ユーカリ・ポポラスを紹介!特徴から失敗しない育て方まで徹底解説

ユーカリ・ポポラスを紹介!特徴から失敗しない育て方まで徹底解説
記事内に商品プロモーションを含む場合があります  #PR

目次

皆様はユーカリを育てていますか?ユーカリは屋外でシンボルツリーとしてよく植えられている観葉植物で、それなりの大きさになるので非常に良く目立つおしゃれな植物として人気があります。 そんなユーカリには実は豊富な種類があるとしても知られており、その中でもユーカリ・ポポラスは特に丸みを帯びた葉っぱを持つ特徴的で人気のある品種です。今回の記事では、そんなユーカリ・ポポラスの基本情報や、育て方をベースに、以下の流れで「ユーカリ・ポポラス」について徹底解説をしていきます。
  • ユーカリ・ポポラスとはどんな品種?
  • 育てる前に知りたいユーカリ・ポポラスの特徴について解説
  • ユーカリ・ポポラスの苗の選び方ってどうやるの?
  • ユーカリ・ポポラスの基本の育て方について解説
  • ユーカリ・ポポラスの剪定の方法とは?
  • ユーカリ・ポポラスの植え替えについてご紹介
  • ユーカリ・ポポラスの増やし方について解説
  • ユーカリ・ポポラスに起こりやすいトラブルと対処法についてご紹介
  • ユーカリ・ポポラスの楽しみ方ってどんなものがある?
  • ユーカリ・ポポラスのリースを作ってみよう!リースの作り方を解説
  • まとめ
最後までご覧いただくことで、ユーカリ・ポポラスの基本的な情報を知れることはもちろん、ユーカリ・ポポラスの育て方や楽しみ方までご理解いただけますよ!ぜひ最後までお付き合いください。

ユーカリ・ポポラスとはどんな品種?

それではまずは、ユーカリ・ポポラスとはどんな品種なのかについて解説していきます。ユーカリ・ポポラスの特徴や、花言葉、風水効果なども解説していくのでぜひ最後までご覧ください。

丸みを帯びた葉が特徴の人気のユーカリの一種

ユーカリ・ポポラス最大の特徴は、丸みを帯びたその葉っぱになります。葉っぱの中にはハートのように見えるものや、扇のように見えるものもあって切り花にするととてもきれいな観葉植物です。

グニーとの違いは淡く少し大きなの葉

また、ユーカリ・ポポラスは有名な品種「ユーカリ・グニー」と良く似ていると言われますが、異なる点もあります。その違いは、淡く少し大きなの葉を持つかどうかです。ユーカリ・ポポラスの方が若干「ユーカリ・グニー」よりも淡く少し大きなの葉をしているので、見分けをつける際はそこを参考にしてみるのがおすすめです。

小さい実をつける

また、ユーカリ・ポポラスは小さな実をつけることでも知られています。可愛い小さな実をつけるので、鑑賞にも適しています。

ユーカリ・ポポラスの花言葉「新生」「再生」「思い出」

ユーカリ・ポポラスの花言葉は「新生」「再生」「思い出」になります。共通して、「また新たに前に進む」かのような意味合いを感じ取れるのは、山火事があってもユーカリはのちに降る雨で、また新たに成長していくことからこのような花言葉がつけられたと言われています。

ユーカリ・ポポラスの風水効果「調和」

また、ユーカリ・ポポラスの風水効果は「調和」になります。ユーカリは目立つグリーンカラーの葉っぱというよりかは、シルバーグリーンで落ち着いた葉っぱを持ち、どんなインテリアや環境でも「調和」を保つことができることから、このような風水効果があると言われています。

育てる前に知りたいユーカリ・ポポラスの特徴

続いては、育てる前に知っておきたいユーカリ・ポポラスの特徴についてお話ししていきます。ユーカリ・ポポラスがどのような特徴を持った観葉植物なのかを知ることで、あらかじめ起こりやすいトラブルなどを避けることもできますよ。

