【2024年】夏の花のおすすめランキング10選を紹介!おしゃれな飾り方まで

【2024年】夏の花のおすすめランキング10選を紹介!おしゃれな飾り方まで
記事内に商品プロモーションを含む場合があります  #PR

目次

皆さんは夏の花の魅力をご存知でしょうか。暑い季節に美しく咲く夏の花は、色鮮やかで生命力に溢れ、ガーデニングや花壇を彩るのに最適ですが、どのように選び、飾るかは意外と難しいものです。 この記事では、
  • 夏の花とは?
  • 夏の花はどんなときにおすすめ?
  • 夏の花はどこで購入することができるの?
  • 夏の花の選び方
  • 夏に咲く主な花の種類
  • 夏の花のおすすめ人気ランキング10選
  • 夏の花の飾り方
  • 夏の花おすすめのまとめ
について紹介していきます。この記事を読めば、夏の花の選び方から購入場所、人気の花の種類から飾り方まで、夏の花を楽しむために必要な情報を全て詳しく知ることができます。ぜひ最後までご覧ください。

夏の花とは?

夏の花は、その名の通り、特に夏の季節に開花する植物の総称です。これらの花は、一般的に高温多湿な夏の気候に適応しており、鮮やかな色彩と豊かな香りを持っています。夏の花は、日照が長い時期に最も美しく開花し、ガーデニングや花壇の装飾に理想的です。

夏の花の特徴

夏の花の主な特徴は、暑さに強いことと、鮮やかな花色を持つことです。これらの花は、直射日光と高温に耐える能力を持ち、夏の厳しい気候でも生育を続けることができます。また、虫を引き付けるために、強い香りや鮮明な色を発する種類が多いです。

暑さに強い花の種類

暑さに強い夏の花には、ひまわり、マリーゴールド、ゼラニウムなどがあります。これらの花は、日差しを好み、乾燥した土壌でも比較的よく育ちます。夏の長い日中にしっかりと日光を浴びることで、これらの花はより豊かな色と形を発揮します。

夏の花の開花時期

夏の花の開花時期は、主に6月から8月にかけてです。この期間は、日照時間が長く、植物の成長に必要な光がたっぷりと得られるため、花々は活発に開花します。特に、7月から8月は多くの夏の花が最盛期を迎え、華やかな景色を作り出します。

夏の花はどんなときにおすすめ?

夏の花は、その明るい色合いと強い生命力で、夏のガーデニングやイベントを彩るのに最適です。暑さに強く、日照が豊富な夏には、これらの花々が最も魅力を発揮します。特に、屋外の花壇やバルコニーでの使用におすすめです。

ガーデニングに最適な夏の花

ガーデニングに最適な夏の花としては、日照に強く、長期間にわたって花を咲かせる品種が選ばれます。例えば、ラベンダーやコスモスは、夏の日差しを好み、比較的手入れが簡単で、長い期間美しい花を楽しませてくれます。

夏の花壇を彩る品種

花壇を彩る夏の花には、ビンカ、ペチュニア、サルビアなどが人気です。これらの花は、鮮やかな色合いで花壇を明るくし、夏の暑さにも比較的強いため、花壇作りに適しています。

夏のイベントにぴったりの花色

夏のイベントには、明るく元気な印象を与える花色が選ばれます。例えば、鮮やかな黄色やオレンジのひまわりは、夏祭りや屋外イベントに最適で、会場を華やかに演出します。

夏の花はどこで購入することができるの?

夏の花は、ガーデンセンターやオンラインショップ、地元の植物園や市場で購入することができます。これらの場所では、様々な種類の夏の花が販売されており、自分の好みや用途に合わせて選ぶことが可能です。

夏の花を扱うガーデンセンター

ガーデンセンターでは、広範囲の夏の花が取り揃えられています。ここでは、花の専門家が育て方や選び方についてのアドバイスを提供しており、初心者でも安心して購入できます。

オンラインでの夏の花の購入方法

オンラインショップでは、多種多様な夏の花を見つけることができます。インターネットで気軽に注文でき、自宅や指定の場所に直接配送してもらえるので便利です。

地元の植物園や市場での植え付け用花の入手

地元の植物園や市場では、地域に適した夏の花を購入することができます。これらの場所で販売される花は、地域の気候に合わせて育てられており、植え付け後の成長が期待できます。

