいサイズの商品となっており、病害虫や寒さ、暑さ、環境の変化にある程度耐えることができます。寄せ株のため数本の幹が株本から伸びており、成長にしたがってボリュームや存在感が増していくでしょう。シンボルツリーだけでなく目隠しや花壇のわき役としてもおすすめです。
商品名 アオダモ (コバノトネリコ) 寄せ株 株立ち 根巻き苗
価格 13,200円
ブランド 花ひろばオンライン
寸法 約140cm
タイプ 根巻き

ランキング3位:アオダモ 株立ち 樹高1.8~2.0m前後(根鉢含まず) 単品

こちらの商品は先ほどまで紹介していた商品と比べると少し大きめの1.8~2.0m前後の樹高となった苗となっています。少し大きめの木から育てたいと考えている方や目隠しとして利用するにあたってはいう力ボリュームがあってほしいと考えている方におすすめです。少し大きい苗のため、到着後はできる限り早めに植え付けを行うとスムーズに活着するでしょう。
商品名 アオダモ 株立ち 樹高1.8~2.0m前後(根鉢含まず) 単品
価格 22,000円
ブランド 相馬グリーン
寸法 樹高1.8~2.0m前後
タイプ 根巻き

ランキング4位:青ダモ アオダモ大苗

こちらの商品は150cmほどの樹高の商品です。植え付けに向いたサイズとなっており、植え付け後の活着も良いおすすめの時期となっています。シンボルツリーや目隠しとして地植えするだけでなく、鉢植えで育てて小さく仕立てたいという方にもおすすめですよ。そのままにしておくと大きく育つため、庭植えにする場合でも剪定を行いコンパクトにすると良いでしょう。
商品名 青ダモ アオダモ大苗
価格 29,800円
ブランド こぼんさい
寸法 150cm程度
タイプ 根巻き

ランキング5位:特選現品 庭木:アオダモ(コバノトネリコ) *樹高150cm 全高160cm

こちらの商品は150cm程度の樹高のアオダモの苗です。程よく大きくボリューミーでありながら、植え付け後もすくすく育ち大きくなっていく楽しみもあります。アオダモ自体は暑さや寒さにとても強いため日本の各地で育てることができるものの大きめのサイズの商品となっているため北海道、沖縄、離島への配送はできないためもしも購入する際はご注意ください。
商品名 特選現品 庭木:アオダモ(コバノトネリコ) *樹高150cm 全高160cm
価格 29,800円
ブランド 遊恵盆栽
寸法 樹高150cm 全高160cm
タイプ 根巻き

ランキング6位:マルバアオダモ 樹高30~50cm前後 20ポットセット

こちらの商品は樹高が30~50cm程度の小さめなアオダモです。また普通のアオダモとは異なり、マルバアオダモという名前の通り通常のアオダモと比べると丸みを帯びた葉っぱとなっています。また、こちらの商品は20個セットとなった商品のため生垣のようにたくさん庭に植えたいという方にもおすすめです。地植えするには小さめな苗のため少し成長してから植えつけると良いでしょう。
商品名 マルバアオダモ 樹高30~50cm前後 20ポットセット
価格 13,500円
ブランド 相馬グリーン
寸法 樹高30~50cm
タイプ ポット

ランキング7位:アオダモの苗木2鉢セット(ポットごと発送)

こちらの商品は小さめなアオダモの苗木です。2鉢セットとなっているため、様々な場所に植えたいと考えている方におすすめです。また小さな苗のため、小さいところから大きく育っていく様子も楽しむことができますよ。植物が育っていく様子を間近で観察したい方におすすめです。地植えとして育てるにはまだ少々小さいため、ある程度の期間鉢などで大きく育ててから地植えにすると安全です。
商品名 アオダモの苗木2鉢セット(ポットごと発送)
価格 8,970円
ブランド
寸法
タイプ ポット

ランキング8位:アオダモ 株立ち (品種指定不可) 0.3m 15cmポット 苗

こちらの商品は0.3mほどの樹形のアオダモの苗です。手のひらや机に乗る程度の大きさのため小さなアオダモから大きく育ててみたいという方や、成長の過程を長く楽しみたいという方におすすめです。小さめの苗のため、地植えをする際はある程度の大きさになるまで育ててから植えつけることで病気や風によって傷んで枯れることを防ぐことができ、安全です。
商品名 アオダモ 株立ち (品種指定不可) 0.3m 15cmポット 苗
価格 12,000円
ブランド
寸法 0.3m
タイプ ポット

アオダモの育て方

アオダモを育てる際には、適切な栽培条件、定期的な剪定、そして成長に合わせた管理が重要です。この樹木は日本の気候に適応しており、適切な条件下では順調に成長します。植栽時には、適切な場所選びと土壌の準備が重要で、育成中は水やりや肥料、病害虫の管理に注意を払う必要があります。アオダモの魅力を最大限に引き出すためには、これらの基本的な育て方を理解し実践することが必要です。

アオダモの基本的な栽培と植栽方法

アオダモを植栽する際には、日当たりが良く、水はけの良い場所を選びます。植える前に、土壌を深く掘り返し、有機質の肥料を混ぜ込むことが望ましいです。苗木を植えた後は、根付くまで定期的に水を与え、土壌の乾燥を防ぎます。苗木の植え方や土壌の準備が、その後の健康な成長に大きく影響します。

アオダモの剪定と手入れの必要性

アオダモは定期的な剪定が必要です。剪定は、春の新芽が出る前か、秋の葉が落ちた後に行うのが最適です。枯れた枝や不要な新芽を取り除くことで、樹形を整え、健康な成長を促します。また、適切な剪定は病害虫のリスクを減らし、樹木の寿命を延ばす効果もあります。

アオダモの成長と適切な管理

アオダモの成長と管理には、適切な水やりと肥料が欠かせません。特に若い樹木は、定期的な水やりが重要です。肥料は春と秋に与えることが一般的で、過剰な肥料は根を傷める原因になるため注意が必要です。また、病害虫の予防と早期発見も、健康な成長のために重要な管理ポイントです。

【2024年】シンボルツリーアオダモのおすすめランキング8選を紹介!育て方までのまとめ

アオダモは、その美しさと機能性から、シンボルツリーとして高い人気を誇っています。四季折々に異なる表情を見せ、特に秋の紅葉は見事です。この樹木は、さまざまな庭や環境に適応しやすく、日本の多くの地域で育てることができます。選び方、植栽方法、そして適切な管理によって、アオダモは長期にわたり美しい姿を保つことができます。また、様々なサイズや形状の中から、自分の庭に最適なものを選ぶことが可能です。アオダモは、その手入れのしやすさと、どんな環境にも溶け込む自然な美しさで、庭園愛好家にとって理想的な選択肢と言えるでしょう。 最後まで読んでいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENでは、他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、併せてご覧ください。