アイビーの中では耐寒性があり育てやすい品種

ユーカリ・ポポラスはアイビー科に属します。アイビー科の中でも比較的耐寒性が高い品種です。そのため、寒冷地域でも育てることが可能ですが、あまりに寒い時期や寒冷な冬には適切な保護が必要です。

室内でも育てられるが屋外の方が適している

ユーカリ・ポポラスは室内で鉢植えとしても育てることができますが、屋外で育てる方が本来の成長環境に近いため、より健康的に成長します。室内よりも屋外の方が成長スピードも上がるため、大きく育てたい方は庭や広い場所に地植えすることがおすすめです。

鉢植えでも地植えでも育てられる

また、ユーカリ・ポポラスは鉢植えまたは地植えのいずれでも育てることができます。鉢植えにする場合は、適切な大きさの鉢を選び、成長に合わせて定期的な植え替えが必要です。地植えは、基本的にそのままでも良く育ちますが、植え付ける場所を選ぶ際は慎重にすることが重要です。

日当たりを好む

それにユーカリ・ポポラスは日当たりを良く好む植物です。寒い時期であればあるほど、十分な日光が必要で、日当たりを確保することが健康的なスピードで育てるコツです。反対に、日陰では成長が遅くなる可能性があります。

成長スピードが早い

ユーカリ・ポポラスは成長スピードが速いため、適切なスペースを確保し、成長に合わせた剪定も必要です。成熟すると立派な樹木に成長し、その特徴的な葉っぱや樹形が魅力です。大きな樹形の植物を栽培したい方やシンボルツリーをお探しの方には特におすすめな植物です。

ユーカリ・ポポラスの苗の選び方

続いては、ユーカリ・ポポラスの苗の選び方について解説していきます。ユーカリ・ポポラスの苗の選び方のコツが知りたいという方も多いでしょう。ここからはそんなユーカリ・ポポラスの苗の選び方のポイントを解説していきます。

葉の色が濃くツヤのあるもの

ユーカリ・ポポラスの苗を選ぶ際、葉の色と葉のツヤは健康かどうかの指標になります。健康なユーカリの葉は緑色で鮮やかでありツヤがあり、反対に退色したり黄ばんでいる葉が多い苗は、健康状態が良くない可能性があります。健康的な苗を選ぶことで、成長が順調で美しい葉を楽しむことができます。

害虫がついていないかチェック

またユーカリ・ポポラスの苗が害虫に侵されている場合も、成長が妨げられる可能性があります。苗を選ぶ際に、葉や茎の表と裏面を注意深く調べ、アブラムシやハダニなどの害虫の兆候がないか確認しましょう。害虫の発見時には、適切な方法で駆除するか、別の健康な苗を選ぶことを検討しましょう。

ユーカリ・ポポラスの基本の育て方

続いてはユーカリ・ポポラスの基本の育て方について解説していきます。ユーカリ・ポポラスは以下のようなポイントを押さえて育てると、そこまで難しくない植物です。一つずつのポイントを押さえてゆっくり丁寧に育てていきましょう。

置き場所:日当たりと風通しの良い場所

ユーカリ・ポポラスは日当たりと風通しの良い場所を好みます。屋外で栽培する場合は日光が豊富な場所におき、室内で育てる場合は明るい窓際などが適しています。

春から秋の水やり:土の表面が乾いてから

土の表面が乾いたら水やりを行いましょう。ユーカリ・ポポラスは乾燥に強いため、過湿にならないように気をつけましょう。水を与える際には、根元からたっぷりと与えましょう。

冬の水やり:控えめに

冬は成長が遅くなるため、水やりは控えめに行いましょう。土が完全に乾燥して少し経ってから、少量の水を与える程度で十分です。過湿になると根が腐る危険があるため注意が必要です。

用土:水はけの良いもの

鉢植えでも地植えでも、ユーカリ・ポポラスには水はけの良い用土が適しています。一般的には赤玉土小粒と腐葉土をベースに、バーミキュライトを少量混ぜた軽めの用土がおすすめです。こういった用土の配合が大変な方は、市販の用土を使ってもOKです。