夏の花の選び方

夏の花を選ぶ際には、花色や草丈、香り、人気度、そして植え付け場所との相性を考慮することが重要です。これらの要素をバランス良く考えることで、ガーデニングや花壇がより一層美しく、機能的になります。夏の花は多種多様で、それぞれ独特の特徴を持っているため、目的に合わせて適切な種類を選ぶことが大切です。

花色や草丈を考慮した選び方

夏の花を選ぶ際には、花壇やガーデンのデザインに合わせて花色や草丈を考慮することが重要です。例えば、高い草丈の花は背景に、低い草丈の花は前面に配置すると良いバランスが生まれます。また、色の組み合わせによっても異なる雰囲気を作り出すことができます。

香りと人気に基づく選択

香りは夏の花を選ぶ際の重要な要素です。例えば、ラベンダーやジャスミンのような香り高い花は、ガーデンに心地よい香りをもたらします。また、人気のある花は視覚的な美しさや育てやすさから選ばれることが多く、ひまわりやマリーゴールドは夏のガーデニングに人気の選択肢です。

植え付け場所と夏の花の相性

植え付け場所によって最適な夏の花が異なります。例えば、日当たりが良い場所には日光を好む花を、風通しの良い場所には風に強い種類を選ぶと良いでしょう。また、土壌の種類や水はけの良さも、花の選択に影響します。

夏に咲く主な花の種類

夏に咲く花は多種多様で、それぞれに魅力的な特徴を持っています。代表的なものとしては、ひまわり、ピンク色の花、乾燥に強い花などがあります。これらの花々は、夏のガーデンを彩るのに最適で、それぞれ異なる魅力を持っています。

ひまわりとその特徴

ひまわりは夏の代表的な花の一つで、その大きな花と明るい黄色が特徴です。ひまわりは日光を好み、向日性の花であるため、日中は太陽の動きに合わせて花が動きます。また、ひまわりは比較的育てやすく、種から育てることもできます。

ピンク色の夏の花の代表品種

ピンク色の夏の花には、ペチュニア、ベゴニア、ゼラニウムなどがあります。これらの花は、鮮やかなピンク色で花壇やガーデンを明るく彩ります。特にペチュニアは、豊富な品種があり、様々な形やサイズのピンク色の花を楽しむことができます。

乾燥に強い夏の花の例

乾燥に強い夏の花には、ラベンダーやセージ、ユーカリなどがあります。これらの植物は、水分をあまり必要とせず、乾燥した環境でもよく育ちます。特にラベンダーは、その美しい色と香りで人気があり、夏のガーデニングにおすすめです。

夏の花のおすすめ人気ランキング10選

夏の季節にぴったりの花々を集めたこのリストは、色鮮やかな開花、暑さへの強さ、そして個性豊かな香りを兼ね備えた人気の花を紹介します。これらの花々は、様々なガーデニングスタイルや花壇にマッチし、夏の日々を彩るのに最適です。ピンクや鮮やかな色合いの花から、草丈の異なる種類まで、夏のガーデニングを豊かにする選りすぐりの花をご紹介します。それぞれの花は、夏の暑さに負けずに美しい姿を見せることで、多くの人々から愛されています。このランキングは、夏に花を楽しみたい方々にとって、最適な選択肢を提供します。

ランキング1位:季節の花苗(12苗セット) 産元から直送 ガーデニング 寄せ植え 花ギフト

こちらの商品は季節ごとにおすすめのお花の苗が届くセットとなっています。どのような植物があるのか分からないという方や、ガーデニングを始めたいもののどのような植物を選べば良いのか分からないという方は特におすすめしたい商品です。また、ガーデニングが好きな方へのプレゼントとしても喜ばれるでしょう。ポット苗のためお届け後はできるだけ早く植え付けを行いましょう。
商品名 季節の花苗(12苗セット) 産元から直送 ガーデニング 寄せ植え 花ギフト
価格 3,410円
ブランド 花*花Gluck
草丈 様々
内容量 12セット

ランキング2位:沈丁花 珍しい 黄花沈丁花 夏坊主沈丁花

こちらの商品は、あまり見かける機会のない黄色い花を咲かせるチンチョウゲです。加えて、夏になると葉っぱが落葉するためナツボウズとも呼ばれます。とてもユニークなチンチョウゲの品種のため、特にチンチョウゲのお花が好きな方やマニアの方におすすめしたい商品です。普通のチンチョウゲと同様花は良い香りを放つため、モイストポプリにもおすすめです。
商品名 沈丁花 珍しい 黄花沈丁花 夏坊主沈丁花
価格 3,980円
ブランド こぼんさい
草丈 30程度
内容量 1ポット

ランキング3位:サカタのタネ 実咲花5252 千日紅 ネオン ミックス

こちらの商品は千日紅と呼ばれる夏に咲くお花の種です。千日紅は花壇や切り花によく使われる植物で、ロリポップキャンディーのようなかわいらしいお花を咲かせる人気のある植物です。また、千日と名前に入っているように、かなり長い間花が綺麗な状態を維持するためドライフラワーの花材としても有名です。夏に咲かせるために少し早めに種を蒔くと良いでしょう。
商品名 サカタのタネ 実咲花5252 千日紅 ネオン ミックス 00905252
価格 542円
ブランド サカタのタネ
草丈 約50cm
内容量 20g

ランキング4位:サカタのタネ 実咲花5630 ミニひまわり 小夏

こちらの商品はミニヒマワリの一つである「小夏」という品種の種です。ヒマワリと聞くと多くの方は背が高く伸び、大きな花を咲かせる姿をイメージするのではないでしょうか。しかし、こちらの品種は花壇や鉢植えでも育てることができるほどのコンパクトなヒマワリです。広いスペースや支柱がなくてもヒマワリを楽しむことができるほか、台風にも強いためおすすめの商品です。
商品名 サカタのタネ 実咲花5630 ミニひまわり 小夏
価格 418円
ブランド サカタのタネ
草丈 約25cm
内容量 2mL

ランキング5位:サカタのタネ 実咲花6768 百日草 ワーリーギッグ

こちらの商品は夏の切り花、花壇のお花として定番の百日草の種です。百日草の中でもダリヤのような華やかなお花を咲かせるワーリーギッグという品種の種となっており、長くお花を楽しむことができるでしょう。カラフルなお花のため密集させて植えると豪華に花壇を彩ってくれます。環境によるものの、早いところでは4月初頭からタネを蒔くとちょうど夏~秋の開花期に間に合いますよ。
商品名 サカタのタネ 実咲花6768 百日草 ワーリーギッグ
価格 275円
ブランド サカタのタネ
草丈 約60cm
内容量 2mL

ランキング6位:サカタのタネ 実咲花7120 桔梗 五月雨混合

こちらの商品は秋の七草にも含まれるキキョウの種です。しかし、現在の夏とされる7月~8月は旧暦に置いて秋のため現在ではキキョウは夏のお花としても親しまれています。紫、ピンク、白と人気のカラーがミックスされた商品のため、花壇や寄せ植えにするととてもかわいらしくまとまりのある雰囲気位になりますよ。和風のお庭だけでなく洋風のお庭にもおすすめです。
商品名 サカタのタネ 実咲花7120 桔梗 五月雨混合 00907120
価格 353円
ブランド サカタのタネ
草丈 10~120cm
内容量 0.3mL

ランキング7位:造花 枯れない花 オランダカイウ cally lily アレンジ 20本

こちらの商品は本物のお花ではなく造花の商品です。そのためお世話をする必要がなく、枯れることもないため綺麗な状態を長期間楽しむことができます。日常のお照れもホコリを拭き取る程度のため、お花のお手入れに自信がない方におすすめです。華やかかつ雰囲気の明るいライトイエローのカラーリングのためガラス製の花瓶などに生けてみるとお部屋の雰囲気をガラリと変えてくれますよ。
商品名 造花 枯れない花 オランダカイウ cally lily アレンジ 20本
価格 1,990円
ブランド WillingYou
寸法 20D x 20W x 34.5H cm
内容量 20本