肥料:春と秋に与える

またユーカリ・ポポラスは、春と秋に肥料を与えると成長が促進されます。ユーカリ用の緩効性肥料を選び、指示通りに施すことで成長もうまくいきます。

ユーカリ・ポポラスの剪定

続いては、ユーカリ・ポポラスの剪定についてお話ししていきます。剪定をする理由や、どのように剪定をすればいいのかをここでは解説していきます。

樹形を整えたり大きくならないようにするために剪定が必要

ユーカリ・ポポラスは成長が速く、放っておくと大きく伸び、枝ぶりが乱れることがあります。また、樹形を整えることで美しい姿を保つことができ、剪定はこれらの問題を解決するために行います。

春から秋が適しているが一年中剪定可能

春から秋がユーカリの成長期であり、この期間が主な剪定のタイミングです。しかし、ユーカリは一年中剪定可能です。必要に応じて成長をコントロールするために、剪定の必要が生じたら行いましょう。

剪定のやり方

ユーカリ・ポポラスの剪定は非常に簡単で、葉っぱが密集している場所や、枝が混み合っているような場所があれば剪定をしてあげてください。剪定をしないと樹形が悪くなってしまいまので、それだけは注意しましょう。

ユーカリ・ポポラスの植え替え

続いては、ユーカリ・ポポラスの植え替えについて解説していきます。ユーカリ・ポポラスはサイズが大きいので、植え替えをどうすればいいのか悩まれる方も多いかと思います。そんな時、以下のポイントを意識して植え替えをすると失敗せず植え替えをすることができますよ。

鉢の底から根が出ていたら植え替えのサイン

ユーカリ・ポポラスを鉢から取り出してみて、根が根鉢全体にぎゅうぎゅうに詰まっている場合や、鉢の底から根が出ている場合は植え替えのサインと考えるべきです。過密な根は栄養の吸収を妨げ、成長に影響を及ぼす可能性があります。植え替えは、鉢の底から根が出ている場合以外にも、株の成長が停滞していると感じる場合にも植え替えを検討しましょう。

植え替えに適した時期は春から秋

ユーカリ・ポポラスの植え替えに最適な時期は春から秋です。この期間は成長期ですので成長が活発になり、新しい環境にも適応しやすくなります。

植え替えのやり方

  1. 古い鉢からユーカリ・ポポラスを取り出しましょう。
  2. 古い土や根を優しく丁寧に払い落とし、新しい土を入れた鉢に植え付けます。
  3. この際、株を大きくしたい場合は一回り大きな鉢に植え替えましょう。
  4. 新しい土にしっかりと水を与えて安定させましょう。根付くまで、水切れを起こさないように日向で管理します。

ユーカリ・ポポラスの増やし方

続いてはユーカリ・ポポラスの増やし方について解説していきます。ユーカリ・ポポラスの増やし方はどうやればいいのか、何で増やせばいいのかをここからは解説していきます。

ユーカリ・ポポラスは挿し木で増やすことができる

ユーカリ・ポポラスは挿し木で増やすことができます。挿し木は剪定した枝を利用して増やすことのできる簡単な増やし方になります

挿し木に適した時期は6月~7月

挿し木の最適な時期は6月から7月にかけてです。この時期は非常に暖かく、植物が成長しやすく、新しい根も発生しやすい環境が整います。挿し木をするならこの時期を逃さないようにしましょう。

挿し木のやり方

  1. ユーカリ・ポポラスの枝を剪定します。病気がちな枝や成長の遅い枝は避け、健康的で元気な枝を15cmほど挿し穂にします。
  2. 切り口は斜めにカットし、数時間水分を吸収させます。
  3. 挿し木用の土に挿し、日の当たりすぎない場所で管理し、発根を待ちます。

ユーカリ・ポポラスに起こりやすいトラブルと対処法

続いては、ユーカリ・ポポラスに起こりやすいトラブルと対処法について解説していきます。ユーカリ・ポポラスには以下のようなトラブルが起きやすい植物なので、あらかじめ対処法を知っておくと安心して栽培することができますよ。

斑点病やうどんこ病などの病気

ユーカリ・ポポラスは、斑点病やうどんこ病などの病気になりやすい植物です。症状としてはどちらも黒くなってしまうことや、葉っぱに斑点ができてしまうことが挙げられます。最悪の場合枯れることもあるため、枯れる前に葉っぱを処分するようにしましょう。

ハダニなどの害虫

また、ハダニなどの害虫が寄ってくるときもあります。多くは過湿が原因のため、水やりの管理には徹底する必要があります。また、見つけ次第早急に患部を処分するか、殺虫剤をまくようにしましょう。

葉がパリパリ枯れる・葉が落ちる

それに、葉がパリパリ枯れることや、葉が落ちることもよくあります。基本的にユーカリ・ポポラスは耐寒性に優れており、冬も安心して栽培することができる植物でもありますが、同時に冬の時期には新しい葉っぱを春に咲かせるために、葉がパリパリ枯れることや、葉が落ちることもあります。これら正常の働きなので、安心してください。

ユーカリ・ポポラスの楽しみ方

続いては、ユーカリ・ポポラスの楽しみ方について解説していきます。ユーカリ・ポポラスの楽しみ方の違いや種類をここでは解説していきます。

家のシンボルツリーに

ユーカリ・ポポラスはその美しい葉と大きな樹形から、インテリアのシンボルツリーとして愛されています。また、鉢植えのユーカリ・ポポラスを家の中に置くことで、部屋の雰囲気を引き締め、空気を清浄化することもできますよ。

切り花をドライフラワーにしてスワッグに

それに、ユーカリの葉は切り花やドライフラワーアレンジメントに最適です。鮮やかな緑色のユーカリの葉を束ね、風通しの良い場所で天日干しすることでドライフラワーとして長く楽しむこともできます。

リースにして個性的に

最後は、リースにして個性を楽しむこともおすすめです。ユーカリのリースは季節やイベントに合わせてデコレーションをして楽しむのに最適です。クリスマスやハロウィンなどに、ユーカリのリースを作成してドアや壁を飾ることがおすすめです。

ユーカリ・ポポラスのリースを作ってみよう

最後はユーカリ・ポポラスのリースを作ってみる方法について解説していきます。用意するものと作り方をここからは解説していきます。

用意するもの

  • ユーカリ・ポポラスを4〜5束ほど
  • 剪定バサミ
  • 細い針
  • ワイヤー

作り方

  1. リースに使用するユーカリ・ポポラスの葉っぱだけを切り取ります。なるべく葉っぱのみにし、枝は残さないようにしましょう。
  2. 集めた葉っぱにワイヤーを通すため、葉っぱの中心部分に穴を開けていきます。
  3. ワイヤーを通していき、端と端を結びつけ、輪っかにしましょう。
  4. ワイヤーを捻って引っ掛けるようにすれば、リースの完成です。

【まとめ】ユーカリ・ポポラスを紹介!特徴から失敗しない育て方まで徹底解説

いかがだったでしょうか?ユーカリ・ポポラスの特徴や育て方、また楽しみ方までこの記事ひとつで十分ご理解いただけたのではないでしょうか? 今回の記事のポイントは以下になります。
  • ユーカリ・ポポラス最大の特徴は、丸みを帯びた葉っぱを持つところ
  • アイビーの中では耐寒性があり育てやすい品種で、室内でも育てられるが屋外の方が適している
  • ユーカリ・ポポラスの苗の選び方は、葉の色が濃くツヤのある害虫がついていないもの
  • ユーカリ・ポポラスの基本の育て方として重要なポイントは、日当たりと風通しの良い場所で育て、土の表面が乾いてから水やりをすること
  • ユーカリ・ポポラスの剪定は、樹形を整えたり大きくならないようにするために行う
  • ユーカリ・ポポラスは挿し木で簡単に増やすことができる
  • 斑点病やうどんこ病などの病気になりやすいが、多くは過湿が原因のため、水やりの管理には徹底する必要がある
  • 切り花をドライフラワーにしてスワッグにしたり、リースにして楽しむことがおすすめ
ぜひこの記事を参考に、ユーカリ・ポポラスを健康的に栽培して、リース作りなどでも楽心でみてくださいね。 最後までお読みいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENには他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、是非ご覧ください。