ランキング8位:サカタのタネ 実咲花5904 花絵の具 ブルーフラワーガーデン

こちらの商品はミックスフラワー種子と呼ばれ、様々なお花の種がブレンドされた商品です。花壇や鉢植えにパラパラと蒔くだけでたくさんの種類のお花が芽吹き花を咲かせます。また、こちらの商品の場合青い色を咲かせるお花の種を集めたものとなっているためどこか幻想的な雰囲気になりそうですね。中にはこぼれ種で何年も花を咲かせることもあるため育てて楽しい商品です。
商品名 サカタのタネ 実咲花5904 花絵の具 ブルーフラワーガーデン
価格 521円
ブランド サカタのタネ
草丈 様々
内容量 5mL

ランキング9位:Lakymisy ひまわり 造花 花束 人工観葉植物 ブーケ 枯れない花 シルク造花

こちらの商品は枯れることの無い造花の商品です。夏のお花の定番となっているヒマワリを模った造花で、かわいらしく鮮やかな黄色いお花によってお部屋の雰囲気を明るく変えてくれるでしょう。1本の茎に対し26個のお花がついている商品となっているためとてもボリューミーで華やかな商品となっています。そのため自宅に飾るだけでなく、ラッピングなどをして贈り物にもおすすめですよ。
商品名 Lakymisy ひまわり 造花 花束 人工観葉植物 ブーケ 枯れない花 シルク造花
価格 1,399円
ブランド Lakymisy
寸法 14D x 7W x 20H cm
内容量 26頭・2本

ランキング10位:サカタのタネ 実咲花7070 おしろい花 混合

こちらの商品はオシロイバナの趣旨です。オシロイバナは図鑑などで名前や写真を見たことがある方も多いのではないでしょうか。この植物は種を割り、それを顔に塗っておしろいのようにして遊ぶことができるため、オシロイバナと呼ばれるようになりました。懐かしの遊びとしてお子様と遊んでみても楽しそうですね。ただし、オシロイバナには毒があるため口にすることがないように注意して遊ぶようにしてください。
商品名 サカタのタネ 実咲花7070 おしろい花 混合
価格 349円
ブランド サカタのタネ
草丈 70cm程度
内容量 3mL

夏の花の飾り方

夏の花を飾る方法は、その鮮やかさと生命力を最大限に活かすことが鍵です。屋外の花壇、室内のアレンジメント、ガーデニングテクニックにおいて、夏の花は多様な演出が可能です。色彩豊かな夏の花は、空間を明るくし、生き生きとした雰囲気を作り出します。これらの花を上手に配置し、調和を考えることで、美しい夏の花の飾り付けが実現します。

屋外の花壇での飾り方

屋外の花壇で夏の花を飾る際には、色の組み合わせと植物の高さを考慮することが大切です。高い植物は背後に、低い植物は前面に配置することで、立体感のある美しい花壇が作れます。また、色彩のコントラストを意識することで、花壇全体がより魅力的に見えます。暑さに強い植物を選ぶことで、夏の日差しにも花壇が美しく保たれます。

室内での夏の花のアレンジ方法

室内での夏の花のアレンジでは、花瓶や容器の選択が重要です。明るい色の花はシンプルな花瓶に合わせると、その色が際立ちます。また、室内での配置は、日光や温度を考慮し、花が長持ちする環境を選ぶことが大切です。さまざまな種類の花を組み合わせることで、室内に季節感を演出できます。

夏の花を使ったガーデニングテクニック

夏の花を使ったガーデニングでは、日当たりや水やりの管理が重要です。夏の強い日差しを好む花もあれば、半日陰を好む花もあり、それぞれの特性に合わせた管理が必要です。また、多年草と一年草を上手に組み合わせることで、一年中楽しめるガーデンを作ることができます。定期的な剪定や肥料の追加も、花を美しく保つために欠かせません。

【2024年】夏の花のおすすめランキング10選を紹介!おしゃれな飾り方までのまとめ

夏の花はその美しさと多様性で、様々な用途に適しています。屋外の花壇から室内のアレンジメント、ガーデニングテクニックに至るまで、夏の花はそれぞれの場所で異なる美しさを発揮します。この記事では、夏の花を選び、飾り付ける際のポイントやテクニックを紹介しました。夏の季節にこれらの花を取り入れることで、生活空間に彩りと活力をもたらすことができます。夏の花の魅力を存分に活用し、この夏をより楽しんでみてはいかがでしょうか。 最後まで読んでいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENでは、他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、併せてご覧ください。